2017年6月23日

夏至に至ったこの頃

パソコン作業です。レイアウトをしています。今度の新作は、函から逆算して本の寸法を出して、レイアウトをしています。函はボール紙で76mmのミニチュアブックの規定を超えないように試作を作り、表面に方眼紙を貼ってデザイン画を描きました。こんなかんじでいけるだろう! というところで、本文の天地寸法をはっきりと固めて、デザインに着手しています。去年の12月から描きためたスケッチブックをいったん全部スキャンして、文字と一緒にはめています。配置が決まったら、一部は凸版で、一部は凹版で、一部はパソコンで、版を分けて印刷するつもりです。最終的には、何版か印刷を重ねたレイヤーの本文紙を作りたい。函は革と、染色作家石原実さんのマーブル紙を使用します。本文紙は雁皮紙メインのコラージュのつもりです。石原実さんのマーブルとは、一番最初に小津和紙の手すき紙四人展で出会い、『川に行くまで』で使い、『1000 Artist's Books』『手作り製本の本』にも掲載されています。再び、マーブルのイメージの本なので、石原さんの展示に行きました。今度の本は、稲垣足穂の一千一秒物語の全集。これまでにもいろいろな装丁やイラストの本が出ています。稲垣足穂の著作の使用許可を直接電話でお願いして、見本としてアリスを送って、快諾されてから既に2年。この間、池袋で伝統金箔押しのレッスンを受けてきています。名前負けしないように、私はクラシックバレエで遊びながら、舞台鑑賞しながら、軽くて複雑なものを作るつもりです。
WriteBacks


AND OR

count/ count count/ count count

Tweet