2017年6月23日

夏至に至ったこの頃

パソコン作業です。レイアウトをしています。今度の新作は、函から逆算して本の寸法を出して、レイアウトをしています。函はボール紙で76mmのミニチュアブックの規定を超えないように試作を作り、表面に方眼紙を貼ってデザイン画を描きました。こんなかんじでいけるだろう! というところで、本文の天地寸法をはっきりと固めて、デザインに着手しています。去年の12月から描きためたスケッチブックをいったん全部スキャンして、文字と一緒にはめています。配置が決まったら、一部は凸版で、一部は凹版で、一部はパソコンで、版を分けて印刷するつもりです。最終的には、何版か印刷を重ねたレイヤーの本文紙を作りたい。函は革と、染色作家石原実さんのマーブル紙を使用します。本文紙は雁皮紙メインのコラージュのつもりです。石原実さんのマーブルとは、一番最初に小津和紙の手すき紙四人展で出会い、『川に行くまで』で使い、『1000 Artist's Books』『手作り製本の本』にも掲載されています。再び、マーブルのイメージの本なので、石原さんの展示に行きました。今度の本は、稲垣足穂の一千一秒物語の全集。これまでにもいろいろな装丁やイラストの本が出ています。稲垣足穂の著作の使用許可を直接電話でお願いして、見本としてアリスを送って、快諾されてから既に2年。この間、池袋で伝統金箔押しのレッスンを受けてきています。名前負けしないように、私はクラシックバレエで遊びながら、舞台鑑賞しながら、軽くて複雑なものを作るつもりです。

2017年6月7日

絵描きと踊る日々

 「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶vol.3」においでいただき、ありがとうございました。ワークショップ、展示販売とも盛況で、活版作品も豆本も絵も売れました。作品が評価されること、会いに来てもらうこと、何よりも嬉しいです。本当にありがとうございました。
 さてLe Petit Parisienでの豆本ワークショップが今週末に控えています。ご予約満席、キャンセル待ちです。皆で、楽しいものを作りましょ!
 「小さな本の教室」は、7月までに少しずつ空きがありますので、夏前の今がチャンスです。詳しくはこちら
 次のイベントは、9月末の三省堂、神保町いちのいちでの展示販売になります。それまでの間に、しっかりと作っておきます。
 このところの最近は、シャセリオー展を最終日前日に見て、上野公園でそのまま昼寝したりしていました。外で寝るのって気持ちいいですよね。いい気候です。ずっと、人の絵を描いています。アナトミー(美術解剖学)の図や、ダヴィンチの模写など。カロの銅版画の街並みの模写。結び目の模写。ハッブル宇宙望遠鏡の写真の模写。そして自分は、クラシックバレエのレッスンをたくさん受けて、人間の動きを考えつつ、副産物としてナイスバディになってきました。バレエの舞台もたくさん見ています。68歳でトウシューズをはいてジュリエット全幕を踊る森下洋子さんに感動しました。そして、机の前に戻っては、小さな試作をちびちび作る日々です。傍目からはどこに向っているのか、ぜんぜんわからないような日常ですが、私の今のテーマはBODYとLOSSです。作っているものは、稲垣足穂の一千一秒物語です。きっと、あっと驚くものになります。方向は定まりました。あとは絵を描ききって、作るだけ!

2017年4月28日

『おさんぽ神保町』に紹介されました

『おさんぽ神保町』は、神保町の楽しい情報満載で、なんとこれが無料という冊子です。私も神保町に行くたびにもらって、これまで知らなかった本の街のことに少しずつ詳しくなってました。だからそこから取材依頼が来た時には、嬉しかったですね! 最新号の『おさんぽ神保町』No.23(2017.5.1発行)に掲載されました! p.7「教えて! あなたの推し本・推し書店」に登場しています。わたしの推し本、ぜひ読んでみて下さい。
そして昨日27日から「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶vol.3」、名古屋で始まっています。今週末はさっそく活版ワークショップがあります。皆さまのお越しをお待ちしています。

2017年4月21日

活版印刷で作る小さな本

小さな本を手で作りたい人が最近増えていて、教室のご予約はすぐ埋まっています。9月頃から土曜の開催回数を増やせればなと考えています。考えてみれば、5月はゴールデンウイーク、8月は夏休み。10月は私が香港アートブック招待。いつも何か予定が入ってしまうといえばそうなので、やりたいことは、あまり先伸ばしにせずに、忙しくてもどんどんやってしまうといいと思います。手で本を作る楽しみを、ぜひ。名古屋のワークショップへ、観光しがてらでも。月木で受け付けているプライベートレッスンでも。自分の一冊を持つというぜいたくを、わがものにしてみましょう。

そんな合間に美術館めぐりを続けていて、これまでのところ上野の「雪村」展が一番感動しました。墨と金だけで描かれていて、近づけばふわっと細部が見えてきて、遠くからだと大きな風景で、色はいくらでも想像できる。にじんだりぼけたり、描かれていないところがよくて、現実そのものではないものになっているから、永遠の命が宿っているかのようで、見飽きない。雪村は禅僧でした。坐禅体験に先月行ってみましたが、坐禅とは何か得ようとするのではなく捨てること、と言われて、はっとしました。雪村の水墨画も、捨てている。捨てていて、いい。そんなことを思いました。

2017年4月11日

春の美術館めぐり

思いの出口を探して歩き回っています。ウォーキングを兼ねて。
東洋文庫 閲覧室と、「ロマノフ王朝展」。モリソン文庫が良い本棚風景で、いいもの見た! 8157歩 
三菱一号館美術館「オルセーのナビ派展」。「平面は色のアッサンブレ(集合体)」という表現にぐっときました。 8782歩
東急bunkamura 「これぞ暁斎!展」 墨一色でも、水が入るとグレーが生まれて、インクの印刷とは違う濃淡の深さがうらやましい。淡色の赤や緑、金が少し彩りとして入るのも素敵でした。5483歩
千葉市美術館「ウォルタークレインの本の仕事展」 3時間いました。絵だけでなく、刷り、組版、色など、いくらでも見どころがあって、改めて、「本って素敵だなあ」と思いました。ラファエル前派の絵がとてもロマンチックで、いろんな人生を感じられるから、本っていいんだなあ、と。 6855歩
まだまだ美術館めぐりは続きます。自分の表現を探して……。

2017年3月16日

豆本が買えるお店はこちらです

 私の豆本は、全てが手作りで、たくさん作れるわけではないので、限られた書店さんにだけ置かせてもらっています。ホームページでも作品写真を掲載していますが、豆本実物は質感があり、サイズも手の中で本当にこの大きさの本なんだ、と実感していただけるので、実物に勝るものなし。ページのめくり感や展開など、写真では説明しきれないところは多いです。立体ですから。やはり現物を見ていただくと私が作っている豆本がなんなのか一番伝わると思います。神保町すずらん通りの東京堂書店に納品しました。委託一覧はこちら


 ぶらりとお立ち寄りいただいて、実物を見てみて、もし気に入ったらその出会いをどうぞ御大切に。
 『雨ニモ負ケズ』ハードカバー製本のようすはこんなふうに、コツコツとやっていました。1月末頃から撮りためた写真です。この間に、たくさん遊びもしてました。充実の時間でした。







2017年2月18日

紹介されました

コミュニティー・ペーパー「行徳新聞」(第1886号)「いちかわ新聞」(2017/2/17 No.670)の「顔 ひと」欄に掲載されました。このぺーパーは市川行徳エリアで無料ポスティングなどされています。ありがとうございました! 記事には、どうして小さな本を作ってるの?など、バックグラウンドの内容をしっかり入れていただきました。いろんな世代の方が読むので、そこがきっとまず知りたいところですよね。小さな本への夢がふくらみます。「ワクワクが止まらない 豆本の世界へようこそ」
行徳新聞"



制作風景
イベント
豆本ワークショップ
書籍の修理と保存













































































































































AND OR

count/ count count/ count count