2016年10月29日

都立工芸高校で豆本『雨ニモ負ケズ』と組版が展示されています

豆本展示
豆本展示
東京都立工芸高等学校の文化祭へ行ってきました! 正門からすぐの記念館に、豆本『雨ニモ負ケズ』と組版が展示されているのです。弘陽の活版整版家の三木さんは、工芸高校の出身で、ここで教鞭も取っていました。グラフィックアーツ科出身者の展示が、この場所でこれから6カ月間続きます。(※文化祭の間は誰でも入れますが、それ以外の期間は一般は入れないそうです。)美術展のポスターなどの清刷(きよずり)も、三木さんの仕事です。他には、原弘さんや、最近話題の、平らに開く方眼ノート、広重の復刻に関わった最年少の浮世絵彫り士、またグラフィックの作品などが展示されています。9階から1階までの文化祭もとっても見ごたえがありました。広いので迷うということで、三木さんと活版印刷に興味のある方々とご一緒させていただきました。
豆本展示
豆本展示
ここでは、印刷技法ではオフセットやエッチングなどと、活版印刷が学べます。初号の活字が贅沢に並んでいました。古い活字を変えずに使っているそうですが、初号活字って高いけど、かっこいいです。基礎力がありそう。秋の文化祭の雰囲気を堪能しました。
豆本展示
豆本展示
豆本展示
WriteBacks


AND OR

count/ count count/ count count

Tweet