2011年9月23日

『豆本とその周辺』展終了ありがとうございました!

 一ヵ月半の会期、GWから梅雨までの何かと落ち着かない頃、いろいろな方にお運びいただきました。本当にありがとうございました。
ノラや豆本展示
 最上段でスポットを浴びた雲のふわふわが、注目を集めていたようでした。
ノラや豆本展示
 新作『MAHO-NIKKI』『90年後の交換日記』も熱心に読まれていました。
ノラや豆本展示
 『手紙』三部作は、コアな方たちはだいたいもう持っているのでさほど動きませんでしたが、アンティーク引き出しをメイキングコーナーにして、『手紙』の樹脂版を入れました。書家佐佐木實の手書き文字を、あれで印刷したんです。
ノラや豆本展示
 初めての方も多かったので、非売品の過去作(著者本)コーナーも注目の的でした。
ノラや豆本展示
 一点ものは、販売後も展示が終了するまで置いていただきました。ににむぎもののニット、朝子もののイラスト、海岸印刷ものと弘陽ものの活版印刷ステーショナリー、佐佐木實の書、どれもそれぞれに求める人見る人。ノラや常設の布ものやアクセサリー小物なども人気でした。
 ワークショップの後では、やはり『本の手帳』やキットがよく売れました。ゲストブックには、粘土の豆本にも感動コメントをいただいたり、作りたい人も現れたり、熱かったですが、皆、字が小さかったのはなぜ?
ノラや豆本展示
 ショップには本当にお世話になりました。Gallery Shopノラやは今からリニューアルを行い、7月に飲食店として生まれ変わる予定です。レトロな雰囲気はたぶんそのままに残り、キーマカレーなどのメニューが登場するでしょう。言壺赤井都豆本コーナーは、常設展示としてお店の片隅のガラスケースの中でひっそりとたたずみ、「いつでもここに行ったら現物が見られる」という、都内で稀少なスポットとなるでしょう。お店がオープンしたらまたこちらのブログやHPでお知らせします。今後ともどうぞよろしくお願いします。
ノラや豆本展示
WriteBacks


AND OR

count/ count count/ count count

Tweet