2017年2月13日

革装の洋古書と暮らす2

 目黒区民ギャラリーでの第8回東京製本倶楽部展は無事に会期終了しました。たくさんの方においでいただき、ありがとうございました。明日から京都で始まります。
 そして私と一緒に『雨ニモ負ケズ』豆本が作れる、千葉のワークショップは16日木曜まで受付予定です。この機会をお見逃しなく。

 さて、粉が出るほど傷んだ革を補修するため、HPC(ヒドロキシ・プロピル・セルロース)を薬局で取り寄せ購入し、一日かけてエタノールに溶かして、塗布しました。私の所有本で、既に他の部分も傷んだり、いろいろある本に、練習台になってもらいました。結果、塗ったことでとても良くなったことを実感しました。セルロースの薄い皮膜ができて、強くなったかんじ。粉ももう出ません。こんなに変わるとは!


 さてHPCが乾いたので、他の本も一緒に、SC6000を塗りました。アクリルポリマーのコーティング剤で、空気中の窒素や酸素の影響を受けにくくなるので、革が長持ちします。うちの本棚だと、3年で革表紙が何もしなくても勝手に傷んでしまったので、これは必要だろうと思いました。SC6000はNYからの通販もできますが、田村書店の2階で手軽に買いました。空ぶきして、これで、自分の本のお手入れはひととおり終了しました。これで練習が済んだので、このあと、人様の御蔵書をお手入れさせていただく予定です。



 そして、読書。ポショワールの挿絵が入った仮綴じ本『青い鳥』を読み始めました。買ったすぐの夏は、結局忙しくて読めなくて、今。でもその間にフランス語力が上がっていたみたいで、対訳本を傍らに置いたら、辞書を引く必要もあまりなく、意味がわかります。子供のせりふ中心ですから簡単です。楽しいです。お金持ちの子供を見つめる視線が身につまされます。読書スタイルは、手袋をして、そして本は120度に開く書見台に置いています。仮綴じ本は糸が細いので、しっかり読書したら切れそうなので、120度までが安全かと。

2017年1月30日

革装の洋古書と暮らす

 19世紀後半から20世紀初め頃の、洋古本をほんの10冊程度所有しています。旅行や古書市、譲渡、インターネットなどで少しずつ集まってきたもので、表紙のデザインや素材、バランス、色味、組版や印圧、紙の素材や見返しなど、持っているからこそ、その時々で気づくことが勉強になっています。
 さて最近、本たちを見ていたら、あれっこの革、前からこんなに粉っぽかったかな? とドキッとしました。うぅーん、買った時どうだったか思い出せない。良くない変化に早めに気づくには、日ごろの観察が大事だなと。写真で記録を取っておけば、前に遡って見比べることができます。
 うちの保存環境は、小さな家なので劣悪です。本の素材は、温湿度の変化が多いと呼吸が激しくなって老化が速まるので、大きな空間で温度低め湿度50%程度で一定が良いようですが、うちは夏暑くて冬寒くて結露しています。そのため、アーカイバル仕様の保存箱を揃えているのですが、本を見たいので、いつのまにか、かなりの本が保存箱の外に出てきてしまっていて、保存箱の中にはたいしたものが入っていない現状。これは……。本の保存と、利用との、両方を考えないとうまくいかないということを実証してしまいました。
 本の保存を優先すれば、本は保存箱に入れておくのが良いのですが、そうすると本が見えなくなってしまう。見たい時にその本を箱から取り出せばいい、というんじゃなくて、本棚に本をいつも見ていたい気持ちが自分の中にあるんだなと気づきました。「本の背表紙を眺めること」が、今現在の私の、本の利用の大きな目的になっているみたい。
 こうしたことを考えているうちに、「本って何」と疑問に思いました。一月にLe Petit Parisienの本棚に惹かれてスケッチに通ったのは、それが美しい売れる本ばかりを集めた古本屋さんの本棚ではなく、一人の蔵書だから。本棚写真集も見返しました。朽ちかけている、図書室の中の革装本。一律にグラシンをかけたフランスの古本屋さん。

 博物館で所蔵しているような貴重書なら保存最優先としても、私個人が買える程度の古本は、発行部数が多く、手元に来た時に既に傷みが来ているので、私があと20年間くらい日々眺めて閉じ開きすることを、本の利用の目的に掲げることにしました。うちに来た本はあと100年の長生きはできないかもしれないけど、本の保存はもっと大きな家に住んでいるコレクターさんに任せた! それよりも私が本を活用して、ここから見て得たものを今後の製本や制作に役立てることが目的。小さな家だけど、本を開架で置いておく、としました。
 革表紙の劣化については、私のノートには、「傷んだ革を元に戻す方法はない。予防が大事。保護ジャケットをかける。保存箱に入れる。傷んだ革にはHPC(ヒドロキシ・プロピル・セルロース)の無水エタノール溶液を塗る。塗ることでさらに傷める場合もあるので注意。良質の保革油を少量塗り、半日以上置いて空拭きする。フランスの博物館が開発した靴墨タイプのは失敗作なので使わないで。保革油が長期的に酸化するという意見もあるが、20年前に塗ったものが良い状態である。」と記されています。ところが、これは5年前に取ったレッスンノートで、昨日先生方に聞いたら「アメリカではもう保革油を塗らなくなった」という情報を知りました。うぅーん。そして、保革油を塗った50年後はまだ誰も見届けてないわけです。
 やはり、本の利用の方針を立てないと、一歩も先へ進めないと思いました。私の本の場合は、背表紙を含めて本の中身をあと20年美しく眺める、という目的を私一人が決定すれば、それでいいわけなので。革の状態を再確認して、保革油を塗ることにしました。しかし私のやり方が正しいかは、自信がないです。あくまでも自分の蔵書だからできるというものです。
 まずは、本屋さんからついて来たビニールやグラシンは外しました。それだけでも、気づかなかったことに気づきました。背が固い本は、120度以上開かないほうがいいので、書見台を使って作業してます。

 マイクロファイバーの布で、保管庫から離れた場所でクリーニングしながら状態を見ました。埃は酸化の元なので除去。本棚も拭きました。

 かびっぽくなっていた紙函があったので、アルコール塗布で、かびの根を断ちましたた。

 見た目が悪く外れている部分は、それ以上剥がれたり欠損したりしないように、JadeRでくっつけました。JadeRはもし取り去りたい場合は水で除去できる可逆素材です。他の部分につけないように注意してスパチュラで少量差し込んで、ヘラで抑えたら、私の所に来た本の価値が上がったみたいに見えたけど、その結論は50年後に。


 マーニーの保革油を塗り、本を立てた状態で乾かしながら浸透を一日待ち、その後、空拭きしました。ツヤっと美しくなったと思います。20年後どうなっているかわかりませんが、その他の条件も悪いので、これの影響だと特定もできないんじゃないかな。私にとっては、美しさと愛着が増しました。


 そして、気になるものにはグラシンをかけました。傷んで粉っぽい赤い背革の、粉が周りを汚さないように。また、良い状態の本が、手で触って見ているうちに傷まないように。

 HPCは取り寄せ中なので、粉が出ている革に実験的に塗ってみようと思っています。だめならこの背革は交換できるし、どのみち交換しなければいけないくらいの状態だし。続きはまた、一か月後くらいかな。

2017年1月13日

古い洋本が壊れないように閲覧する方法

新年の初仕事は、本に優しくする贈り物です。大きな古い洋本に当てはまる話ですが、一般に、本を閲覧する際、本の表紙は180度開くことが可能です。ただし、本を動かしてみて、背表紙と本体の紙との間に隙間がなく、くっついている本の場合、本の表紙をぱかっと開いて手を離すと、本の厚みがあるために、この状態では表紙を180度以上開いたことになっています。下写真で、本の表紙が一直線ではなく、それ以上開いていますよね。本の厚み分、余分に開いています。すると見返しや表紙に負担がかかり、この部分が切れてきます。紙が重いほど、厚みがあるほど、利用が頻繁で愛読されるほど、症状は進み、紙にひびが入り、見返しが切れ、ついには、表紙が取れてしまいます。(20世紀以降の本は、この問題に対して進化して、だいたいは、本の背と本体の間に隙間を作るように設計して製本しているので、こうした危険はありません。)

これを回避するよう、本の展示に使うような、本を160度くらい開く閲覧台を設置する方法もありますが、おおがかりですね。
そこで、本に優しくする、簡易的な台を作りました。開いた表紙の下に、本の厚みに応じて、一枚なり二枚なり、高さ合わせになるものをかましてやれば、表紙は180度以上開かず、これまでとほぼ変わらない感覚で、本を閲覧することができます。これで安心です。見るたびに本が壊れていくのは嫌だし、かといって本を開かないでいるなら、何のために本を持っているのかわからないです。


この台は、スチレンボードを芯にしました。たとえば木の板のような重いものを芯にすると、万一取り落とした時に本を傷めることになりかねませんが、軽いものなら安心だし、取り回しもしやすいので利用されやすいはず。本の紙の重さ以上の力はかからないので、これくらいで芯の強度は十分だと考えました。


外側は、革で包みました。本の革表紙に触れるものなので、革かネルか布か、と考え、埃がつきにくく、使うのが楽しくなりそうな、革にしました。折り返し部分と、縁をすきました。「不思議の国のアリス」で革すきを鍛えられたので、私にとって革すきはもはや瞬間芸です。

裏は、包んだままの革の厚みが不ぞろいですが、そんなに厳密さが必要なものではないので、使う楽しさ重視で。
表には装飾箔押しを施しました。クラシックな古典柄のワンポイントを、フォイル箔で。あくまでも本の引き立て役として控えめに。箔があると、薄暗い書庫でも存在感を発揮するので、見つけやすいし、ちょっときれいだから使おうという気に利用者がなってくれるだろうと思います。この書斎の場合、美しくないと、見える場所に置いておかれないだろうし、訪れる人も手に取ってくれないだろうと。そうした意味で革と箔押しで、ちゃんと使ってもらって、本に優しくするように、と。この台はLe Petit Parisienにあります。皆さんの近くにもしこんな古い本があったら、何かを高さ合わせにかませて、本に優しくしてね。

2015年11月4日

昭和豆本が壊れて修理しました

本の修理
 私個人が所蔵している本を、自分で修理しました。手のひらサイズのハードカバー豆本『洋酒マメ天国』(サントリー発行)です。
本の修理
 修理前の本の状況です。綴じが外れて、ページが取れてしまいました。糊は経年変化で劣化しています。この本が壊れた原因は、糊で直接本の背につけてある構造だから・なおかつ紙が逆目で使用されているから・なおかつその紙が厚いから、です。豆本に使用されている紙が本の大きさに対して厚手なので、通常サイズの本で考えれば倍くらいの厚みで逆目で背に糊付けされていると想像すると、閉じ開きのたびに紙に負担がかかって、「そりゃー壊れるわー」ということになります。
本の修理
 本を開くたびに、ぱらぱらとページが取れそうなので、そっとしていたのですが、このままでは読めないので、修理することにしました。本がバラバラになると、取れたページの散逸の恐れもあります。
本の修理
 ついに後ろのほうまで、外れてきました。「綴じられていて読める」という本の機能が失われているので、そっとしておくんじゃなくて修理の必要があります。本のデザイン、内容、活版二色刷印刷のクオリティに対して、製本のクオリティが低かったと言わざるを得ない結果が出ています。といっても、洋酒マメ天国全冊が、こんなふうにページが外れて崩壊するということはないようで、他の方の所蔵本を見せてもらったら、本は穴背に仕上がっていて構造に問題がなく、ページが取れそうな気配は見られませんでした。私の本が「はずれ」だったみたいです。
本の修理
 私のは、見返しののども、1センチくらい紙がたりていない個体です。
本の修理
 扉のノリも、奥まで入り過ぎて開きが悪い物でした。これはもしかして正規のエディションではなく試作程度の物が流通してしまったのかも、など当時のことを想像するしかありません。でもこの本は、当時のチラシを見ると、必ずしも酒屋さんの「おまけ」ではなく、バーなどで販売されたり、定期購読も受け付ける有料の本として案内がされています。当時の女優さんが宣伝文を寄せているチラシを見ました。
本の修理
 私のはなにしろ、表紙も、機械か何かでうっかり挟んでしまったような跡がついているので。他の個体を見るまでこれがデザインだと思っていました。なおジャケットのグラシンは古本屋さんがかけたものなので、本の保存に適したニュートラルグラシンに架け替えました。
本の修理
綴じを直すので、いったん全部のページを外しました。表紙側に見返しだけ残して中身を取り出しました。
本の修理
 ページをバラバラにして、古い糊を外しました。
本の修理
 紙の本体を傷めないよう、カッターの刃と逆側でカリッカリッと気長に物理的に除去しました。古い糊が残っていると新しい糊が入らないので、根気よく取りました。
本の修理
 ボール紙を両側に当てがって、プレスに背を上向きに挟み、直角をちゃんと揃えてから、ピラニアンノコで目引きしました。
本の修理
 ぎざぎざに引いたミゾの中へボンドを塗って、これが新しい糊綴じになります。
本の修理
 もしもこれまでと同じ形で、ハードカバーの内側にこれを直接糊づけして戻したら、またいつか同じように壊れるでしょう。私がしているのは修復ではなく、修理なので、本の構造を変えて、本を利用できるようにして直しました。クータをつけて、穴背の構造に変えて、中身を表紙の中へ戻しました。見返しの長さがのどで1センチたりないのは、似た色の和紙でつぎたしました。「開きが悪ければ修理した意味がない」。ちゃんと危なげなく開いて読める本になりました。この本の下にあるのは、同じクラスで修理されていて、同じ日に修理が終わった本です。
 本の修理と保存のレッスンに、5年間通いました。二週間に一度、二時間のレッスンで、自分の中での達成率は7~8割かなというかんじで、あとの2~3割を埋めるには5~10年くらいかかりそうに感じたので、本の修理はここまでにすることにしました。10月から、デコール(金箔押し装飾など)のレッスンに通い始めました。デコールは華やかそうに感じたのですが、いまのところ、やっていることは、本の修理よりもむしろ地味なほど地味に思われます。

2014年7月4日

『ソフィーの不幸』修理が終わって幸せな本に

本の修理
前回の修理の続きです。いろいろあるけど、手を動かしています。今週は、一年近くかかった『ソフィーの不幸』の修理が終わり、本として読めるようになりました! うらやましいと言われる本になりました。
本の修理
表紙タイトルは、オリジナルから紙一枚はがして貼りました。背タイトルは、表紙のカラーコピーです。表紙ボールも表紙布も、新しい素材です。おそらく本ができた当時はこんな明るい黄色だったろうという雰囲気で仕上がりました。オリジナルは黄色の紙表紙で、背表紙は失われていました。フランス語の本だから「読み上げ」だろうな、とありそうな位置に貼りました。
本の修理
オリジナルは表紙と中身がバラバラになった状態で、見返しの紙もなかったので、新しい素材で見返しを作りました。できるだけ似た紙を選びました。
本の修理
手を離しても開く本になりました。
本の修理
本のノドの部分はこんな動きをします。和紙の足をつけ、平綴じ。本の背は背ボールにつけました。本文に穴の見える箇所が、オリジナルの針金綴じ位置で、これでは本が開かなかったでしょう。和紙の足をつけたので、本の仕上がりサイズはオリジナルよりも和紙の足ぶん横幅が広くなりました。
本の修理
1936年に印刷された本です。これで、めでたく完成! あとは私がフランス語をもっと勉強するだけ!

2014年5月26日

『ソフィーの不幸』の本の修理

また本の修理の話になりますが、修理のレッスンで直している本が、ようやく形になってきました。それまでずっと下ごしらえで、ある時、一気に形になる瞬間ってあります。それで写真を撮りました。
本の修理
12レッスンぐらいかかって、形になってきた瞬間がこれ。元は表紙が取れた状態。天地30cmくらいの大型本で、私が扱った中で最大サイズの本になります。表紙は新しく布で作り直しました。何度も書きますが、私がしているのは「修復」ではなく「修理」です。修理は、「本の利用のため」という目的のために行っています。

本の修理
新しい表紙と、本の中身とはまだつけていません。こんなかんじに合います。古い表紙をそのまま使っては、本の利用に不便なので、新しい表紙を作りました。本が作られた当時の黄色い表紙枠に近い色で、素材は紙ではなく布にしています。

本の修理
扉ページ。

本の修理
中はこんな挿画本です。

本の修理
和紙で足を全ページにつけて、糸で平綴じに綴じ直しました。元の本は、針金綴じ。ホッチキスが腐ってぼろぼろになって、綴じの役割を果たさなくなっていたのを外して取り去りました。それをそのままの位置で綴じ直すのではなく、のどあきが狭いので和紙の足をつけました。元のホッチキスの位置は、さびが移って茶色くなっている箇所です。この位置で同じように綴じ直しても、本文紙がもはやもろくなっているので、本を開くために紙を曲げたらそこで紙が壊れてしまいそうです。一つの修理が、次に本が壊れる原因を作ることがあります。「元どおり」にすることで開けない読めない、また壊れる本になっては、「利用するため」という修理の意味がないので、読める本にします。

本の修理
外れてしまっていた表紙の、タイトル絵は、はがしてまた使います。

本の修理
タイトル絵を曲げないように、逆側からはがします。

本の修理
表から見てみるとこんなかんじですが、この姿勢では作業は危ないのでしませんよ。

本の修理
これくらいボール紙がむけました。ちなみにボール紙は逆目で使用されていました。

本の修理
これを、水を入れたバットに入れました。絵を下にして、透明なアクリル板に載せて沈ませてあります。

本の修理
一晩たつとこんなかんじになっていました。

本の修理
これも絵と逆側から作業しています。水の力が浸透していて、だいたいするーっとはがれましたが、少し残ったのを指先でくるくると優しく取り去ります。ある程度取ってから、見えづらいので、アクリル板に載せたまま水の外へ出して作業を続けました。

本の修理
新しい水を入れたバットに沈めて、細かいくずを指先で洗うように取ります。

本の修理
板に挟んで乾かします。続きは、また今度。

2014年5月15日

書肆ユリイカ版の稲垣足穂全集はしゃれた装丁

本の教室
さて、アリス特装版豆本は、東京堂書店に並んだほか、言壺通販ショッピングカートにも入りました。タコシェには、壜入り極小豆本「赤い鳥」シリーズなどを納品しましたので、お近くにおいでの際にはぜひお立ち寄り下さい。そして先週土曜は自宅教室でした。休憩時間には、アメリカンチェリーのパウンドケーキに、アイスクリームと自家栽培のミントを添えて。

ところで、文学フリマで入手した本を読み切らないうちに、ネット通販で古本を買いました。書肆ユリイカ版の「稲垣足穂全集5」を私は持っていて、5月になるたび、『彼等』と『兎』を読みたくなる。とても不思議な後口の、かつて近くの時空にいてすれ違っていった人たちへの、回想の物語なんです。書肆ユリイカ版だと、文章の内容がすーっと沁みてくる、魔法の組版がなされています。全集の1や13も書肆ユリイカ版で読みたくなりました。以下は、本の保存について。
本の保存
通販購入なので、本を見るのはこれが初めて。まずは状態を確認します。ケースから本を引き出すと、グラシンが焼けていますね。
本の保存
グラシンが変色していて、本は大丈夫な状態でした。このままこのグラシンをかけていると、グラシンからしみが本に移ってしまいそう。グラシンの中には酸性が強いものもあると聞きます。このグラシンは、外すことにします。「これがもし、本が作られた時からのグラシンで、本の一部かも」と思ったら、グラシンは本とは別の場所で気が済むまで保管すればよいでしょう。本は、保管場所としては、できるだけ地面から、かつ家の天井や壁から、離れた所で保管するのが理想的ではあります。
本の保存
小口など埃がつきやすい場所をクリーニングします。マイクロファイバーの「べっぴんさん」が最良です(私が持っているのはそれではないですが)。本の内側に埃が入り込まないよう、しっかりと締めて(脇に抱えてもよい)、乾いたクロスで小口を拭き取ります。こうするのは、「埃」ってものが紙の酸化をもたらす物質だから。汚れのついていない、きれいな状態にします。
本の保存
本の中は、汚れはそうありませんでした。もしも新聞紙など、酸性の紙が栞として挟み込まれていたりしたら、その跡がしっかりついてしまったりするので、抜き取ります。中身を見ると印刷がちょっとへたっぴいな部分もありました。インキが裏にまで抜けてる。というか紙の選択の失敗? 一折だけ別の紙になっている本もある! 奥付をちら見すると、印刷所は巻によって変わっていたりします。出版の苦労がちょっと見えるようでしたが、中身に入っていくのは後にして、まずは自分が安心して触れる状態にします。
本の保存
「自分の利用のため」という目的に沿って、常に方針を立てます。私はこの本を茶の間で読みたいので、私が安心して読める状態にします。自分が触れることで本を汚さないという安心が私は欲しいので、「ニュートラルグラシン」という、紙の保存に適したグラシンを本とケースにかけることにしました。ちょっとお高いグラシンですが、個人で使用する分量ならたった数百円です。以前一冊だけ買った「5」は、大阪の老舗店からで、送付された時点で美本に見事にグラシンがかけられていました(在庫があったらまたここから買いたいものだった)。これを真似て、グラシンがけしました。グラシンの厚み分、ケースの中身が増えますが、ケースが崩壊の気配もなくちゃんと収まっていることは「5」の数年の観察で確認済み。グラシンを私のような素人がかけていると半日仕事でした。作業しながら、古い本を今のように清潔の観念が進んだ時代に売るのは難しいだろうなと思ってしまった。でも古本を読まないと、知の世界のほんの一部しか触れられないからね。




制作風景
イベント
豆本ワークショップ
書籍の修理と保存













































































































































AND OR

count/ count count/ count count