2011年9月23日

『海潮音』豪華版製本(続き)

豆本作り
 函を作りました。
豆本作り
 表紙を作りました。
豆本作り
 背と溝を貼っていったん乾かしたところ。幅広クータのおかげで、開きがよいです。溝幅にも気をつけましたし。ただ、小口のカットはここまで整形してみると、微妙なカーブが生じていることがわかり、機械製本による完全な直線の小口とは別物になりました。一つ考えられるのは、背固めが甘く、クータを貼ったりしている間に折丁が互いにずれてしまったのか? ということです。この本は小さいので、折丁どうしの接着面は長さ25ミリしかないわけで、接着面が小さいからゆえの難しさがあるのか? それとも、表紙が直線なので、表紙の間に挟まった時に、それまで直線に見えていた小口が実は曲線だったとわかったのか? やはり、小さくて厚いから定規の下で転がってしまい、切るのが難しかったのか? …とはいえ、そうしたずれは1mm以内なので、手作りの味とします。
 写真に一緒に写っているのは、スコヤ、直角を取る道具。これは実に買ってよかったです。
豆本作り
 見返しを貼り付け、プレス。乾くのを待つ間に、へらを整形しました。私が買ったへらは、なぜか、丸っこくて太かったので、今日という今日は、やすりでせっせと削りました。いつのまにか、私はこんなこともするように… この写真を撮ってから、さらにもう少しそれぞれ削りました。写真一番左は、元テイラーの使い込まれたアンティーク物、これは最初から美しい形と艶。
豆本作り
 ようやく出来ました。お待たせしました。個展会場にも置きます。

『海潮音(豪華版)』を作っています

個展に多くの方に来ていただいています。ありがとうございます。会場に行っていなかったここ数日、机に向かって作業を進めていました。
豆本作り
机面より少し高いほうが作業しやすいので、台の上でかがっています。この時に見ているのは岡野さんの本『豆本をつくる』。田中栞さんの一日製本教室でも、この本かがり綴じはやります。一度人に教えてもらった後だと、図解を見て思い出せます。
豆本作り
背に薄いボンドを塗って、仮固め。ページの隙間にボンドが入り込まないように、クリップで留めています。(これはこの本での私のやり方です。大きいサイズの『淑女と紳士のノート』の仮固めの時には、ボードで挟んで押さえて、へらでボンドを塗りこみました。)
豆本作り
帯麻を目打ちの先で細かくとかし、はりつけ、上から寒冷紗をはりました。
豆本作り
小口の化粧断ち。このサイズで厚みがあると、定規の下で転がってしまい、垂直水平を保つのが難しいです。
豆本作り
小口に金色を塗ります。この時に見ているのは、栃折さんの本『手製本を楽しむ』
豆本作り
ページをぱらぱらとめくって、互いに離します。
豆本作り
そうした作業の一方で、函を作ります。



制作風景
イベント
豆本ワークショップ
書籍の修理と保存













































































































































AND OR

count/ count count/ count count