MBS Award Winner Miyako Akai's Miniature Books
back
home


赤井都 経歴


バックグラウンド
名古屋市立名東高等学校出身。
1997年豊橋技術科学大学 建築・都市計画専攻(大貝彰都市地域計画研究室)。工学博士。
在学中より小説を執筆し、「すばる文学賞」最終候補(1998)、実業之日本社「チャレンジ公募勝ち抜き1000字小説合戦」グランドチャンピオン、薄井ゆうじ特別賞受賞(1998)、月刊全国誌に書評連載(1999-2000)等ライター活動、「群像」「文藝」「オール讀物」等、純文学・エンタテイメント分野の小説公募予選通過歴多数を経て、2002年より個人誌制作販売を始める。好きな方に進んだようでいて、就職や小説公募に失敗して自分の時間ができたわけで、悩みは多かった。総合芸術をめざすことにした。

製本技術
2004年、小さいサイズの冊子を作った時に、古書店主との会話で「豆本」の世界があると知った。
2006年、ミニチュアブックソサエティ(本拠地アメリカ)の国際的なミニチュアブックコンクール(Miniature Book Society Competition)で、独学で初めて作ったハードカバー豆本で日本人初のグランプリ(Distinguished Book Award Winner)を受賞。独創性が高く評価された。
2007年、同賞連続受賞。 この後、手製本を本格的に習い始める(むろん、ふつうサイズの本のレッスンしか存在しなかった)。
2007〜2009年、池袋コミュニティ・カレッジ ルリユール工房「入門」受講。
2009〜2013年、「パッセ・カルトン」半革装受講(西洋伝統的手製本=ルリユールの技法を学んだ)。
2009〜2015年、「書籍の修理と保存・実技」受講。
2010年より「手で作る本の教室」スポット受講。製本はおそらく一生勉強。
2016年、ミニチュアブックソサエティのグランプリ3度目の受賞。
2015〜現在、「デコール」受講。

作品発表等
2006年より個展、グループ展ワークショップ講師多数。豆本朗読会、豆本がちゃぽんを主催。小さな作品は50以上ものメディアで紹介されている。作品収蔵は海外にも及ぶ。
著書『豆本づくりのいろは』(2009河出書房新社 台湾語翻訳版楓葉社)、『そのまま豆本』(2010河出書房新社)、『楽しい豆本の作りかた』(2013)学研パブリッシング。
超短編の共著『未来妖怪 異形コレクション』『物語のルミナリエ 異形コレクション』(光文社文庫)、『超短編の世界vol.1〜3』(創英社)。
製本作品掲載『手づくり製本の本』(2011誠文堂新光社 台湾語翻訳版楓葉社)、『1000 Artist' Books』(2012, Quarry Books・アメリカ 日本語翻訳版グラフィック社)
共同執筆『中学生の国語』一年 資料編 豆本を作る(2012三省堂)
2007年よりMiniature Book Socity会員、東京製本倶楽部会員。2011年より日本豆本協会副会長、2014年より顧問。
2009年、活版印刷の豆本を展示していたところ、日本製の手動式印刷機の中古(おそらく昭和10年製)を譲ってもらえることになり、活版印刷も始めた。

これまでのイベント

go_to_index 2016 go_to_index 2015 go_to_index 2014 go_to_index 2013 go_to_index 2012 go_to_index 2011 go_to_index 2010 go_to_index 2009 go_to_index 2008 go_to_index 2007 go_to_index 2006 go_to_index 2005 go_to_index 2004 go_to_index 2003 go_to_index 2002

「言壺便り」ご登録のススメ: 言壺の動きを定期的に追うには、月一回発行の言壺便りが便利です。
言壺便りは、言壺が発行するフリーメールマガジンです。毎月10日頃に発行しています。
イベントレポや制作秘話が読めるほか、メルマガ登録者にはイベントでの作品取置や通販予約ができるという特典が!

 

go_to_index 2016年 go_to_index


第8回東京製本倶楽部国際製本展「吾輩は猫である」

豆本個展
会 期 2017年2月8日(水)-2月12日(日)10:00-18:00(12日16:00まで)
会 場 目黒区美術館 区民ギャラリー
豆本個展
会 期 2017年2月14日(火)-2月19日(日)11:00−18:00(14日13:00から、19日17:00まで)
会 場 京都市国際交流会館 姉妹都市コーナー展示室

 私の作品は『航海記』特装版と『雨ニモ負ケズ』特装版の2点の展示のみで、販売はありません。会期中、製本ワークショップやギャラリートークなどが予定されています。詳細は主催 東京製本倶楽部ホームページをご覧ください。


赤井都個展「手のひらの中のアリス〜小さな宝物・豆本アートの世界〜」

会 期 2016年12月9日(金)〜12月19日(月) 12:00〜19:00(最終日17:00まで) 12月14日 水曜休廊 入場無料
会 場 GALLERY リトル・ハイ 中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ4F南階段となり JR・東京メトロ「中野」駅北口よりサンモール商店街を通り徒歩3分
豆本個展 豆本個展
手のひらに収まる小さなアート〜美しくて楽しい「豆本」の世界〜
今回の個展では、今年のコンクール受賞作「月夜のまひる」をはじめ、品切れが続いていた人気作「不思議の国のアリス」など約30点以上の豆本作品を展示・販売します。会期中の12/10(土)、11(日)、17(土)、18(日)には在廊し豆本セミオーダー実演販売を行い、また赤井作品を気軽に楽しめる個展限定の「豆本がちゃぽん」も設置する予定です。
ぜひ皆様に豆本アートの楽しさにふれていただき、自分だけの宝物アートを見つけていただきたいと思っています。
>>展示のようす
>>展示がメディア紹介されました


そっと豆本、ふわっと活版 5

miniature_book

会 期 2016年9月20日(火)〜9月26日(月) 10:00〜20:00
会 場神保町いちのいち Creator'sTABLE(シーズテーブル)」 (三省堂書店 神保町本店 内 1階)

出展者 赤井都(毎日10〜18時在廊予定)、Bird Design Letterpress
協力 弘陽、andantino
読書の秋、神保町いちのいちCreator'sTABLEにて、豆本と活版印刷の展示販売会を開催致します。会場には、Miniature Book Competition 2016 受賞の赤井都による豆本作品と、Bird Design Letterpressによる活版作品とステーショナリーが並びます。同時開催のワークショップでは、活版豆本の手製本、そして金属活字と手動活版印刷機を用いた活版名刺印刷(活版SNSカード)を体験していただけます。豆本と活版の深く歴史ある世界を楽しめるような作品、そしてギフトにも最適な商品を取り揃えて、皆様のお越しをお待ちしております。

豆本ワークショップ
『雨ニモ負ケズ』フランス装を作りましょう。予約不要、随時受付(毎日10〜18時)、所要時間30〜50分程度、2700円(税込)。ご希望の方は、カッター作業を講師が代行しますので、初心者やお子様にも安心して取り組んでいただけます。
miniature_book

活版ワークショップ
欧文活字を使用した活版名刺(活版SNSカード)を作ります。印刷内容を活字で組版させていただいた後、活版印刷機にてご自身にて印刷できます。予約不要、随時受付(毎日13〜19時)、所要時間約15〜30分程度、ローマ字名1行SNSアドレス2行、印刷枚数 25枚、3,240円(税込)カルタヴァレーゼの化粧箱付
>>「そっと豆本、ふわっと活版」公式ページ
展示のようす(blog)


MARK'STYLE GALLERY The nano World ! - 小さな世界の大きな魅力!

豆本展示販売

会 期 2016年8月2日(火)〜21日(日)
会 場 MARK'STYLE TOKYO 表参道ヒルズB3F(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10)
  営業時間 11:00〜21:00  日曜日 11:00〜20:00

出展者 ナノブロック、小さなおりづる
赤井都豆本 出品一覧
『赤い鳥』1〜5号、『月夜のまひる』、『2016』、『BOOK』、『切手のミニカード』、『そのまま豆本』
Alice豆本は、展示のみ
展示のようす(blog)


  漂 流 線

漂流線DM

会 期 2016年7月16日(土)〜7月24日(日)13:00〜20:00 ※18日は17時半まで、最終日は18時まで、19日(火)休み
     18日閉場後、朗読ライブイベント有「漂ふ鳥・迷ふ鳥」短歌:石川美南、音:津田貴司、御予約はみずのそらWEBサイトから 1500円
     23日、24日 赤井都による「漂流線」を作るワークショップ開催 参加費3000円 予約不要・随時受付
     期間中、カフェにてあゆみ食堂の特製かき氷をご用意しております(数量限定)
会 場 GALLERYみずのそら (杉並区西荻北5-25-2)
出展者 赤井都、阿部真弓、尾田美樹、ヒロイヨミ社、山羊の木/海岸印刷
「水の手紙/空の余白」「机上の灯台」「蒐集記」につづくブックアート/銅版画/木版画/冊子/短歌etc.+活版印刷の作品展
展示のようす(blog)


豆本がちゃぽん10周年

豆本がちゃぽん10周年ロゴ
会 期 2016年4月1日(金)〜5月31日(火)
会 場 東京堂書店神田神保町店(千代田区神田神保町1-17、電話03-3291-5181、営業10-21時 日祝20時まで 無休) 1〜3階奥階段スペース&カフェ壁
展 示 10年分のがちゃぽん豆本実物と、豆本がちゃぽん写真など
販 売 豆本がちゃぽん10周年記念冊子『豆本がちゃぽんの10年 直径48ミリカプセルの中のブックアート』
豆本がちゃぽん第36集 ※万一売り切れの際はご容赦下さい。
豆本がちゃぽんホームページ


そっと豆本ふわっと活版ほっこりお茶2

そっと豆本ふわっと活版ほっこりお茶2_photo_by_Bird_Design
風薫る五月、今年も茶道具売場にて、豆本と活版印刷の展示販売会を開催致します。 会場には赤井都による豆本作品と、Bird Design Letterpressによる活版作品とステーショナリーが並びます。5月7日と5月8日には、手動活版印刷機でポチ袋に名入れ印刷するワークショップを行い、5月15日には赤井都の「豆本実演セミオーダー」も開催致します。 豆本と活版の深く歴史ある世界を楽しめるような作品、そして母の日ギフトにも最適な商品を取り揃えて、皆様のお越しをお待ちしております。
会 期 2016年4月28日(木)〜5月18日(水)10:00〜19:00 ※最終日は16:00まで
    ※5月7日(土)、8日(日)「活版ワークショップ」1,600円(税込) 予約不要
     随時受付 所要時間約10〜30分
    ※5月15日(日)「豆本実演セミオーダー」2,700円(税込) 予約不要 随時受付
会 場 あーと・すぽっと(丸栄8階茶道具売場 名古屋市中区栄3-3-1)
出展者 赤井都Bird Design Letterpress 協力:andantino、弘陽(三木弘志)
そっと豆本、ふわっと活版ホームページ


「赤井都個展 小さな本の家で3 航海記」

会期:2016年1月18日(月)〜24日(日) 11:00〜17:00
会場:言壺(赤井都自宅アトリエ)リンク先の地図と道順を参照して下さい。

入場に際して、おみやげ付2000円
おみやげは、その場で作るものか、作ってあるものか、お選びいただきます。
入場は靴を脱いで上がり、せっけん手洗いしていただきます。
本には触れられます。活字(崩れやすい)と活版道具(汚れがある)にはお手を触れないで下さい。
終日在廊

出品
新作 活版印刷による『航海記』豆本と、豆本より大きいサイズの特装版、挿画原画
これまでの既刊作品、製本道具、印刷道具等も一階から二階にわたる展示でご覧いただけます。

>地図
>周辺散策案内
>作品詳細(MiyakoAkaiFacebook#航海記)
>展示のようす(ブログ)

DMを東京堂書店に置かせてもらいました。

活版印刷 活字 活字 活版印刷 活版印刷


 

go_to_index 2015年 go_to_index


「豆本ツリー2015」

会期:2015年12月5日〜25日 10〜21時 日曜20時まで
会場:東京堂書店神保町店1階

毎年恒例となった、ギフト豆本をぶらさげたクリスマスツリーです。豆本は全て販売品です。枝から外してお求め下さい。

赤井都出品作
『2016』パステル染め布表紙、金線、箔押し革タイトル貼込
『BOOK』『本』レーザーカットで本文紙を作った革表紙の折本
『中原中也5巻揃い本棚付特別セット』
私は在廊していません。御自由にご覧ください。


「絵・本・展 vol.2」

会期:2015年12月8日〜20日 10〜19時 最終日17時 月休
会場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA

10作家によるグループ展です。豆本は私だけの予定。広い壁面の白いギャラリー空間で鑑賞できるのは、この機会です。13日のレセプションパーティーに出席します。

赤井都出品作
『月夜のまひる』豆本と、豆本原画
『2016』豆本と、豆本原画
『どうして酔いよりさめたか?』豆本と、豆本原画
書籍『そのまま豆本』『豆本づくりのいろは』『楽しい豆本の作りかた』
私は在廊していません。御自由にご覧ください。


ジオラマ図書館
赤井都ミニ個展「箱の中の豆本図書館」
10月8日開館 11月30日閉館 >>開催風景
開館場所 世田谷233(せたがやにーさんさん)内ボックス内
〒154-0023 東京都世田谷区若林1-11-10
電話03-5430-8539
開館時間12:00〜20:00 毎週火曜日、第1・3水曜日定休

〜箱の中の豆本図書館 蔵書目録〜
壜入り活版豆本「赤い鳥」シリーズ5種
英語の童謡詩『Twinkle, Little Star』
百人一首より『恋ぞ積もりて』
超短編『ぴょん』
英語の超短編『Small Gift』
稲垣足穂「一千一秒物語」より『どうして酔いよりさめたか?』
活版ミニカードとのセット限定50部 本体価格5000円ほか
『中原中也文学』の復刊、「手紙」三部作などを予定しています。

某月某日、ギャラリー「世田谷233」店長よりメールあり。
「233のボックスの一つを小さな図書館っぽい内装にしました。
本格的なつくりになっています。
実は『箱の中の豆本たち展』からずっと温めていた企画なんです。
信頼できるジオラマ作家さんとつながってやっと実現しました。
しっかり世界観があるように作っていただいています。
ここに豆本作家さんの作品を並べて販売したいと思っています。
ということで、こけら落としは赤井さん以外考えられませんっ。
ボックスサイズは横39cmで高さと奥行きが35cmです。
棚の高さは各6cm奥行き4cmです。」

某月某日、返信。
「わくわくします。
実はこの秋、『赤い鳥シリーズ』が完結します。
4年間にわたり、赤井都がブックデザインして
小さな活版をBird Design Letterpressが活版印刷し、
赤井都が製本し、そうして一つずつ作ってきた豆本です。
壜に入ったこれがその本棚にたぶんサイズがぴったりで
その箱の中に並んだ眺めを見てみたいです。
年明け冬には、自宅アトリエで個展をしますので
その前のミニ個展に。
展示期間はいつから(以下略」赤井都


「はじめての豆本 」10/10 朝日カルチャーセンター千葉公開講座 13:00-16:00>>詳細・お申込み
豆本 豆本


「そっと豆本、ふわっと活版4」>>イベントページ >>三省堂特設ページ  赤井都×Bird Design Letterpress(協力:活版工房
※会期中毎日10:00〜18:00在廊を予定しています(最終日は20:00までいます)。豆本セミオーダー実演販売で接客制作中は、他の方とはお話できませんのでご容赦下さい。

2015年9月22日(火)〜9月28日(月)10:00〜20:00
神保町いちのいち Bookman's Gallery(三省堂書店 神保町本店内1階)03-3233-0285
豆本▼写真はクリックで拡大します



 Bookman's Galleryは、神保町1-1、三省堂書店の一階に位置しています。9月連休後半からの一週間、本好きの皆様のために、そっと触れたい豆本と、ふわっと押された活版が、このスペースに並びます。豆本とは、手のひらサイズの小さな本。海外では「ミニチュアブック」と呼ばれて親しまれ、かわいい見かけでありながらも、その歴史は実は書き言葉と同じくらい古いものです。小さな本は、全ての工程を手で作っていく手作りで、少部数制作が可能です。一方、活版は、凸版を手刷りする昔ながらの活版印刷。グーテンベルクが聖書の印刷に金属活字を用いて以来、本の印刷の歴史を担ってきました。現代にはコンピューターから製版する樹脂凸版など新たな技法が生まれています。そして今、古くて新しい豆本と活版が、本の街で出会い、大人の秋の満足を深めるお手伝いをいたします。何度も眺めたい挿絵入りの豆本、活字が和紙にきりりと押された味わい深い豆本、そして誰かにメッセージを渡したくなるような活版ステーショナリーの販売。また実際にお会いしてこそできる、対面ならではの、ハードカバー豆本のセミオーダー実演販売と、活版メッセージカードワークショップを行います。活版名刺オーダーも受け付けます。小さな本の手触りに、紙と文字が作り出すささやかな陰影に、秋の始まりの時間を楽しんでみませんか。

ハードカバー豆本のセミオーダー実演販売◆赤井都

豆本の素材をその場でお選びいただき、目の前でハードカバー豆本を作って差し上げます。
色や形の組み合わせで、あなただけの一点ものの豆本になります。
本のタイトルは「2016」で革に活字空押し、内容は「お誕生日おめでとう」のオリジナルストーリーと挿絵8点入りです。
製本者赤井都のサインが奥付に入ります。

1, 表紙をお選び下さい。(布5色のうち1色)
2, 見返しをお選び下さい。(20種類のうち1種類)
3, 本文紙をお選び下さい。(3色のうち1色)
4, タイトル色をお選び下さい。(革5色のうち1色)
5, タイトルに組む花形活字をお選び下さい。(5種類のうち1種類)
6, 表紙エンボス用の「花びら」をおかき下さい。(えんぴつで輪郭を)
7, タイトルと花びらをつける位置をお決め下さい。

お選びいただいた本文紙を見返しと合わせて糸で綴じ、お選びいただいた布でハードカバーを作り、花びら型と革に空押ししたタイトルで表紙を飾ります。背タイトルもつきます。制作には20分程度かかります。万一色味等品切れの際はご容赦下さい。
2,500円+税(税込2,700円)
「そっと豆本、ふわっと活版4」会期中全日10:00〜18:00(途中休憩有)予定
会期中、会場にて随時受付け。事前ご予約も承ります。03-3233-0285(神保町いちのいち)までお問い合わせください。>>三省堂特設ページ

活版印刷ワークショップイニシャルメッセージカード◆Bird Design Letterpress

樹脂凸版のイニシャルやオーナメントを選んで配置した後、手動活版印刷機を用いて、ご自身にて25枚印刷いただき、用意した化粧箱に入れて持ち帰っていただく形となっています。
インキの転写具合により、一枚一枚表情が変わる活版印刷の面白さと美しさを是非お楽しみ下さい。
印刷枚数25枚※用紙はハーフエアコットンとハーフエアコルクのどちらも可
ワークショップ代1,620円(税込)※カルタヴァレーゼの化粧箱付
「そっと豆本、ふわっと活版4」会期中全日12:00頃〜20:00(途中休憩有)予定


2015年6月6日〜14日 Hong Kong Book Art Festival 2015 招待参加

期間中イベント:展示、講演、製本ワークショップ 会場:JCCAC LO Gallery, Hong Kong
パブリックトーク原稿
参加レポート(ブログ)



「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶」
2015年5月7日(木)〜27日(水)10時〜19時(最終日16時まで)
期間中イベント:5月9日、10日活版印刷ワークショップ   5月17日(日)豆本読書茶会 赤井都在廊
会場:名古屋市中区栄3-3-1 丸栄百貨店8階茶道具売場あーと・すぽっと
「そっと豆本、ふわっと活版」ウェブサイト


top4/17 かわくらワークショップ 「ハードカバーの豆本を作ろう!」 >>かわくらホームページへ
金曜19〜21時 千駄ヶ谷の河出書房新社一階カフェ「ふみくら」にてワークショップ開催です! 一年ぶりの、単発ハードカバーワークショップのチャンスです。 『豆本づくりのいろは』の最初の方のページで、「本の各部の名称」の写真に使った、本らしい豆本を作ります。 2時間で作りきれるよう、パーツはあらかじめ仕込んでいきますので、皆様には組み立てる楽しいところ「ハードカバーの内側ってこうなってたんだ」というところを体験してもらいます。 小さな本ですが、中にはお話が二話、しっかりと入っていて、読める本ができます。

 

go_to_index 2014年 go_to_index


2014年12月6〜25日「神保町クリスマスツリー オリエンテーリング」

今年2014年初めての企画です
本の街3箇所に、「オリエンテーリングツリー」が立っています。
ツリーの中には、言葉の看板が隠されています。
ツリーの足元には、文字のスタンプと、「オリエンテーリングブック」があります。
「オリエンテーリングブック」に文字スタンプを一文字ずつ捺しながら、
ツリー全てを周ると、言葉がつながり、メッセージが現れます。
全部の文字スタンプを捺し、本を完成させて下さい。
>>フライヤーはこちらnew


2014年12月6日正午〜25日21:00「豆本ツリー2014」

「オリエンテーリングツリー」の一本である「豆本ツリー」に私の豆本もぶら下がります。
ギフトパッケージの豆本を店内ツリーにぶらさげ、取って購入することができる「豆本ツリー」です。
豆本ツリーは今年7年目の開催です。

去年2013年の豆本ツリーです
ツリー設置場所 神田神保町1-17
東京堂書店 神田神保町店 一階 エレベーターホール前
営業時間 10:00〜21:00 日祝20:00まで
豆本ツリー2014参加作家: 赤井都オレンジ宇宙工場瓢箪堂水野真帆よしのちほ蓮月堂(敬称略、50音順)

>>出品計20作品の一覧はこちらnew


2014年11月12〜21日「アートで本を綴る」

アートブック展
アートブック展
アートで本を綴る
赤井都、石原実、大薗弘治、神林學、郡司宏、服部俊弘
神楽坂6-36-1神楽坂ビル2F(赤城神社参道)えすぱすミラボオ
東西線神楽坂駅下車神楽坂方面出口1より徒歩1分
2014年11月12日(水)〜21日(金)
11:30-19:00(最終日は17:00まで)11月12日は17:00からオープニングパーティを開催します。


2014年9月16〜22日「そっと豆本、ふわっと活版 3」

豆本活版3<クリックで印刷用pdfが開きます
豆本活版3<クリックで印刷用pdfが開きます
赤井都×Bird Design Letterpress(協力:活版工房
古書街として有名な神保町の三省堂本店催事スペースにて、赤井都の豆本と、Bird Design Letterpressと活版工房の活版ステーショナリーが並びます。 赤井都は今年も新作豆本を発表、その他活版名刺オーダーも受け付けております。本の町、神保町の散策にあわせて是非お立ち寄り下さい。
会期:2014年9月16〜22日 10:00〜20:00
会場:三省堂書店神保町本店1階 神保町いちのいち催事スペースBookman's Gallery 03-3233-0285

販売品
活版豆本、小型ノート(2,000〜30,000円)
活版メッセージカード(200円〜)
活版名刺オーダー(6,300円〜)、他多数

ワークショップ
そのまま豆本(3,200円・材料費込)
 所要時間各30分〜1時間程度。『そのまま豆本』の中から好きな作品を選んで作ります。各一席なので予定がお決まりでしたら御予約下さい。10:00-16:00の間で、随時開始可。予約先:三省堂神保町本店いちのいち 03-3233-0285
活版メッセージカード(1,620円・材料費込)
 所要時間30分程度、随時受付。名刺サイズ25枚、化粧箱付き。12:00-19:00の間で、随時開始可。印刷は一度に一人ですが、版を選んだりは並行して進められるのでご予約不要でご来店下さい。もし万一混雑の場合はファミレス形式で記名してしばらくお待ちいただく場合もあります。

※ 豆本は一席のみで、お一人30分以上かかるので、 予定が決まっている方がいたら、予約をお受けして お待ちいただかずに確実に席をご用意したいと考えています。 基本的に豆本WSも活版WSも、WS担当者が全日いる予定ですが 担当者が休憩を取っている場合や早番・遅番などの時も お待ちいただくことになってしまいます。 あらかじめWSのお客様が来ることがわかっていれば、 こうした休憩時間などはずらすことができます。 豆本で予定がお決まりでしたらご予約をお薦めします。

豆本活版3
このDMは、Bird Design Letterpressさんの活版印刷です。紙をふわっとくぼませる「ディープレリーフタイプ」の印刷手法で、へこんだ文字のエッジに独特の陰影が生まれます。Bird Design Letterpressさんは、この技法を得意とし、名刺印刷なども同じ「ふわっと印刷」で行っています。活版印刷には、紙をくぼませずに印刷する手法もあります。それぞれ場合に応じて、紙の選択と印圧の手加減で、紙と文字の美しさや可読性を引き出します。私は、新作『赤い鳥4号』をBird Design Letterpressさんの活版印刷で制作中です。他にも新作を制作中。


幻視コレクション

幻視コレクション3」に作品提供します。中編『柳の夢』
発売開始:2014年9月14日大阪府堺市産業振興センター 第二回文学フリマ大阪(予定)
責任編集:秋山真琴


2014年9月5〜28日「編ZINE 2014」

「自分で編集する雑誌」イベントに参加します。
会期:2014年9月5〜28日 12:00〜20:00 火曜、1・3水曜休
会場:世田谷233ギャラリーWall 〒154-0023 東京都世田谷区若林1-11-10
企画:233コミケ部


2014年4月3日〜29日「アートすぽっと豆本」

出品作品一覧
切手の豆カードセット
『第一の手紙』
『第三の手紙』
『赤い鳥1号Twinkle, Little Star』
『赤い鳥2号恋ぞ積もりて』
『赤い鳥3号ぴょん』
『Rainbow』
『寒中見舞』
『魔法日記』
『カタログレゾネ』革バンド装
『カタログレゾネ』未綴じ
『そのまま豆本』
『Alice's Adventures in Wonderland』特装
作品詳細は一覧からどうぞ

毎月、さまざまな手工作家が登場する「あーとすぽっと」。名古屋丸栄百貨店8階尾関茶具店の一角にあります。赤井都の豆本が初登場します。春の陽気にお茶と豆本。作品のみの委託出品です。初心者の方にもわかりやすくパネル準備しました。ぜひ豆本初めてのお友達とどうぞ。
会期:2014年4月3日〜29日 10:00〜19:00 最終日16時まで
会場:丸栄百貨店 8階 茶道具売り場内 アートすぽっと 
〒460-8674 愛知県名古屋市中区栄三丁目3番1号 直通電話052-264-5387
主催:尾関茶具店 丸栄アートclub


2014年4月1〜11日「2014豆本と小さな本展」

出品作品一覧
『赤い鳥1号Twinkle, Little Star』
『赤い鳥3号ぴょん』
『Alice's Adventures in Wonderland』特装

大阪「ギャラリーびー玉」豆本グループ展。私は作品のみの委託出品です。
会期:2014年4月1日(火)〜4月11日(金)※月曜休 火〜土12:30〜19:30 祝・日曜・最終日17:00まで
会場:ギャラリーびー玉 
〒530-0038大阪市北区紅梅町2-6昭和ビル206号 06-6881-2818
主催:ギャラリーびー玉


赤井都個展「小さな本の家で 2」

DM DM

>>開催のようす

数々の豆本を作ってきた自宅が個展会場です。
入場に際しては、豆本代2000円をちょうだいし、その場でお好みをお聞きして豆本を作って差し上げます。
一階には活版印刷機、特装版豆本、MBS受賞作などがあります。二階には『楽しい豆本の作りかた』(学研より11月に発売)の試作品やメモ、原稿、フランスで買ってきた西洋の古書豆本、参考図書や製本道具、ワークショップで作ったようないろいろな形の本が大小あります。
本は基本的にご自由に御手に取って見ていただけます。
値札がついているものは販売品です。
来場した際には、せっけん手洗いをお願いしています。
このような形式で個展を開くことにしたのは、豆本を読書して欲しいからです。
手の込んだ作りの豆本では、「見本」という物が作れず、売り物しかない場合もあります。特装版の場合は、私の著者本を見本としてお出ししていますが、私がいない場所ではこうした物は誰でもが触れるようには出せません。けれど一番見て欲しいのは、ものすごく時間と手間をかけた豆本で、それはやはり見ごたえ、読み応えがあります。ギャラリーだとお客様に「手を洗え」とは言えないけれど、ここでは手を洗う代わりに何でも素手で見られます。「本の修理と保存」を講習して、手を洗って本を見ましょうという図書館スタイルが最高だと確信したので。また、ギャラリーでかつて、豆本が生活空間にあったらと想像が湧く形で見せたいと苦心しましたが、うちでだったら、まさに生活空間なので、ドア一枚あけたらまるごと豆本の館、「豆本テーマパーク」みたいなものです。
この機会に、どうぞ楽しみにおいで下さい。

会期:2014年1月19日(日)〜26日(日) 13〜17時 ※22(水)休
会場:赤井都自宅アトリエ 東京メトロ東西線沿線(日本橋から浦安方向へ約20分)、最寄駅より徒歩6分
次回の個展は2年先と考えています。ご来場、心よりお待ち申し上げます。
開催場所の詳細は下のpdfファイルをご覧下さい。
自分で製本する個展ご案内pdf(表)161KB
自分で製本する個展ご案内pdf(裏)80KB

DM DM

 

go_to_index 2013年 go_to_index



豆本ツリー2013

会期:2013年11月30日(土)正午〜12月25日(水)21時

会場:東京堂書店神保町店一階エレベーターホール
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目17番地 03-3291-5181(代表) 営業時間 10時〜21時 (日・祝は20時まで)

豆本をぶら下げた豆本ツリーが今年も本の街にやって来ます。豆本は全て販売品です。枝から外してお求め下さい。
ツリーは販売で変化していきます。入荷情報などは各作家のブログやツイッターでどうぞ。品切れ状況はお店にご確認下 さい。

参加作家(出品予定作):
赤井都(革表紙『不思議の国のアリス』) 小笠原麻子(『金魚図鑑』) オレンジ宇宙工場(『おいしい食卓の作り方』) 五十嵐彪太(『さざめきの黒』、『ささやきの白』) 茶柱立太(『読書アニマル』※立体フィギュア) boccafe(『Go round and round』) 水野真帆(『アリスマッチ豆本(完売)』『星の王子さまマッチ豆本』『赤ずきんちゃん豆本』) 山猫や(幼年童話『ひとつの火』*クリスマスバージョン) よしのちほ(フラッグブック『我慢大会』『足を向けては』) 蓮月堂(『小鳥のクリスマス』) and more(敬称略・50音順)※作品委託で、在廊していません
主催:言壺


『活版工房雑貨店』

「活版工房喫茶室vol.6」イベントの終了後は、同会場の「東向島珈琲店」さんの一角にて活版印刷作品の展示販売「活版工房雑貨店」を開催いたします!
お店の通常営業中の展示販売となりますので、東向島珈琲店自慢のメニューを楽しみながらゆっくりと作品をご覧いただけます。
ぜひ珈琲やスイーツと共に活版に触れる贅沢な時間を味わいにいらしてください。

会場:東向島珈琲店  墨田区東向島1-34-7
日時:2013年12月8日(日)〜12月27日(金)
   8:30〜20:00 ※19:30ラストオーダー
    (最終日は17:00まで)
※喫茶店での開催のため、1オーダーをお願い致します。
主催:活版工房
■ 参加作家
赤井都 あちらべ andantino 122press 海岸印刷 金子瞳美 斎藤隆夫 清水美和 Bird Design Letterpress 紅綴堂 三木弘志 and more (敬称略・50音順)

赤井都出品作品:『年間手帳』『Twinkle, Little Star』『恋ぞ積もりて』『寒中見舞』『カタログレゾネ』『楽しい豆本の作りかた』※作品委託で、在廊していません


第20回地域とのふれあい講演会『手で作る小さな本の楽しみ』

日時:2013年12月14日(土)13時開場、13時半開会

会場:母校高校(名東高校内国際教育センター) 入場無料

主催:名古屋市立名東高等学校、名古屋市立名東高等学校PTA 問い合わせ先:052-703-3313(名東高校)
豆本講演会


神保町いちのいち オクリモノマーケット

日時:12月19日(木)〜25日(水)
会場:三省堂書店神保町本店1階
参加作家: 活版工房Bird Design LetterpressAUI-AO Design赤井都(赤い鳥と、ミニカード出品)BAY LETTERPRESS活版研究会(敬称略)
主催:東條メリー(活版工房)


そっと豆本、ふわっと活版 3

赤井都の活版印刷豆本販売、Bird Design Letterpressによる活版名刺受注やステーショナリー販売、活版工房協力による活版グッズ販売を予定しています。
2014年9月16〜22日10:00〜20:00(最終日は18:00閉場)
三省堂神保町本店 1階正面入口側 101-0051東京都千代田区神田神保町1-1 (03)3233-3312


活版工房喫茶室vol.6

日時:2013年12月7日(土)11:00〜17:00 出入り自由

会場:東向島珈琲店 墨田区東向島1-34-7

参加費:1700円(1ドリンク・フード「築地仲買の賄い丼」・レタープレス体験付き)

定員:100名
※要予約:定員に達しました。

参加作家:
赤井都(『寒中見舞』の委託予定でしたが、販売スタッフとして販売コーナーにいます! お待ちしています!) あちらべ andantino 122press 海岸印刷 金子瞳美 斎藤隆夫 清水美和 Bird Design Letterpress 紅綴堂 三木弘志 and more (敬称略・50音順)
主催:活版工房
協力:有限会社弘陽 株式会社真映社 株式会社築地活字 株式会社中村活字 日本名刺センター 株式会社山櫻 (50音順)


「蒐集記」

会期 2013年11月2日(土)〜11月10日(日)12:00〜19:00(最終日は17:00閉場)
   ※5日(火)は休み

会場 GALLERYみずのそら
   167-0042東京都杉並区西荻北5-25-2
   03-3390-7590
   JR線「西荻窪」駅北口より徒歩10分

蒐集物――灰色 風 夜 群青 正方形 幾何学 明治期木版 標本 恋 箱 など

「水の手紙/空の余白」「机上の灯台」につづく、
活版印刷+α(豆本、銅版画、木版画、詩集、短歌etc.)の作品展。

  赤井都(出品予定:「蒐集記」をテーマにした新作豆本 他既刊)
  阿部真弓
  尾田美樹
  ヒロイヨミ社
  山羊の木/海岸印刷
DMクリックで拡大します

関連イベント:

◎赤井都による「蒐集帳をつくる」ワークショップ

日時:11月3日(日)、4日(月・祝)【8(金)追加】
参加費:2000円
予約不要・随時受付

15分くらいで、葉書を8枚入れられるシンプルで格好いいフォルダー
「蒐集帳」を作ります。作業はほとんど折るだけ、ボンドは点で打ち、
簡単で見栄えがするフォルダーです。活版のタイトルラベルを割ピンでつけ、
さまざまな印刷紙を「蒐集」して仕上げます。

◎朗読ライブ「声の蒐集」

出演:平田俊子(詩人)、石川美南(歌人/山羊の木)
日時:11月9日(土) 受付17時30分〜 開演18時〜
入場料:1500円
定員:20名(先着順)

詩人の平田俊子さんをお招きして、小さな朗読会をひらきます。
最新作『スバらしきバス』に関するトーク&朗読も。

参加者の皆さんの中から、希望者に朗読をしていただくコーナーを設けます。
・『スバらしきバス』にちなんで、「乗り物」または「旅」に関する
 詩・短歌・俳句など(自作・他作を問わず)をお持ちください。
・分量は、詩1篇、短歌5首、俳句5句くらいが目安です。
・朗読用のテキストはこちらでも用意しますので、手ぶらで来ていただいてもご参加いただけます。
席に限りがあるため、なるべく事前にご予約ください。
お申し込みはみずのそらまで

◎あゆみ食堂

日時:11月9日(土)、10日(日) 〜16時

大人気のあゆみ食堂が開店します。
9日・10日以外の日は、カフェにて展示をイメージしたおやつが楽しめます。

◎cohakoの古道具

今回の展示は、「cohako」の古道具をお借りしてディスプレイします。
古道具の販売も行っています。

◎小さな古書市

カフェスペースの壁棚を使って、展示参加メンバーがこれまで蒐集してきた
蔵書の一部を販売します。


そっと豆本、ふわっと活版 2

「そっと豆本、ふわっと活版 2」

「豆本・活版」の第二回。三省堂本店の一階で、赤井都の活版印刷豆本を、新作も含め販売します。赤井都実演も予定しています(毎日15〜18時)。あわせて、Bird Design Letterpressによる活版名刺受注相談や、活版工房協力によるカード・ぽち袋など活版小物も販売します。

会期 2013年10月3日(木)〜10月9日(水)10:00〜20:00(最終日は18:00閉場)

会場 三省堂神保町本店 1階正面入口側エレベータホール
  101-0051東京都千代田区神田神保町1-1
  03-3233-3312
  地下鉄線「神保町」駅A7出口より徒歩3分

赤井都×Bird Design Letterpress (協力:活版工房

【販売品例】 活版豆本、小型本(500円〜 30,000円) 活版メッセージカード (200円〜) 活版名刺オーダー(6,300円〜)
【実演販売】 豆本(毎日15〜18時)
赤井都出品予定リスト

そっと豆本、ふわっと活版 2
そっと豆本、ふわっと活版 2クリックで拡大します


赤井都個展「小さな本の家で」※予約は受け付けていません
2013 年 4 月 5(金)6(土)7(日) 13- 17 時

赤井都自宅アトリエで豆本の個展を開きます。
2010年森岡書店以来の、3年ぶりの個展です。
入場に際しては、豆本代2000円を頂戴します。
その場で素材を選んでもらい、豆本を作って差し上げます。
あまり人が来なくて暇だったら、ハードカバーになるかもしれません。
ノートではなく、オリジナル超短編の入った本です。
来場されたら、せっけん手洗いしていただきます。
静かに、読書してもらう空間にしたいと思っています。※と、DMには書きましたが、近隣が工事中になりますのでそこそこ賑やかかも。

DM DM

この場所で豆本の展示販売をしたいなと思ったら、それが実現してきました。中目黒の古書店ギャラリー、高円寺の隠れ家ギャラリー、世田谷キャロットタワー、恵比寿の駅前ギャラリー、渋谷パルコ、百貨店……。今は、自宅で個展をしたいと思うようになりました。皆さんの希望が「ゆっくり本と向かい合いたい」だからです。限られた日時に遠い場所で有料でのオープンなので、そんなに人は来られないと思います。来られる方が楽しんでもらえればそれで充分です。テレビ局の撮影部隊が入ったら床が抜けそうになった小さな家です。今回は古書店のような接客をするつもりです。静かに見てほしいのでこちらから説明はしません。話しかけられれば答えます。撮影は建物外観から豆本の中まで不可です。もし万一混雑するようならお待ちいただく場合もあります。ご不便はあるかと思いますが、お待ちしています。

DM DM

開催場所の詳細は下のpdfファイルをご覧下さい。
個展ご案内pdf(表)
個展ご案内pdf(裏)
上のファイルは重いです。ちょっと汚くても早くダウンロードできるのはこちら↓
個展ご案内pdf(表)161KB
個展ご案内pdf(裏)80KB


ギャラリーびー玉「豆本と小さな本展」に出品しました。
2013年4月2日〜12日

火〜土   12:30〜19:30
日・最終    12:30〜17:00
    *8日月曜休み
『赤い鳥』1号2号、製本の本を販売します。

〒530-0038 大阪市北区紅梅町2−6
昭和ビル206号室
電話06−6881−2818


New Year Greetings展 に出品します。
会期:2013年1月11日(金)〜1月20日(日) ※1月15日(火)休み
会場:ギャラリーみずのそら 〒167-0042 東京都杉並区西荻北5-25-2
主催:New Year Greetings展 実行委員会

展示について
  数十人の新年挨拶状が、年始のみずのそらを埋め尽くします。
  例年の通り、手にとって見られる展示方法で会場構成がなされます。
  裏表の絵柄・デザインだけでなく、紙の感触や切手へのこだわりなども
  見に来てくださった方にお伝えしたいということと、
  手にとって眺めまわす、自宅で年賀状を見るときのような年始の楽しみを
  皆様に味わっていただければ、という趣旨によるものです。
  この時期、みずのそらの池には一部氷が張ったりもします。冬景色と共にお楽しみ下さい。
NYG展facebook

 

go_to_index 2012年 go_to_index



12/5〜25 豆本ツリー(東京堂書店神保町店3階)
東京堂書店の豆本コーナーに、今年も12月にツリーが立ちます。ツリーにぶらさがる豆本は全て販売品です。私も限定アイテムをこのために制作中です。5日から3階エスカレーター前で、お楽しみ下さい。

豆本ツリーのために、こんなフライヤーを作ってみました。
豆本ツリーフライヤー
シャイナーというキラ入りの紙にカラーコピーしてみたら、雰囲気が出ました。
ここにpdfデータを置いておくので、作って遊んでみて下さい。

豆本ツリー 小さいフライヤー(A4縦)
http://kototsubo.com/2012/mametree2012.pdf

豆本ツリー 大きいフライヤー(A4横)
http://kototsubo.com/2012/mametree2012b.pdf

ちょっとした作り方のコツはブログ記事をご覧下さい。


この豆本の作り方教えますこの豆本の作り方教えます 世田谷アートフリマin文学館 11/3(土祝)11:00〜17:00
生誕130年記念「齋藤茂吉と『楡家の人びと』」展開催中。「昆虫図鑑」と Flag Book「とよはたぐも」を30分前後で、フリマ特別価格で作ります。来場時に随時受付の予定。お子様OK。著書本や作品の販売もあります。ワークショップ詳細




2012/10/7 豆本フェスタ3(浅草橋)「言壺」で参加します >>公式サイト

言壺販売品リスト 作品詳細はこちらから
『MAHO NIKKI』、『For You』特装版(残少)、『Twinkle, Little Star』、『恋ぞ積もりて』、『寒中見舞』、『手紙』特別セット、『Rainbow』、『Please Open』(残少)、『Book and Sweets』(残少)、『夏から春へ』、『小人さん』(残少)、『Finding Light, Keeping Light』、『Letterpress, Lighthouse』、『カタログレゾネ』革バンド装、『カタログレゾネ』未綴じ、『第一の手紙』、『第二の手紙』、『第三の手紙』、『Asterisk』(残少)、『そのまま豆本』、『豆本づくりのいろは』、『手づくり製本の本』


2012/9/19〜10/9 1 BOX ART展「ありがとう」西武百貨店池袋本店
 参加一覧 さまざまなアーティスト80人が、約20〜30cmの一箱の中に、「ありがとう」を表現します。
 私のボックスは、期間中、西武百貨店池袋本店クラブオンゲート(地下1階・日比谷花壇のある出入口)に展示されます。

「ありがとう」は、窓。
私の心に開いた窓。
窓の外に出たら、あなたは待っていてくれるのかな。あなたの心の窓は、開いているのかな。
あなたに伝えたい、ありがとう。どうやって伝えよう?
手づくりの小さな本やカードなら、宛名を書くだけで、さりげなく気持ちを込められそう。

使用素材 和紙に活版印刷、革、麻糸など


 

『そっと豆本、ふわっと活版』【好評につき来年も開催予定】
赤井都、Bird Design Letterpress 協力:活版工房
会期 2012年9月6日(木)〜12日(水)10:00〜20:00、最終日のみ18:00閉場
会場 三省堂書店 神保町本店 1階正面入口側エレベータホール(地下鉄神保町駅A7出口より徒歩3分)
sanseido
クリックで印刷用pdfが開きます。


新しい活版インキを少しずつ、
私たちの生まれる前に作られた古い鉄の機械の上に広げて、
一枚ずつ丁寧に印刷した紙。
その紙を使って、手で作った小さな本。
ふわっと優しい紙の手触りと、つややかなインキと、
そのページを指先でそっとめくる楽しみと。

活版印刷をご存知でしょうか。
活字を組んで、その上にインキを塗って、一枚ずつガチャンガチャンと刷る懐かしい活版印刷術は、近年、若いデザイナーたちから再発見され、脚光を浴びている表現技法でもあります。
活版を使って豆本を作り、日本人初の国際ミニチュアブックのグランプリを受賞した赤井都の豆本が三省堂に初登場します。小さくてかわいくて、深みのある小さな本の世界に、はまってみませんか。プレゼントにも最適です。
レタープレススタジオのBird Design Letterpressも連日来場し、活版の名刺を作りたい方のオーダー、ご相談をお待ちしております。
お手軽に手書きで書き入れて使える名刺サイズのコールミーカードや、活版ぽち袋など、ちょっとした場面で使える活版小物も活版工房の協力で取り揃えました。

【販売品例】
活版豆本、小型本(500円〜30,000円)
活版一筆箋、活版ぽち袋など(280円〜)
活版名刺オーダー(6,300円〜)

【実演】
豆本制作

■Bird Design Letterpress  http://birddesignletterpress.com
2009年 Bird Design として独立、ウェブや印刷物のデザインと共に活版印刷名刺のデザインも始める。
2010年 活版印刷機を地元の印刷会社様から受け継ぎ、印刷まで行うこととなる。
2011年 Bird Design Letterpressのウェブサイトを開設し、メールでの活版名刺オーダーを始める。
Bird Design Letterpress は、Bird Design の活版印刷部門であり、デザイナーと印刷関連技術者によるレタープレススタジオです。
デザインの自由度が高く比較的深いへこみが得られるディープレリーフタイプの樹脂凸版、及び、伝統的な鉛活字を用いた活版印刷を行っています。
活版印刷は一色ずつしか印刷できず、手間も時間もかかり制限も多い印刷技術なのですが、それでも活版印刷された名刺はとても格調高くこれからも提供する価値のあるものだと考えています。
厚く柔らかい紙に、軽くへこんだ文字のエッジに残る光の陰影は美しく、その一枚一枚の名刺に重みを感じています。

【主催】
言壺 http://kototsubo.com/
言壺は、赤井都が企画・制作・販売する本や紙製品の版元名です。

【協力】
活版工房 http://kappankoubou.com/
活版工房は、老舗の活字店と印刷所・若手デザイナーたちが協力連携しあって、活字文化を伝える印刷ワークショップや、オリジナルの活版ステーショナリーの制作販売などの活動を、2006年10月から定期的に開催しています。

sanseido
第7回東京製本倶楽部展「本をめぐる話」
7月10日(火)〜7月16日 (月)10:00-18:00
(10日は14:00から。16日は17:00まで)
目黒区美術館 区民ギャラリー(153-0064  東京都目黒区目黒2-4-36)
出品しました。ご来場ありがとうございました。

会期中のイベント
  7月14日(土)14:00-15:00 ギャラリートーク「冊子の初期の形」講師:河本洋一氏
7月16日(月)14:00-16:00 ギャラリートーク「帳簿製本の構造と世界」
第7回東京製本倶楽部展

Pretty Small展
開催期間:2012年7月24日(火)〜8月12日(日)
開催場所:渋谷区猿楽町4-3-1F Junie Moon
ブライスドールを専門に扱うショップ「代官山Junie Moon」
ドールハウスやミニチュア小物、ぬいぐるみ、カスタムドールなど、小さな雑貨を集めた販売に参加します。詳細はリンク先をご覧下さい。

レジンと貝殻と活字
Akaitori

Cyg art galleryの企画展「ZINE STOP tohoku」
東北出身の書家・佐佐木實さんと作った豆本「手紙」シリーズを出品します。
売上の2割は、地元の民間有志による復興支援団体いわてゆいっこ盛岡に寄付します。
2012年2012年5月1日(火)〜6月3日(日)
  11:00〜20:00/会期中無休
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸16-16 大手先ビル2F

       ZINEは本の形式を使用した自己表現の方法の一つ。
誰でも気軽に始められ、突き詰めればどこまでも深いZINEの可能性に期待し、Cygでは「ZINE STOP tohoku」を開催します。
東北6県にゆかりのあることを条件とした募集の結果、150冊以上の展示、販売が可能となりました。
イラストレーション、絵画、ドローイング、写真、マンガ、コラージュ、文章など、様々な表現が集まりました。
これは東北にゆかりある様々な表現者を俯瞰的に見ることができる絶好のチャンスともいえます。
出品されたZINEを掲載した公式カタログも発行予定です。
DIYならではの熱のこもったZINEをぜひ手に取ってご覧ください。

「ZINE STOP tohoku」は盛岡のブックイベント「モリブロ」の街かどイベントです。会期中は盛岡で様々なイベントが企画されています。


ギャラリーびー玉の企画展「豆本と小さな本」展
書籍3種『豆本作りのいろは』『そのまま豆本』『手づくり製本の本 こだわりの作家もの+作り方』と、
豆本を出品します。出品する豆本は、一点ものの三角折本と、カタログレゾネ、『Finding Light, Keeping Light』『小人さん』『Asterisk』。

2012年4月3日(火)〜4月13日(金)
  火〜土   12:30〜19:30
    日・最終    12:30〜18:00
    *9日月曜休み
   豆本と小さなサイズの本、製本の本などを展示即売します。

〒530-0038 大阪市北区紅梅町2−6
昭和ビル206号室
電話06−6881−2818

渋谷パルコ・ロゴスギャラリーにて「てづくり豆本展」
2012年3月23日(金)〜4月4日(水)10〜21時(最終日のみ17時まで) 豆本のグループ展とワークショップ
詳細はこちらをご覧下さい
赤井都の予定

この豆本の作り方教えます ▲三角折本のワークショップ 5000円
3月24日(土)14:00〜16:00
3月31日(土)17:00〜19:00
お問い合わせ・お申込みはロゴスギャラリーへお願いします。
□実演 入場無料
3月24日(土)10:00〜14:00
29日(木)16:00〜21:00
31日(土)16:00〜17:00、19:00〜21:00
exbition
ヒロイヨミ社による巡回展「活版とことば」展に、活版と木版挿画入の和綴じ本『夏から春へ』を出品します。
・2011年12月6日(火)〜11日(日) 高円寺・書肆サイコロにて
・2012年1月16日(月)〜31日(火) 京都・恵文社一乗寺店内の一角にて
exbition exbition
・2012年3月13日(火)〜25日(日) 19休
言事堂 〒900-0031 沖縄県那覇市若狭3-7-25 TEL/FAX 098-864-0315

フランス・マルセイユでの巡回会に『Letters』を出品します。
先に出品した『For You特装版』と『Please Open』はアトリエビザビのコレクションに入りました。 COMPTOIR INTERNATIONAL DU LIVRE D'ARTISTE & DE L'EDITION DE CREATION
期間:2012年3月13日〜3月31日
場所:PARADIGME  41 rue Clovis Hugues- 13003- Marseille
Open: 木曜〜土曜 14H〜18H & 他の日はお電話での受付でOpen

New Year Greetings展 ・年賀状を出品しました。

会期:2012年1月7日(土)〜1月15日(日)
会場:ギャラリーみずのそら 〒167-0042 東京都杉並区西荻北5-25-2
   企画・会場構成:ananas press(山元伸子+都筑晶絵)/CATALYZE DESIGN(山下桂樹)

 こんなグリーティングカードを刷りました。

 「龍」にちなんだオリジナル一行詩です。12月31日に活字を組んで刷っていました。夏ごろに、樹脂版のドライポイントを活版印刷機で雁皮紙に刷ったものがありましたので、それも使いました。土台の紙はBird Designさんから教えてもらったクメールの手漉きの紙です。このグリーティングカードは1月7日からの、西荻窪のギャラリーみずのそらでの「New Year Greetings」展に展示しました。

2011年12月29日〜2012年1月4日 東武百貨店池袋店「日本の職人展」実演販売
8階催事場「小さいモノ特集」豆本コーナー
赤井都来場日:12月29日(終日実演)、1月2日(午前実演)たくさんのご来場、ありがとうございました。
03-3981-2211(代)
exbition exbition

 

go_to_index 2011年 go_to_index


活版工房による『活版工房雑貨店』vol.4 今年も東向島珈琲店 Pua manaで開催。
12月5日〜15日はお店がお休みなのでご注意下さい。8:30−20:00(水曜定休)東武曳舟駅下車徒歩3分です。人気のぽち袋やグリーティングカード、栞、便箋、ラベルなど、活版雑貨のとりどりがあります。
言壺出品物: 活字とゴム版九版のオリジナル額装「小人さん」2000円、木版と活字の和綴じ挿画本『夏から春へ』2000円、活字豆本『Rainbow』7777円、タグ・ライトキーパー500円、活字豆本『My Secret』300円
exbition

2011年12月6日〜25日 豆本ツリー 東京堂書店本店3階にて
「メトロポリターナ」取材中に作った布装上製豆本(中身は活版印刷)と、三角折本(楽譜と押花)(萩原朔太郎)を販売。
 >>開催のようす

ヒロイヨミ社による巡回展「活版とことば」展に、活版と木版挿画入の和綴じ本『夏から春へ』を出品します。
・12月6日(火)〜11日(日) 高円寺・書肆サイコロにて
・1月16日(月)〜31日(火) 京都・恵文社一乗寺店内の一角にて
exbition exbition

2011年12月3日(土)活版工房による『活版工房喫茶室』vol.4 今年も東向島珈琲店 Pua manaでお待ちしています。
12:00〜17:00(出入り自由) 参加費:1000円(活版印刷のグリーティングカード+エンボス体験付き)予約不要
★作品販売 12/3直参 12/4,12/16〜年末まで店内で展示委託販売(例年入口付近でしたが、今年は奥へ上がる階段の途中のガラスケースのあたりを予定) 12/5〜15お店はお休みです。喫茶店のため、入店の際はオーダーをお願いします。(どのメニューも絶品です)  exbition

2011年11月3日(祝)世田谷アートフリマinセタブンで、ワークショップと作品販売をします。

exbition exbition 第14回マルセイユブックフェアー「ブックプロジェクトインターナショナル」
作品招待され、『Please Open』『For You特装版』が主催者のFilacコレクションに買い上げられました。
会期:2011年10月15日〜16日 10〜19時 開催場所:クール デチエンヌ ドルヴ マルセイユ(フランス)Cours d’Etienne d’Orve, Marseille France 
画像をクリックするとpdfの案内状が開きます。
マルセイユブックプロジェクトとは… 「ブック プロジェクト インターナショナル」は1997年に始まったフランスのマルセイユで毎秋行われている国際ブックフェアです。毎年フランス、ロシア、ポーランド、イギリス、スイス、日本、イタリア、ニュージーランドなど世界中から60近くの出版社やアーティスト/パブリッシャーが出品し、約7000人が訪れています。アーティストが手作り(プリントアウト、製本、版画、ガラス、木など)でつくった限定本、アーティストブック 、オブジェ本、立体絵本、写真集、版画集、詩集などが出品されます。2011年の招待国は日本です。
言壺の招待作品:『Please Open』『手紙』『For You特装版』


第一回豆本のつどい
会期:2011年10月10日
開催場所:横浜開港記念会館
主催:日本豆本協会
参加しました。(予約満席です)


かまくらブックフェスタ
会期:2011年9月23、24日
開催場所:神奈川県鎌倉市大町1-16-19 KAYA gallery+studio(鎌倉駅から徒歩5分。妙本寺の山門の中です。)
独自のポリシーをもって本や活字やことばの活動をする出版社(者)や書店などが集まって、自慢の本を販売します。 言壺出品作品:『夏から春へ』(作品委託)


机上の灯台 机上の灯台 ←クリックで拡大
机上の灯台 2011.9.3〜11

GALLERYみずのそら
東京都杉並区西荻北5-25-2 Tel/fax: 03-3390-7590
http://www.mizunosora.com

OPEN 12:00〜19:00
9/3(土)赤井都在廊を予定
9/4(日)赤井都在廊を予定・13時〜カフェで「三角折り本を作る」ワークショップをします
9/7(水)9/8(木) 9/9(金)open。月火は定休日です。期間中いつでも、カフェで 灯台をイメージしたおやつが楽しめます。
9/10(土)カフェでは、おやつのほか、お食事(数量限定)もできます。19時〜有料イベント「岬ノオト」が開催されます。
9/11(日)赤井都在廊予定。カフェでは、おやつのほか、お食事(数量限定)もできます。最終日は18時closeとなります。

出品
赤井都(豆本)新作『Rainbow』ほか2種を予定
阿部真弓(版画)
尾田美樹(タブロー)
山羊の木(橋目侑季・石川美南)/海岸印刷(短歌)
山元伸子(冊子)

◎赤井都による豆本ワークショップ
手のひらサイズの、三角形のアコーディオン折り本を作ります。
《日時》9月4日(日)13時〜15時(受付12時45分〜)
《参加費》5000円(2冊作れてかき氷つき)

◎「岬ノオト」
言葉(短歌、灯台にまつわる文章etc.)と音が紡ぎだす、岬の静かな時間。
《出演》言葉:石川美南(山羊の木)/音:津田貴司
《日時》9月10日(土)開演19時〜(受付18時30分〜)
《入場料》1500円

*いずれも、詳しくはみずのそらHPをご覧ください
*なるべく事前にご予約ください(当日参加も歓迎いたします)
 ご予約はみずのそらまで gallery@mizunosora.com(@を半角にして送信)

◎期間中、カフェにて大塩あゆ美によるおやつが楽しめます。
9月10日(土)、11日(日)はあゆみ食堂11時半オープン。(なくなり次第終了)
*詳しくはみずのそらHPをご覧ください


てづくり豆本展
【ご来場ありがとうございました】2011/06/07〜06/15 てづくり豆本展 パネル展示、作品展示販売  Gallery SER 10:00-19:00 ※日曜休み アクセス:渋谷駅より徒歩6分。渋谷駅東口を出て歩道橋を渡り、六本木通り沿いにまっすぐ進んで下さい。〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-5 HAKKAビル4FTEL:03-5468-3618
出品予定:『第一の手紙』1600円/『第二の手紙』1800円/『第三の手紙』1800円/『手紙』特別セット12000円/『Please Open』2700円/『For You』特装版18000円/『夜の林』16000円/『クレナイヨモギと二人の夜』製本キット1700円/『豆本づくりのいろは』サイン入・おまけ豆本付き特別セット1800円/『そのまま豆本』サイン入・おまけ豆本付き特別セット1600円/豆本がちゃぽん出張版『My Secret』ランダム100円


2011/05/28〜29 活版アートのチカラ展に参加します。第二会場・活版工房ブース内に出品します。アクセス:会場は、秋葉原と御徒町の中間にある鳥越周辺です。第1〜第3会場に分かれて開催します。【好評終了】
kappan-art

【たくさんのご来場ありがとうございました】会場のようす 2011年4月27日(水)〜28日(金)第35回2011日本ホビーショー入場料1000円 東京国際展示場(東京ビッグサイト)東1〜3ホール「とじ郎倶楽部」ブースNo.10スペース(10:00〜17:00)「現代日本豆本作家展」(チラシの折り方はこちら)で出品販売、ワークショップをします。☆ジェニーコーナーにも豆本登場予定☆「活字倶楽部」ニュースなページに掲載されました。
hobbyshowWS
豆本ワークショップ事前受付 席の半数は事前予約可能です→各講師にお申込み下さい。26日夜9時まで。
席の半数は会場で受付をします。開場時から予約スタートです。ブースNo.10においで下さい。
赤井都担当分:受付はこちらから
4/27「豆本の中身を作る」(1時間でハードカバー豆本が一冊完成 参加費3000円)10:30-11:30, 12:00-13:00
4/28「豆本の表紙を作る」(1時間でハードカバー豆本が一冊完成 参加費3000円)13:30-14:30, 15:00-16:00
4/29「紙で作る豆本たち」(30分で豆本が一冊完成 参加費1500円)14:30-15:00(『そのまま豆本』より継表紙風豆本を作る),15:30-16:30(『そのまま豆本』より7mmサイズの豆本を作る)

他の講師のクラスをみる→日本豆本協会blogのWS紹介ページからどうぞ

ワークショップの他にも、展示販売を行います! 豆本制作工程展示(田中栞、赤井都)、豆本展示(52作家一覧)、豆本販売(赤井都出品は、『MAHO NIKKI』『Please Open』「クレナイヨモギと二人の夜 製本キット」『豆本づくりのいろは』『そのまま豆本』を予定しています)

【好評終了】2011年3月1日(火)〜4月10日(日)「雛とミニチュアのお道具展」思文閣美術館10-17時(月曜日休館[但し3/21(月)は開館、翌3/22(火)休館]入館料700〜200円 京都市左京区)に豆本がちゃぽん出張版で参加【3/20完売】。


【好評終了】「ブックマークナゴヤ2011」参加店企画「豆本」フェア 委託販売:2011年3月19日(土)〜4月10日(日)オーガニックカフェ・ギャラリー空色曲玉(名古屋市中区新栄3-16-21 )サイン入・おまけ付特別セット『豆本づくりのいろは』『そのまま豆本』、『手紙』シリーズ、『Please Open』、『寒中見舞』を展示販売。他に展示予定ありnew:4月5日(火)〜10日(日)「めくるめく本の世界 〜豆本、立ち飲み、花電車??」展10:00-17:00 文化のみち橦木館1階和室(名古屋市東区橦木町2-18) 料金:無料ただし要入館料(200円)大正モダンの歴史的建造物・橦木館に、豆本を展示します。『豆本MAHO-NIKKIができるまで』『豆本づくりのいろは作例』『豆本づくりのいろは色稿』『そのまま豆本作例』『そのまま豆本ができるまで』など、きれいな豆本の展示とその制作プロセスがわかる展示を予定しています。在廊なし。6日(水)11:00〜/14:00〜田中栞さんトークイベントがあります。


【好評終了】2011年3月29日(火)〜4月8日(金)「豆本と小さな本展」ギャラリーびー玉(営業:火から金13:00〜20:00 土・日・最終13:00〜18:00 大阪市北区)河出書籍『そのまま豆本』『豆本づくりのいろは』(サイン入)の販売や本掲載の豆本『手紙』シリーズ、『寒中見舞』や新作『Please Open』の販売など。


new2011年3月19日(土)11:00〜16:00 日本豆本協会設立記念/第1回「豆本の集い」会場:横浜開港記念会館・中止


【終了】2011年2月9日(水)〜23日(水)第4回アソシエイト展inハウステンボス9:00〜21:30(無休)パレスハウステンボス内ハウステンボス美術館 展示室フロア(長崎県佐世保市)に出品します。イベント詳細はふくまめプロジェクトサイトへ
赤井都出品販売は、押花とのコラボ豆本新作(協力:ふしぎな花倶楽部)、『手紙』シリーズ既刊などです。出品作一覧

new2011年1月26日(水)〜29日(土)上野の森美術館での「押花芸術展」(主催:ちさと押花倶楽部、入場料500円)に、小さなガラスケースで豆本新作を展示しました。>>展示のようす 豆本は押し花とのコラボレーションになる新作です。ヴォーグ学園東京校(市ヶ谷)で4月から始まる豆本教室の案内チラシも置いてあります。

New Year Greetings 展 2011
2011年1月8日(土)〜1月15日(土)
12時〜19時 最終日は18時まで
会場=ギャラリーみずのそら
東京都杉並区西荻北5-25-2
Tel/Fax:03-3390-7590
昨年に引き続き、年賀状展が多くの参加者で今年も開催されます。
活版、グラフィックデザイン、写真、イラストレーション、 版画、製本、カリグラフィー……
さまざまな分野で活動している方々から送っていただいた年賀状を展示します。
それぞれの思いで作られた年賀状の一枚一枚を、見て触って、お楽しみください。

赤井都 / 浅井陽子 / あちらべ / atsumi / Anna Gleeson / あべちほ / 阿部真弓 / イイダ傘店 / 伊香英恵(A.A.E.textiles)/ 石曽根昭仁 / 伊藤絵里子 / 稲垣早苗 / 井上沙紀 / 井上陽子 /イマジョウデザイン/ 入澤花絵 / 岩瀬敬美 / UZ DESIGN FACTORY / 大浦美和 / 大塩あゆ美 / 大沼ショージ / 尾形かなみ / 小熊千佳子 / 尾田美樹 / 尾柳佳枝 / 海岸印刷 / 角田光正 / 株式会社 真映社 / 蒲田美佐子 / 亀井研二 / KAYU / 川口伊代 / 川島康太郎 / 川島雄太郎 / 川手眞理 / 川部重臣 / 神田亜美 / 菊地和広(バックヤード)/ 北村範史 / 九ポ堂 /guse ars/ 熊谷聖司 / Kumiko Hitomi[HI company Ltd.] / 小関祥子 / Kotoko KANETA / コトホギデザイン 池上直樹 / 小林和人(Rounda bout/OUTBOUND)/ ごぼうデザイン事務所 / 坂本千明 / 佐藤未南子 / 佐藤礼子(リュース オ ボウ)/ 三戸美奈子 / 島谷美紗子 / しゅんしゅん / 菅原広夢 / STORE / 瀬戸直 / 武井実子 / 巽紀子 /charmy(小池雅美)/ 創る和紙職人ハタノワタル / 都筑晶絵 / Zwillinge / ツバメ活版堂 / 富田惠子 / トランクデザイン 堀内康広 / 内藤雅光 / 中澤季絵 / 長沢暁 / 中田真央 / 中村綾緒 / 西本良太・葉田いづみ / 二宮郁子 /knoten/ 芳賀八恵 / ハナブサプレス 両見英世 / fancomi / FALL・三品輝起 / 福室みずほ / ふじくらみほ / 史緒 / フルタヨウコ / 文京れんげ社(宇佐美智子/大木陽子)/ BEKA / 宝珠光寿 / 星幸恵 / 本の島 絵はがき部 / 正成美雪 / 益永梢子 / 松永かのw) / 松本亜季 / 丸山佐知子(Blackchrom)/ 萬田康文(Monday Books)/ 宮川麻紀 / みやしたゆみ / 宮島信太郎 / 村橋貴博 / megropress / 百田智行 / 森岡書店 / 森田千晶 / 森雅代 / 山下桂樹(CATALYZE DESIGN)/ 山田理加 / 山之口正和 / 山元伸子(ヒロイヨミ社)/ 有限会社コスモテック / 吉田昌平 / 米谷明香 / 龍骨堂 伊東久美 / Little Hello / リン版画工房 / LUFTKATZE / 和田祐子 / and more......


 

go_to_index 2010年 go_to_index


豆本販売店豆本販売店活版豆本201012新作asterisk new豆本ツリー
 2010年12月4日(土)〜25日(土) 東京堂書店ふくろう店に、今年も豆本がぶらさがったツリーが立っています。私の豆本も6日夕方からぶらさがっています。豆本は販売品です。

new豆本がちゃぽん第20集」
活版豆本新作『アスタリスク』で参加しています。12/13〜東京堂書店ふくろう店 12/13〜東向島珈琲店 12/13〜有隣堂厚木店地下フロア 完売次第終了

button活版工房雑貨店
☆12/3〜27東向島珈琲店8:30-20:00(水曜定休) オリジナルショートストーリー豆本『第一の手紙』など(1600円〜,三木弘志(弘陽)による活版印刷)や『豆本づくりのいろは』『そのまま豆本』を委託販売しています。
☆12/11(土)12:00-17:30は貸切イベント活版工房喫茶室[活版コミュニケーション] 東向島珈琲店、スパイスカフェの二会場で開催、神戸にケーブルTVでつながります。東京カリ〜番長+スパイスカフェのあいがけカレーとドリンク、印刷体験・名刺交換、和紙無料サンプルや活版印刷物販売 カレー・ドリンク付参加費1500円(予約ほぼ満員) ドリンク付参加費1000円(要予約)予約や受付状況などは活版工房へ (赤井都は12/11東向島珈琲店で終日売り子)
button「豆本がちゃぽん出張版・言壺活版豆本をがちゃがちゃ機械で販売(12/3〜12、東向島珈琲店にて、一回100円)。13日からは「豆本がちゃぽん第20集」が入ります。通販やります。ショッピングカート

button2010/11/20シブヤ大学で継表紙の豆本を作りました。(申し込み多数につき抽選)
シブヤ大学授業
>>作っているようすby言壺ブログ

豆本 button小春日和の2010/11/3(水・祝)世田谷アートフリマin世田谷文学館で販売と『そのまま豆本』ティーバッグのワークショップと豆本販売をしました。

>>作っているようすby言壺ブログ

up2010/10/21, 2010/11/6, 2010/11/27箔押しワークショップ
>>作っているようすby言壺ブログ 11/6
>>作っているようすby言壺ブログ 11/6
>>作っているようすby言壺ブログ 11/27


豆本 button台風が来てしましたが屋内にて終了。2010/10/30(土)第二回ふるほん日和 墨田区向島「鳩の街通り商店街」「はとホット広場」周辺で、古本と手作り雑貨のフリーマーケットがあります。「東向島珈琲店」の出店の中に、豆本少々と河出本、混じらせてもらいました。


button豆本カーニバル10/11盛況終了ありがとうございました。


豆本の作り方手作り豆本キット集 豆本カーニバル大盛況にて終了しました。おいでいただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。 展示・出品・ワークショップをしました。
赤井都の新刊『そのまま豆本』(河出書房新社より9月16日発売)を使って、豆本を組み立てます。初心者歓迎! 切って折って糸で綴じて、1時間で豆本を作りましょう。
「そのまま豆本ワークショップ」■2010/10/11(月祝)・本の街神田の東京古書会館豆本カーニバル会場内 

長崎メトロ書店と、福岡「こまかと屋」■好評終了2010/9/25(土)長崎, 9/26(日)福岡 新刊を使った初心者向け「そのまま豆本ワークショップ」と、ステップアップできる継表紙・革表紙豆本作りワークショップを行います。>>ふくまめプロジェクトイベントレポ >>作っているようすby言壺ブログ

ご来場ありがとうございました●6/12(土)開催11:00〜16:00 オリジナル豆本の展示即売会豆本フェスタ2(浅草橋・東京卸商センター>>access 東京都台東区柳橋2-1-9/都営浅草線「浅草橋駅」6番出口徒歩3分/JR総武線「浅草橋駅」東口徒歩5分)入場にはパンフレット代(700円)がかかります。
豆本フェスタ2010/6/12開催豆本が出てくるがちゃぽんあります!

●出品販売ブース(91番 赤井都・言壺販売品一覧,92番 河出書房新社)
●豆本がちゃぽん出張
●WS【満席】

 たくさんのご来場ありがとうございました。大変盛況に終了しました。いろいろ売れたので、通販ショッピングカートの数を更新しました。

春のイベント たくさんのご来場ありがとうございました
●5/2-5 活版凸凹フェスタ2010日展会館2F(上野の森) 弘陽ブース内に活版豆本出品予定(在廊していません)


●4/24,25 世田谷アートフリマvol.13三軒茶屋キャロットタワー3F ワークショップと展示販売を予定(2日間ともずっと在廊)

●4/6〜16 豆本と小さな本展ギャラリーびー玉(大阪市北区紅梅町2-6昭和ビル206)『豆本づくりのいろは』と、いろはを見て作る革キット・和紙キット、作例の豆本を展示販売


●3/21〜28 福岡の手作り豆本展「ふくまめ3」会場:博多will(JR博多駅横・福岡交通センター5F)『豆本づくりのいろは』と、いろはを見て作る革キット・和紙キットを販売


たくさんのご来場、ありがとうございました。会場風景はふくまめブログ

■豆本づくりのいろは展「古書といる豆本」2010年3月15日(月)〜20日(土)茅場町駅より徒歩2分 森岡書店>>個展情報や地図を印刷する(pdf)

たくさんのご来場、ありがとうございました。会場風景はこちら
豆本づくりのいろは展
写真協力 小泉佳春

3月17日(水)20:00〜21: 00
豆本朗読会 1500円
予約受付開始
朗読 栗田ひづる

著者と編集者のトークあり。入場券がわりのプレゼントを計画中。
会場:森岡書店
address 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第2井上ビル305号
tel 03-3249-3456
http://www.moriokashoten.com
地下鉄東西線、日比谷線茅場町駅下車3番出口。永代通りを霊岸橋に向かい橋の手前を右へ。古い戦前のビル3階

豆本づくりのいろは展 豆本づくりのいろは展

豪華豆本(特装版)を全て展示するのは、ここだけです。
戦前の古い建物の一室である、静謐なギャラリー&古書空間。
小泉佳春の写真協力により、『豆本づくりのいろは』の生写真が飾られます。
写真と同じ、古書と豆本の絡みを再現します(森岡書店が撮影場所でした)。
さらに、MAHO NIKKIのプロセスも展示。
だいたいいつでも在廊しています。
スタンプラリーは大詰め。スタンプ2つの方、スタンプ3つの方に それぞれ小さなプレゼントを用意してお待ちしています!
●3月9日(火)10:00-10:13 TBSラジオ「日本全国8時です」で紹介されました
●2010年3月号『マンスリーとーぶ』「出会いはきっと、刺激的」「暮らしに華を添える」掲載
●1月28日(木)18:00-19:00 NHK千葉FMまるごと千葉60分「豆本で広がる世界」
活字倶楽部2010冬号ニュースなページに掲載されました

●3/6(土)13:00-14:30 三越前・小津和紙特別企画「和紙豆本作り」1500円 2/22午前10時より受付>>03-3662-1184
早い時点で、予約満席となりました。一折中綴じ(花布・クータなし)で作りました。
豆本づくりのいろは展

イベントレポート
会場のようす 一日目
二日目

■赤井都と手作り豆本図鑑「豆本づくりのいろは展 二日豆本市」2/20(土)・21(日)自由が丘駅より徒歩8分 Eckepunkt(エッケプンクト) workshopあり>>個展情報や地図を印刷する(pdf)
豆本づくりのいろは展

豆本づくりのいろは展  二日豆本市

赤井都と手作り豆本図鑑
2010/2/20(土)・21(日)

赤井都による『豆本づくりのいろは』の作例の展示販売と、
「手作り豆本図鑑」掲載作品の展示を行います。
掲載作者数名による対面販売があります。

会場:Eckepunkt(エッケプンクト)
address 〒158-0083 世田谷区奥沢7-13-13
tel 090-6181-1182
http://www.eckepunkt.com
東急東横線「自由が丘駅」徒歩8分 東急大井町線「九品仏駅」徒歩5分

豆本づくりのいろは展 豆本づくりのいろは展

二日豆本市
2/20(土)16:00〜20:00 2/21(日)11:00〜15:00
参加作者 赤井都、五十嵐彪太、小笠原麻子、木月禎子、武田若千、茶柱立太、蔦谷耕書堂ほか
☆豆本のミニマーケット。100種類以上の展示と販売。作者と会えます。

赤井都 ワークショップ
2/20(土)10:30〜12:30【予約満席】 2/21(日)16:00〜18:00【受付中】
「革表紙の豆ノートを作る」 参加費5000円
材料費込み・道具貸与 各回定員5名 予約はEckepunktへ
☆「一人でやるのはちょっと難しそう」という評判の、革表紙の豆本を作ります。ノリを使わず、かがりつけるだけなので、見た目難易度が高くても、作業は意外に簡単なんです。革の色は来た人から選べます。
豆本づくりのいろは展

 自由が丘経済新聞に取り上げられました!
 「Yahoo!ニュース」地域ニュース(東京)に取り上げられました!

イベントレポート
会場のようす こちら
ワークショップのようす 継ぎ表紙  夕焼け雲ノート

■赤井都個展「豆本づくりのいろは展 小さなワークスペース」1/15(金)〜2/6(土)日祝休 恵比寿駅より徒歩2分 Platform workshop同時開催>>個展情報や地図を印刷する(pdf)
豆本づくりのいろは展

豆本づくりのいろは展  小さなワークスペース

赤井都 個展
2010/1/15(金)〜2/6(土)

小さなデザイン室が、豆本空間になります。豆本『寒中見舞』などの
展示販売のほか、製作過程や道具を展示します。製本キットもあります。

個展会場:Platform
open 11:30〜19:30(日・祝休)
address 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-7-6陸中ビル1F
tel&fax 03-3446-5609
http://www.move-move.com/platform
JR恵比寿駅西口から徒歩2分。シノザキ不動産の右側の道を入り、まっすぐ進むと三菱東京UFJ銀行があり、通りを挟んだ斜め前。

豆本づくりのいろは展 豆本づくりのいろは展

赤井都 ワークショップ
和紙の『夕焼け雲ノート』を作る 1/30(土), 1/31(日)参加費4000円
継ぎ表紙の『これまでとこれからの物語』を作る 2/6(土), 2/7(日)参加費5000円
材料費込み・道具貸与 各回定員6名 予約はplatformへ

ワークショップ会場:MOVE Art Manegement 制作室
workshop 13:00〜15:30
address 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-14大黒ビル720
tel 03-5789-8218 fax 03-5789-8219
http://www.move-move.com/
入口は階段です。3階よりエレベーターで720号室へ


New Year Greetings展
2010年1月8日(金)〜1月17日(日) 12日(火)休み
会場=ギャラリー+カフェみずのそら
〒167-0042 東京都杉並区西荻北5-25-2
http://www.mizunosora.com/
企画=ananas press(山元伸子+都筑晶絵)
会場構成=山下桂樹




 

go_to_index 2009年 go_to_index


■豆本ツリー2009 東京堂書店神田本店3階

棚拡大中。販売品を豊富に取り揃え、『豆本づくりのいろは』作例も展示販売。キットもあります。
開催中「豆本ツリー2009」12月5日(土)〜12月25日
豆本がちゃぽんリバイバル特別バージョンがちゃがちゃ(完売)。
>>茶房高円寺書林による紹介記事


■活版工房雑貨店 11月22日(金)〜12月21日
東向島珈琲店Pua Mana 12月12日はカレー番長を迎えてのパーティ(御予約満席)



好評終了:地方紙2紙に記事掲載、 テレビ局1局で報道されました。
■佐佐木實作品展(盛岡)に、豆本も出ます
12月1日(火)〜6日(日) 10〜18時(最終日17時)
盛久ギャラリー 盛岡市中央通1-1-35 019-651-8421

(写真撮影 佐佐木實)


■豆本体験 12月5日(土)好評終了>>こんな豆本ができました
小津和紙 小津文化教室
『豆本づくりのいろは』作例の「その1 カード式豆本」を作ります。
小さなクリスマスカードづくり(1)12:30〜13:30(2)13:30〜14:20 1000円 お申し込み・お問い合わせは TEL:03-3662-1184 FAX:03-3663-9460(担当:中村)または直接小津和紙レジで

>>在廊予定 『水の手紙/空の余白』
【ご来場ありがとうございました】11月7日(土)〜11月29日(日)

12:00〜19:00(最終日〜18:00)月・火休 23日(祝)は営業
photo:YukiHashime
photo:YukiHashime
photo:YukiHashime
photo:YukiHashime

活版印刷の魅力に惹かれ、作品の一部に活字・活版を取り入れる作家が、少しずつ増えています。
本展示会では、活版を通じて知り合った5組7人が、豆本、手製本、版画、短歌など、それぞれのアプローチで、「文字」や「本」にまつわるファインプレス作品を展示します。
会場では、全員が参加するポストカードサイズの作品集(作品5枚、オリジナルケース入り)を、50部限定で販売。
カフェコーナーでは企画にちなみ、各自の作業部屋や本棚の一部を公開します。作品と見比べながら、お楽しみ下さい。
また、期間中に、赤井都による豆本ワークショップがあります(詳細は下記)。

     *

「水の手紙/空の余白」
  赤井都
  アナナプレス(山元伸子+都筑晶絵)
  阿部真弓
  尾田美樹
  山羊の木・海岸印刷(橋目侑季+石川美南)


GALLERY みずのそら
東京都杉並区西荻北5-25-2
tel/fax 03-3390-7590
http://www.mizunosora.com/


11/3(火・祝)群馬・地球屋でワークショップ 11:00〜好評終了 >>制作風景 お申し込み・お問い合わせは→TEL0279-20-5536 FAX0279-20-5537(地球屋・榛名)
10/31(土)〜11/8(日)地球屋榛名店で豆本フェア・豆本がちゃぽん出張版と豆本を販売
参加作家:赤井都(言壺)、五十嵐彪太(瓢箪堂)、武田若千(蓮月堂)、葉原あきよ(オレンジ宇宙工場)、小笠原麻子(ragdoll)、流川透明(ソラミミ)、quu(凱留狗工房)、九十九耕一(つくも堂まめ本舗)、木月禎子(山猫や)
豆本が出てくるがちゃぽんあります!



福岡の創作豆本展『豆本浪漫』〜第1章・旅立ちの扉と3つの鍵〜
会期 2009年10月23日〜26日
場所 ギャラリーセレスト(福岡市中央区大名)
小さな本から無限大に広がる可能性を感じてほしい。
そんな想いでふくまめプロジェクトが開催する創作豆本展です。 >>展示風景

第一高遠ブックフェスティバル参加
たくさんのご来場ありがとうございました●会期 2009年8月29,30日
会場 Tetsuro 396-1213長野県伊那市高遠町東高遠1444
協賛イベント「赤井都の豆本展と本にまつわる諸々のモノ」
川沿いの古民家で、赤井都の豆本と、活版工房雑貨店がこの日だけ開店。とっておきの紙モノ雑貨を見つけて下さい。在廊予定:29日16時くらい以降


●特別制作 川の豆本 6種
長野県高遠町の染色家の端布を使い、高遠をイメージした豆本を作りました。>>詳細
手製本の豆本展示販売 手製本の豆本展示販売

長辺約8cm、6種類(違う模様の布や紙もある、一点ものです)。制作数が少なく、柄がいろいろです。購入ご希望の方はお気軽にご連絡下さい。Tetsuro2009, 第一回高遠ブックフェスティバル出品作

短い期間でしたが、がちゃぽん目当てにお客さんがいらっしゃったりと、ありがとうございました。
豆本が出てくるがちゃぽんあります!
Armor's Pink Door
Armor's Pink Door合同展示会「豆本とブドウ店」参加 『手紙』シリーズと、がちゃぽんの販売があります。
期間 2009年9月11日(金)〜9月16日(水) 11:00〜20:00(最終日16:00まで)
場所 東京都豊島区長崎4-9-5 Armor's Pink Door  東京・東長崎にある、ハンドメイドの雑貨や洋服のセレクトショップ、ギャラリー、そしてフリーレンタルスペース。3つの顔を持つ不思議な空間


■Tetsuro2009 2009年7月17日〜26日 12時〜19時 396-1213長野県伊那市高遠町東高遠1444 TEL,FAX.0265-94-4535
■第一回高遠ブックフェスティバル 2009年8月29日10時〜18時, 30日10時〜16時 『赤井都の豆本展と本をとりまく諸々のモノ』 会場:Tetsuro 396-1213長野県伊那市高遠町東高遠1444 TEL,FAX.0265-94-4535 高遠ブックフェスティバル公式サイト


【『豆本とその周辺』展終了ありがとうございました!】>>最終日のようす >>オープン日のようす
4/30(木)〜6/14(日)「豆本とその周辺」展
 木〜日15:00〜22:00 高円寺Gallery Shopノラや 東京都杉並区高円寺南3-58-12 白川ビル1F(高円寺南側高架沿いを阿佐ヶ谷方面へ徒歩2分) tel/fax 03-5378-0774   赤井都在廊予定:4/30, 5/10, 5/21, 6/14など
★会期中、姉妹店Gallery Barノラやで初心者向け・2時間と少しでハードカバー豆本を作るワークショップ開催  5/6(水・祝)【好評終了>>WSのようす】  6/6(土)【好評終了>>WSのようす】   豆本作り+茶話会+プチ朗読  講師:赤井都 朗読:栗田ひづる  参加費5,000円(キット代込、道具貸与、要予約) 

豆本展
豆本作家・赤井都と、これまでコラボレートした作家たちの作品展。赤井都、海岸印刷、佐佐木實、関根朝子、ににむぎ(濱田映子)、三木弘志
赤井都作品展示:『籠込鳥』『雲捕獲記録』『はしきれ』『T-DOLL』『豆本十二ヵ月』『紳士のノート』『淑女のノート』『朝の土から拾う』『海潮音』+新作Makingなど
赤井都作品販売: 【新作】豆本『MAHO NIKKI + 90年後の交換日記』特装版、通常版(3万円)、『手紙』特別セット(1万2千円)、『第一の手紙』(1600円)、『第二の手紙』(1800円)、『第三の手紙』(1800円)、【新作】四六版『凪のゆくえ』(3000円)(未綴じ2000円)、【新作】スワロビーズ付豆本『お誕生日おめでとう』(500円)、『クレナイヨモギと二人の夜』製本キット(1700円)、【新作】『ビーズつき豆本キット』(1500円)
豆本展
活版フェスタ2009 【好評終了】5/2(土)〜11(月)活版凸凹フェスタ2009 13:00〜18:00(最終日は17:00まで) CCAAアートプラザ/ランプ坂ギャラリー 東京都新宿区四谷4―20 四谷ひろば(旧四谷第四小学校)A館
弘陽ブースに出品 【新作】豆本『MAHO NIKKI』通常版(3万円)、『手紙』特別セット(1万2千円)、『第一の手紙』(1600円)、『第二の手紙』(1800円)、『第三の手紙』(1800円)、【新作】四六版『凪のゆくえ』(3000円)(未綴じ2000円)>>開催風景


製本倶楽部展 【好評終了】4/29(水)〜5/6(水)東京製本倶楽部展「紙の技、本の技」>>会場のようす 目黒区美術館区民ギャラリー 出品 触れない展示『籠込鳥』『雲捕獲記録』『寒中見舞』 触れる展示『手紙』特別セット、『MAHO NIKKI + 90年後の交換日記』特装版、『MAHO NIKKI』通常版、『凪のゆくえ』未綴じ



4/25(土), 4/26(日)かんたん&たのしいビーズつき豆本
世田谷アートフリマ内イベントです。初心者向けワークショップ。小学校4年生から大人まで対象。
短いお話(印刷済。『お誕生日おめでとう』)をとじて、豆本を作りましょう。ビーズのしっぽをつけたり、デコシールを貼って遊びます。自分でオリジナル豆本を作ってみたい人にポイントミニレクチャー付。
三軒茶屋キャロットタワー3F
各日 12:00〜13:00、14:00〜15:00、16:00〜17:00 参加費 800円
対象年齢は、小学校4年生から大人まで。
4月25日、26日それぞれ当日、3階会場にて参加受付します!(アートフリマ開催前の予約なし)
setagaya


3/7(土)〜3/29(日)第2回ブックマーク名古屋 「豆本」 はじめまして展 -miniature book exhibition- in n.r.e.-plan(名古屋市中区大須3-42-6 ともしびアパート202号)参加


space461dm 赤井都の豆本展
2009年3月15日(日)〜3月22日(日)12:00〜18:00
(*15日のみ13:00〜18:00 会期中無休 最終日17:00)
赤井都の豆本ワークショップ
3月14日(土)13:00〜16:00,17:00〜20:00
3月15日(日)10:00〜13:00
開催のもようはこちら
■会場:広島県福山市芦田町上有地461 space461
■予約、問い合わせ先:084-958-2594(平田)
 


 

go_to_index 2008年 go_to_index


豆本ツリー始まりました。11/15-12/25

豆本ツリー2008 豆本ツリー2008 豆本ツリー2008 豆本ツリー2008 豆本ツリー2008 豆本ツリー2008
豆本ツリー >>hp
12/19朝日新聞朝刊(東京面)で紹介されました! 会期:2008年11月15日(土)〜12月25日(木)10:00〜20:00【好評終了】

場所:東京堂書店神田本店3階
入場料:無料
 豆本をぶらさげた豆本ツリーが、本の街神田に出現。豆本は14人の作家による創作豆本。気に入った豆本を、ツリーからはずして購入します。見本や作品・作者説明は、ギフトボックスのイメージで、ツリーの足元に並んでいます。本が好きな大人のための、クリスマスツリーです。言壺企画。
 赤井出品作
  『手紙』特別函入・リボン付ギフトパッケージ 12100円
  『第一の手紙』・リボン付ギフトパッケージ 1700円
  『第二の手紙』・リボン付ギフトパッケージ 1900円
  『第三の手紙』・リボン付ギフトパッケージ 1900円
  『第一の手紙』1600円(おまけ付あり。探して下さい)
  『第二の手紙』1800円(おまけ付あり。探して下さい)
  『第三の手紙』1800円(おまけ付あり。探して下さい)



「活版工房雑貨店 vol.2」 >>hp
活版工房雑貨店 vol.2活版工房雑貨店 vol.2活版工房雑貨店 vol.2
活版印刷を使った作品を展示販売します。季節のカード、ステーショナリー、豆本
参加作者:赤井都、海岸印刷、金子瞳美、東條メリー、三木弘志
会期:2008年11月22日(土)〜12月21日(日)【好評終了】
12月13日(土)15〜18時「活版工房喫茶室」には60人以上が集まる大盛況でした。


>>地図などをまとめてプリントアウト(pdf)

場所:東向島珈琲店 Pua mana
〒131-0032
東京都墨田区東向島1−34−7
TEL&FAX 03-3612-4178
(東武伊勢崎線 曳舟駅から徒歩5分)
地図:google map
営業時間:第1部 CAFE 8:00〜20:00(水曜日 定休 ※11月は休みなしでの営業です)
           第2部 BAR 20:00〜27:00(日・月曜日 定休日)
※20:00以降ご滞在のお客様はテーブルチャージ400円が別途かかります。
※メニューも1部と2部では変わります。
喫茶スペース:27席(喫煙席13席、禁煙席14席)

 赤井出品作
  『寒中見舞』通常版 15000円
  『手紙』特別函入 12100円
  『第一の手紙』1600円
  『第二の手紙』1800円
  『第三の手紙』1800円

12月13日(土)15〜18時「活版工房喫茶室」 参加費500円(1ドリンク、特製スイーツ付)
カフェを貸しきっての立食です。名刺をご持参下さい。プライベートやお仕事の交流に、お気軽にどうぞ。


第28回西荻ブックマーク 「超短編の世界」 >>hp
日時:2008年12月14日(日)16:30受付/17:00開演 19:00終了予定【好評終了】

場所:こけしや別館2F
入場料:1000円 定員100名
西荻で毎月一回開催の本のイベント、第28回は「超短編の世界」。前半は佐藤弓生トークショー、タカスギシンタロ、松本楽志による進行。後半は超短編朗読。赤井は自作朗読します。


物販あります
 『手紙』特別函入 12000円
 『第一の手紙』 1600円
 『第二の手紙』 1800円
 『第三の手紙』 1800円
 『寒中見舞』 15000円
 「本の手帳 第5号 豆本女子」 1000円


ふくまめプロジェクト豆本展「ひと箱豆本市」in BOOKUOKA 2008
ひと箱豆本市 ひと箱豆本市
>>レポートブログ
会期:2008年11月16日(日)〜11月24日(月・祝)11:00〜19:00 ※最終日は13:00まで【好評終了】

場所:紺屋2023(こんやにいまるにいさん)の1F『Konya cafe』福岡市中央区大名
入場料:無料
福岡の本のイベントBOOKUOKAの共催イベントです。20人の作家が「ひと箱」を使って、オリジナルの豆本作品を展示します。購入可能な作品もあります。妹分の「豆本ガチャポン」も登場。
 赤井出品作
  『寒中見舞』通常版 15000円
  『手紙』特別函入 12000円
  『第一の手紙』1600円
  『第二の手紙』1800円
  『第三の手紙』1800円
  『クレナイヨモギと二人の夜』製本済1700円
  『クレナイヨモギと二人の夜』キット1700円

 ワークショップ【既に満席】11/23 14:30-16:30
 トークショー「豆本の楽しみ」11/24 14:00-16:00警固教会【好評終了】


 豆本フェスタ 盛況終了 ありがとうございました。
『寒中見舞』特装版は、初日の朝一に大人買いされました。『手紙』特装版も完売。『寒中見舞』通常版も、下の写真から半分くらいになりました。トークショー、ワークショップも賑わいました。
 ■開催日 2008年10月12日(日)・13日(月、祝日)10:30〜18:00〈開場2時間前から行列ができたため時間を早めてオープンしました。2日間で約1000人の入場がありました。〉
 ■開催場所 東京古書会館 最寄り駅 東京メトロ「神保町」駅、JR「お茶の水」駅
 ■入場料 700円(パンフレット『豆本読本』代)

豆本フェスタ 豆本フェスタ
 10/12(日)
10:30-17:30 作品販売『寒中見舞』『クレナイヨモギと二人の夜』など 新刊も出ます(地下1F大ホール)
11:00-13:00 豆本作りワークショップ「洋本の豆本を作る」(2F)材料費込、道具貸与 参加費5000円【満席終了】
15:00-17:00 豆本トークショー「豆本女子」赤井都×nanakikae(7F)おまけいろいろつき入場券700円 【好評終了】
 13(月祝)
10:30-17:30 作品販売『寒中見舞』『クレナイヨモギと二人の夜』など(地下1F大ホール)
15:00-17:00 豆本作りワークショップ「洋本の豆本を作る」(2F)材料費込、道具貸与 参加費5000円【ほぼ満席終了】

ワークショップは、好評の『クレナイヨモギと二人の夜』オリジナルキットでハードカバーを作ります。>>前回WS世田谷のようす
今回の神保町でのワークショップ・トークショーのお申し込みは、豆本フェスタ実行委員会(田中栞mailまたはtel:045-431-1260)へお名前とご連絡先をお願いします。折り返し詳しいご案内を差し上げます。


5/31(土), 6/1(日)【満席抽選・好評終了>>開催のようす>>赤井ブログ】 世田谷文化生活情報センター生活工房「大人のものづくりワークショップ」
  「言葉をつづる 豆本作り」キャロットタワー4F 13時〜17時 3500円
   往復葉書で生活工房へ応募
活版凸凹フェスタ2008でこのチラシも配布しました


5/25(日)【和気藹々終了>>開催のようす朝日カルチャーセンター千葉で、豆本作りワークショップ公開講座
『豆本の楽しみ』    三井ガーデンホテル千葉 12時半〜15時    会員2500円 一般2800円 教材費1400円 043-227-0131


5/2(金)−12(月) 【たくさんのご来場どうもありがとうございました】 「活版凸凹フェスタ2008」 主催:朗文堂 アダナ・プレス倶楽部
  11:00−18:00(最終日は17:00まで)CCAAアートプラザ/ギャラリーランプ2・3
  東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば(旧四谷第四小学校)A館
  「弘陽」ブースより新作『寒中見舞 Greetings from Here』を出品します。組版や印刷したページを、期間中常時ご覧いただけます。
  さらに、特装版完成品を、赤井が在席している時にご覧いただけます。
   赤井在席予定: 5/4(日), 7(水), 12(月)

>>会場のようす


初心者でも豆本が作れます。

豆本の午後

■豆本作りワークショップ&茶話会(プチ朗読付)
■4月27日(日)13:00〜16:00

■材料費+講師料+フリードリンクと手作りおやつ+朗読
 (栗田ひづる友情出演)込 4500円
■定員12名【満席にて好評終了しました】
■御予約は、からお名前と人数をお知らせください。
■場所 ギャラリーバー<ノラや(個展会場=「ギャラリーショップノラや」から徒歩1分の高架下)

  Google高円寺豆本散策Map
  電話 03-3310-2020

豆本の午後 内容
13:00〜15:00赤井都豆本作りワークショップ
 赤井都オリジナルの豆本製本キットを使って、プラモデルのように本を組み立ててゆきます。初心者でも2時間で豆本ができます! ハードカバーの内側に何が入っているかがわかります。きれいに仕上げるコツも経験に基づき惜しみなく伝授。作業中溜息厳禁(部品が吹き飛びます)。作るのは、美しいスピンのついた、憧れの本格ハードカバー。本文紙はキラキラパール紙、中身はちょっとせつない恋愛超短編。
15:00〜16:00茶話会(〆はプチ朗読)
 豆本、豆本作り、コンテスト、聞きたいことは何でも聞いて。ワークショップの疲れを、ノラや特製おいしい手作りおやつと淹れたての飲み物が即効癒します。最後の15分には、栗田ひづるが友情出演。プロの生朗読が思い出作りに拍車をかける、豆本に浸る日曜午後の満足プラン。

■講師 赤井都 「にしおぎブックマーク」「世田谷生活工房」「アンダーグラウンド・ブックカフェ」豆本作りワークショップで好評だったキットを使います
■朗読 栗田ひづる ナレーター、声優(シグマセブン所属) TV、ラジオ、舞台等出演多数。赤井豆本を耳からも


3/11(火)〜16(日)三越千葉店8階・特設会場
   「カルチャーセンター千葉フェア」に豆本を出品


3/20(木)-23(日) 福岡の手作り豆本展「ふくまめ」出品
     福岡市中央区ギャラリーセレスト 11〜19時 092-771-7144 入場無料


豆本展

『言壺 赤井都 豆本展』


ミニチュアブック協会(Miniature Book Society. Inc)の最高賞を2006年日本人初受賞、2007年連続受賞した赤井都の初個展。オリジナル超短編を、作者自らが装訂し、手製本した創作豆本を、展示即売します。記憶に残る読書体験を。

■期間
 2008.1.7(Mon)〜2.29(Fri) 13:00〜20:00 ※水曜定休
         ↑会期が一ヶ月延びました!

■会場
 GALLERY SHOP ノラや
 JR高円寺高架沿いを阿佐ヶ谷方向へ徒歩2分
 東京都杉並区高円寺南3-58-12 白川ビル1F
 http://www.noraya.jp  tel/fax 03-5378-0774
ノラや地図

個展会場は高架<横>です。わかりやすいGoogle 高円寺豆本散策Mapをご覧下さい。

DM配布協力書店:  かげろう文庫様  呂古書房様  西秋書店美篶堂様  リリパット様   タコシェポラン書房茶房高円寺書林様  アートバード・ブックス音羽館にわとり文庫興居島屋様  恵文社一乗寺店

個展・豆本紹介
2007.12.1 東京製本倶楽部会報52号
2007.12.5 NHK千葉FM『ひるどき情報ちば 情報プリズム』
2007.12.18 ジャパンエフエムネットワーク『Open Sesami Brand New I』
2008.1.12 東京新聞朝刊
2008.1.28 ニッポン放送『高嶋ひでたけの特ダネラジオ 夕焼けホットライン』
2008.2.1 東京製本倶楽部会報53号
2008.2.10 読売新聞日曜版『夢塾』

個展のようす  ブログ3/1

【満席にて終了しました】初めてでも大丈夫。

豆本を作ろう!

■豆本作りワークショップ&茶話会(プチ朗読付)
■1月20日(日)13:00〜16:00

■定員15名
■材料費+講師料+フリードリンクと手作りおやつ+朗読
 (栗田ひづる友情出演)込 4500円
■御予約は、赤井都豆本展会場でお申し込みいただくか、
下記へお名前と人数をお知らせください。
   am☆miobox.jp ☆をあっとまーくに【満席になりました】
■場所 ギャラリーバーノラや(個展会場=「ギャラリーショップノラや」から徒歩1分の高架下)
  ↑上の地図をごらんください。
  電話 03-3310-2020

豆本を作ろう! 内容
13:00〜15:00赤井都豆本作りワークショップ
 赤井都オリジナルの豆本製本キットを使って、プラモデルのように本を組み立ててゆきます。初心者でも2時間で豆本ができます! ハードカバーの内側に何が入っているかがわかります。きれいに仕上げるコツも経験に基づき惜しみなく伝授。作業中溜息厳禁(部品が吹き飛びます)。作るのは、美しいスピンのついた、憧れの本格ハードカバー。本文紙はキラキラパール紙、中身はちょっとせつない恋愛超短編。
15:00〜16:00茶話会(〆はプチ朗読)
 豆本、豆本作り、コンテスト、聞きたいことは何でも聞いて。ワークショップの疲れを、ノラや特製おいしい手作りおやつと淹れたての飲み物が即効癒します。最後の15分には、栗田ひづるが友情出演。プロの生朗読が思い出作りに拍車をかける、豆本に浸る日曜午後の満足プラン。

■講師 赤井都 「にしおぎブックマーク」「世田谷生活工房」「アンダーグラウンド・ブックカフェ」豆本作りワークショップで好評だったキットを使います
■朗読 栗田ひづる ナレーター、声優(シグマセブン所属) TV、ラジオ、舞台等出演多数。赤井豆本を耳からも

 

go_to_index 2007年 go_to_index



【好評終了】
〜秋の豆本朗読会〜


豆本朗読会
朗読者: 栗田ひづる(ナレーター、声優 シグマセブン所属)

[1回目公演]11/20(火)茶房高円寺書林 14:00 open 14:30 start

[2回目公演]11/20(火)茶房高円寺書林 19:00 open 19:30 start

[3回目公演]11/23(祝・金)Galleryノラや(高円寺駅至近)14:00 open 14:30 start 終演後希望者でお茶と軽食の打ち上げあり

Entrance \1000 +1drink\500
朗読時間は約1時間です。


栗田ひづる ナレーター・声優(シグマセブン所属)
現在TV・ラジオなどの番組・CM、VPのナレーションを中心に活動するかたわら、「夢吽空」「錬磨の会」に参加し舞台やライヴでの語りの活動も。

主な出演作品
フジテレビ『F2』『F2・X』『F2・スマイル』
      『爆笑問題☆伝説の天才』バラート・クラーラ役
日本テレビ『テレつく!』『ザ・世界仰天ニュース』
テレビ朝日『優香・オセロ中島のニューカレドニア』
テレビ東京『ハゲタカウォーズ』
その他多数


【盛況終了】第6回文学フリマ「超短編マッチ箱」ブースに、言壺の超短編本『朝露1ダース』他を委託しました。お買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。

【好評終了】
秋のUBC 10/14-16 神保町
東京古書会館アンダーグラウンド・ブック・カフェ「地下室の古書展」vol.10にて展示販売、豆本ワークショップ

赤井都の豆本作りワークショップ
豆本キット 日時 10月16日(火)
場所 東京古書会館地下ホール
定員 6名(要予約)13:00〜15:00満席 2コマ目15:30〜17:30
予約先 am@miobox.jp
料金 2500円(当日精算)
持ち物 手ぶらで大丈夫ですが、もし和裁用へらがありましたらお持ちください。

初心者向けの講習です。オリジナルキットを使って、小ささは充分なハードカバー豆本を作ります。
(角背上製、糸とじ、赤井都オリジナル超短編「クレナイヨモギと二人の夜」全40pの小説本〜印刷済)
プラモデルのように本を組み立ててゆきます。
本の内側に何が入っているかわかります!
出来上がりサイズは、縦4cm横2.7cm。作業中ため息厳禁(部品が吹き飛びます)

にしおぎブックマーク、世田谷生活工房でのワークショップと同じ内容ですが、会場の関係でより少人数制のクラスです。手元がよく見えるチャンス! 初めての方でも、2時間で美しい自分の豆本を作り上げることができます。初めての方に丁寧に指導します。経験者にも役立つコツや発見があります。


【好評終了】テレビ2局でも放送されました
「本と蔵書票の楽しみ」展
★MBS受賞作『籠込鳥』を始めとした豆本を出品します。物販もあります。

籠込鳥 2007年10月2日(火)〜15日(月)、期間中無休
11:00〜18:00  入場無料
会場 空間舎 〒030-0801 青森市新町2-5-4-2F
電話017-723-5387

*ワークショップ 10月6日(土)〜8日(月)
消しゴム版画で蔵書票・3500円/消しゴム版画を押した布で和本づくり・6000円/消しゴム版画を押した布で文庫本をハードカバーに改装・6000円 いずれも材料費込み(小学生割引あり)(講師・田中栞)
*ワークショップの後には、田中栞の「本のことなら何でも相談室」(10月6日〜8日)・工藤譲さんご夫妻と蔵書票交換会&蔵書票裏話を聞く会(10月6日・7日)があります。参加費500円(お茶&お菓子つき)
*ワークショップとお茶会は、空間舎へご予約をお願いいたします。


箱の中の豆本たち 【好評終了】世田谷キャロットタワー3F生活工房ギャラリー
箱の中の豆本たち

27人の作者が、一つずつの箱に豆本を入れました。多くは触わってごらんいただけます。ガラスケースには豆本国際コンペ受賞作なども入り、小さなスペースながら濃い展示です。本を作りたいという気持ちが形を生み、小さなパワーを皆さんに向けて発しています。

豆本作りワークショップ9/22(土)14:00-16:00 13人の参加者が、なごやかかつ真剣な雰囲気のもと、2時間で豆本を作り上げました。


箱の中の豆本たち 〜小さな豆本の小さな展覧会〜
★展示、物販、豆本作りワークショップを行います。
★赤井の在廊日は、24(月・祝)11-16時、26(水)14-18時半です。
会期:2007年9月21日(金)〜2007年9月30日(日)
時間:9時〜20時
会場:世田谷キャロットタワー3F生活工房ギャラリー(三軒茶屋駅上)
※期間中無休・入場無料

■赤井都の豆本作りワークショップ

豆本キット オリジナルキットを使って、カプセルサイズの豆本2種、アコーディオン折本と、あこがれの本格ハードカバーを作ります。
キットを使って、プラモデルのように本を組み立ててゆきます。

【日時】 9月22日(土)14:00〜16:00(終了予定)
【会場】 世田谷文化生活情報センター 生活工房 4階 ワークショップA(三軒茶屋・キャロットタワー)
【持ち物】 もしあれば、裁縫用へら(持っていない人は手ぶらでかまいません)
【参加費】 2,500円
【定員】 20名
【対象】 小学4年生以上

申込みは生活工房まで(すべて先着順)。【好評終了】


7/10〜8/10 プレゼント応募を受け付けました
Miniature Book Societyのカタログ1部を1名様にさしあげます。
『籠込鳥』が受賞作品として掲載されている2006年版、内容はこちらのpdfと同じで、 フルカラーのきれいな小冊子です。
希望される方は、Contact Formからご応募ください。
メッセージタイトルを「プレゼント」とし、お名前・メールアドレスを記入の上、送信してください。
もし当選した場合は、お名前を言壺HP上で発表させていただきますので、お好きなハンドルでどうぞ。
当選の場合はご記入のメールアドレスへ連絡差し上げ、郵送先住所・宛名をお聞きします。
メッセージ本文を記入される必要はありません。
ご応募は、どなたでも。(これまで言壺で買い物してないんだけど、とかは考えなくて結構です。それは全く問いません。)
送信された情報は、プレゼント到着確認後に破棄します。

豆本カタログプレゼント
当選されたのは、田口富士夫様です。 応募された方一人ずつに一様乱数を発生させる、厳正な抽選を行いました。


6/11〜7/2 青山ブックセンター本店『ABC de タイポグラフィ!』展に海岸印刷が出展し、『雲捕獲記録』を展示販売しました。青山で見てもらえる機会を作ってくださった関係者の皆様、ご来場の皆様、お買い上げの皆様、どうもありがとうございました。
ABCタイポグラフィ 活版豆本展示販売

 6/2 茶房高円寺書林では、入って正面の柱のところ(ブックスペースとカフェスペースの境あたり)に置いていましたが、今はドア近くの本棚のほうへ移動しました。詳細は>>マメBOOKS HP
活版豆本店舗販売

【5/31 月箱での販売をいったん終了しました】12:00-20:00 日休 tel:03-4400-3721 >>HP,地図
 渋谷と代官山の間に位置します。渋谷駅西口から、歩道橋を渡り、インフォスタワー横を通り、桜丘郵便局を左へ。こちらは手作り雑貨ショップ。手作りパワーが各箱に詰まっています。
活版豆本店舗販売
 こちらは、ににむぎとのコラボ発祥の地ということで、レジ前天開き箱に特装・上製を置いています。契約を更新し、ここは5月までです。『ミニ掛け軸』『置換方程式』『朝露1ダース』ガチャ豆も置いています。
活版豆本店舗販売


好評終了2007年5月13日14:00-16:00(13:15受付開始):にしおぎブックマーク「ワークショップ 初めての豆本づくり」
参加費2500円 定員20名 要予約
開催場所 スタジオ「マーレ」(西荻窪駅近く)
準備するもの 糊、裁縫セット(はさみ・糸・針)ご持参ください。
豆本の作り方講習
参加ご希望の方は、にしおぎブックマークHPからご予約ください。初心者向けの講習を予定しています。オリジナルキットを使って、不器用さんでも作れる簡単なアコーディオン折本、そして中綴じ上製本、小ささは十分な2冊を作る予定です(写真は並装ですが、ワークショップではハードカバーをつけます)。カプセルケース付。講座の最初には、豆本の歴史や種類について簡単な紹介もします。休憩時間に見たり触れたりできるように、豆本コレクション(ささやかですが)や本の作り方本などの参考図書、ふだん使っている製本道具なども持っていくので、これから始めようと思っている方・もう少し進化したいと思っている方には、いろいろ参考になると思います。


 オンライン文芸マガジン『回廊』4/15発行第10号は記念特集号。第7号で提供した「THE OTHER NIGHT OF CRIMSON MUGWORT」が、人気投票で、超短編部門作品別1位に選ばれました。ありがとうございます。私の超短編は、あと第8号にも掲載されています。20代中心の雑誌、ブラッディロマンスな超短編が好まれて嬉しいです。


2007年4月8日(日) 11:00〜15:30: たいへんな盛況でした。来ていただいた皆様、スタッフの皆様、どうもありがとうございました。新刊豆本「雲捕獲記録 Dancing on the Cloud」初売りしました。
自作豆本の展示・即売会『第2回まめまつり』
 【瓢箪堂と「マメBOOKS」名で合同出店 ブース117(受付から一番遠い部屋の奥)】
 一般入場11時から、パンフレット代として要500円
 場所:東京卸商センター(JR線・都営浅草線浅草橋駅より徒歩3分)


【好評終了イベント】2007年1月4日(木)-30日(火):
豆本 創作豆本の合同展『新春マメBOOKS』です。
 場所:高円寺・ノラや
 こぢんまりした隠れ家的呑み屋さんを舞台に、豆本初売りで目出度く。
 朗読会イベントもあります。


 2007/01/25/売り切れになっていたガチャ豆3カプセルセット、通販再開しました。『朝のパン』『昆虫』『青い道』『アサツユ』各種が入ります。

 

go_to_index 2006年 go_to_index



【好評終了。朗読会盛況、そして豆本ツリーはきゅうきょ渋谷にも行く展開に】
12月12日(火)-18日(月):
豆本 創作豆本の合同展『マメBOOKSクリスマス』です。
 場所:江古田・Cafe FLYING TEAPOT
 クリスマス前の一週間、おしゃれなカフェでの開催。ギフトに豆本をゲット!
 朗読会イベントも企画。


累計1000部御礼壁紙を作りました。ダウンロードはご自由に。(11/27)
800*600 1024*768 1400*1050 800*600 1024*768 1400*1050

言壺の次の活動予定は『マメBOOKSクリスマス』です。「あれがやっぱり欲しかったなあ」と思っているなら、クリスマスツリーから、ギフトラッピングされた豆本をもぎってみませんか。会期中に、豆本朗読会もあります。朗読会はできるだけ予約をどうぞ。

ガチャ豆本通販開始しました。
ペーパーの「当たり」について: イベントで配付したペーパーには、「当たり」のペーパーがあります。ミニ掛け軸欄を見てください。そこに「当たり」と書いてあれば、ミニ掛け軸1本プレゼントです! メールでご連絡ください。

第5回文学フリマと、クリエーターズマーケットで言壺ブースに来てくださった皆様、クリマ委託先のバロン堂さん、言壺ブースの接客お手伝いしてくれた水口さん、サインペンや百円玉で救ってくださった近隣ブース様、ガチャ豆作品提供をしてくれた超短編マッチ箱さん瓢箪堂さん、そしてスタッフの皆様、ありがとうございました。

11月12日(日)11:00〜16:00:
文学オンリーイベント『第5回文学フリマ』に直参します。
 【A-80】 一般参加者入場無料
 場所:秋葉原中小企業振興公社(JR線・東京メトロ日比谷線 秋葉原駅徒歩3分、都営地下鉄新宿線 岩本町駅徒歩5分)
 出品作品予定:『はしきれ(豆本)』『籠込鳥(豆本)』『T-DOLL(小本)』『朝露1ダース(A5)』『置換方程式(A5)』+文学ガチャポン

11月11(土),12日(日)
クリエーターズマーケット名古屋バロン堂F110にガチャ豆や『はしきれ』委託!
*****委託作品一覧*****
ガチャポン豆本『くまころりん』『海の花嫁』各100円
ハードカバー豆本『はしきれ』3500円, 『T-DOLL』2000円
人気売り切り間近『ミニ掛け軸』各100円
これも残り3つ売り切り間近『読求詞』200円
A5読み本『置換方程式』1000円, 『朝露1ダース』300円


2006.10.23.NHKFM千葉『まるごと千葉60分』の「きょうのこの人」で放送されました。

2006.10.23.ガチャポン豆本通販について、遠隔地の方からリクエストをいただいています。11/12イベント以降に、通販開始を予定しています。

2006.10.10.『籠込鳥』の籠は、お届け一週間以内でしたら、お取り扱い中の事故でも交換に応じます。ご遠慮なくご連絡ください。

2006.9.13.通販で、損害補償の充実した発送方法に対応いたします。書留(書留料金420円が通常料金にプラスされます)、時間指定のできるゆうぱっく(地域別料金表60サイズ)での送付には、個別に対応いたしますので、ショッピングカート「コメント」欄でお申し付けください。

9.4.『籠込鳥』が、The 2006 Miniature Book Society Competitionで受賞しました!   コンテストはMiniature Book Society(ミニチュアブック協会)主催でアメリカで開かれていて、全世界から応募があります。毎年3点のDistinguished Award Winner Books(特別優秀賞)が選ばれますが、その一つに選ばれました。特別優秀賞の三作品の間に順位はなく、最高賞です。Miniature Book Societyの22年間の国際コンペの歴史で、日本からの受賞は初めてだそうです。
>>受賞を伝えるメール日本語訳 >>急遽open English Page >>PJニュース「日本の“現代豆本”が国際コンペで初受賞!」

次の『マメBOOKS』は:
12/12(火)-18(月)in 江古田・Cafe FLYING TEAPOT
クリスマス前の一週間です。ギフトに豆本をゲット!
1月 in 高円寺・ノラや
豆本初売りで目出度く。
それぞれに特別なお楽しみを企画中です。


2006.8.24.当ホームページに、たくさんの更新を行いました。
★豆本新作がショッピングカートに入りました。「冊子小包」の送料表示もされるようになりました。
・黒木りえ作品の言壺での販売を終了しました。「オーダーメイド本」の遅延で、お買い上げくださった皆様にご迷惑をおかけしているため、自分なりのけじめを取りました。
・今後、言壺は赤井一人で運営していくことになります。システム的にきつい「記念日登録」は、今後は「お誕生日」のみの登録に限らせていただくことにしました。
・「言壺便り」の発行システムが変わりました。melma!から、独自サーバからの配信(広告なし)となります。ご登録のメールアドレスは、当方で移行しましたが、もし万一登録漏れなどありましたら、お手数ですがご自分で登録のお手続きをお願いします。


◆創作豆本グループ展『マメBOOKS』好評終了◆7/22(土)17:00〜8/12(土)夕◆

たくさんのご来場ありがとうございました。増刷・追加搬入につぐ追加搬入の、大変な大盛況でした。数百人はいらっしゃったと思います。

7.23.NHK『こんにちはいっと6けん』で「手のひらの中の物語」放映されました。

7.24.PJニュースに取り上げられました!「隠れた豆本ブーム!合同展にNHKも取材」

2006.7.9.『朝日タウンボイス』せたがや・めぐろに紹介されました!>>言壺評ページへ

2006.6.8.豆本展のホームページができました。

「リンククラブニューズレター」(2006.5. vol.133)p25-27の『手のひらに乗る物語 豆本が織りなす世界観』に、『籠込鳥』『読求詞』の写真と紹介文が掲載されました。>>言壺評ページへ

2006.5.17/◆豆本合同展、緊急企画中! 日時◆7月22日(土)夕方から〜8月12日(土)夕方までくらい 場所◆中目黒ビジュアル洋書系古書店アートバード内マイクロ・ミニ・ギャラリー 出展作家◆「まめまつり」で出会った豆本作家たち、超短編な豆本作家たちと共に出品予定。 >>詳細は、作者blogメルマガをチェック

2006.4.15/◆豆本合同展、緊急決定! 企画の詳細が決まりしだい、お知らせします。

2006.4/オーダーメイド本は、作者が超多忙となっているため、一時的に受付を休止させていただきます。

郵便局の改訂に伴い、4月より通販に若干の修正があります。
1- 簡易小包郵便物(ポスパケット)のサービスが始まります。発送オプションとして選べるようにします。厚みが3.5cm以内(「読求詞」は入りません)で重さ1kgまでで追跡可能です。→ショッピングカート修正にちょっと手間取っています。すみません。→始まったサービス内容をよく読むと言壺向きではありませんでした。
2- 郵便局の「通常払込」の手数料が改訂されます。窓口手数料は100円、機械手数料は60円になります。(2006.3.2.)


◆2006.2.26.『文学フリマinなごや』に出店しました。(ブースA-5)
 日時:2006年2月26日(日)11:00-15:30 一般入場無料【好評終了】
 場所:名古屋市中小企業振興会館 9階 展望ホール(名古屋市営地下鉄 桜通線 「吹上駅」5番出口より徒歩5分)
 赤井作品からは「朝露1ダース」「置換方程式」「ミニ掛け軸」「読求詞」、黒木作品からは「オーダーメイド本」「羽」「カウントダウン・カレンダー」「にぃたんといっしょ」(完売)を出品。

 その日の売り子赤井のblogはこちら


◆2006.2.6 川又千秋選『三百字小説大展覧会 きょとん!』(文源庫刊)に黒木りえの「鬼の卵」が収録されています!

 文源庫の月刊誌『遊歩人』の超短編小説賞「三百字小説」に採用された黒木りえの作品が受賞作を集めた単行本に収録されました。川又氏には「こんがらがった気味悪さが、なんとも言えず。」との評を戴いています。第二章「あの手この手」の一作目、十七頁です。誤植のため作者名が「黒田りえ」になっていますが、まちがいなく黒木の作品ですので(笑)書店などでお見かけの際にはぱらぱらとページをめくってやってください。


自作豆本の展示・即売会『第1回まめまつり』「超短編マッチ箱」とスペース共有で「籠込鳥」出品しました。(ブース28)
 日時:2006年1月29日(日)11:00〜15:00 【好評終了】 一般入場パンフレット代として300円
 場所:東京文具共和会館3階(JR線・都営浅草線浅草橋駅より徒歩3分)

おかげさまで、「籠込鳥」「掛け軸セット」「はしきれ(第2刷)」はまめまつりにて完売しました。ありがとうございました。


◆2006.1.25 今週末日曜は「まめまつり」に出品します。一般入場は、11:00-15:00と時間が短いのでご注意ください。

◆2006.1.24 「即興集@湖ノ底カラ降ッテキタモノ」第2刷は通販にて完売しました。ありがとうございました。

◆2006.1.20 まめまつりブース番号は28、文学フリマinなごやブース番号はA-5です! よろしくお願いします。

◆2006.1.14 好評のうちに終了しました。大変お世話になりました。買っていただいた方には、ありがとうございました! :神田古書店街『かげろう文庫』 セレクトショップの雰囲気の漂うウッドデッキのニューウェーブ古書店に言壺作品があります。神保町・小川町駅より徒歩7分、御茶ノ水駅より徒歩5分、小川町郵便局向かい。短いお話と文字ものグッズを、同じく短いお話である「超短編マッチ箱」と一つトレイで9/17-設置。ちなみに「マッチ箱」最新刊には赤井作品が掲載されています! 昨年冬に引き続き、今年は秋から、デザイン・写真集・挿画古書の間に、超短編作品が立ち現れています。この取り合わせでのルックスをぜひ体験してみてください。 OPEN11:00〜21:00(土・祭日20:00閉店)※日曜定休
 現在の委託作品は、
  『置換方程式』
  『朝露1ダース』(新刊)
  『はしきれ(ここだけ)』
  『ありがとう』『結婚おめでとう』(ここだけ)
  『ミニ掛け軸』の一部
  『読求詞』
 です。1つのトレイにまとまっています。

 

go_to_index 2005年 go_to_index



携帯電話用のページに、ショッピングカートがつきました。携帯でhttp://kototsubo.com/にアクセスすると、自動で携帯ページへ振り分けられます。(12.10)

携帯電話用のページを作りました。まだ1ページだけですが、当面の用は果たせるかと。(12.05)

お待たせしました。新刊の通販を開始します。 …少し手間取ったのは、ショッピングカートにサーバエラーが出てデータが飛んで、復旧させて、テキストと画像を入れ直して、などなどやっていたから。テストも完了で、動作を確認しました。ご利用くださいね。2005.11.30

ショッピングカートは現在、新刊を入れるよう調整中です。ご注文開始まで今しばらくお待ちください。2005.11.29

■「オーダーメイド本」のフォームができました。
■タコシェ、かげろう文庫の精算と追加納品に行ってきました。タコシェにあるのは、「読求詞(人気)」「朝露1ダース」「置換方程式」「タトゥde文学(人気)」「ミニ掛け軸」。かげろう文庫にあるのは、「置換方程式」「朝露1ダース」「はしきれ(ここだけ)」「グリーティングカードブック(ここだけ)」「ミニ掛け軸」です。よろしくお願いします。
『うらなか書房<創作絵文>』への委託は、11/20を持ちまして好評のうちに終了いたしました。どうもありがとうございました。残り一点に迫るまで売っていただき、さすがの販売魂を感じました。この一年間で、時計やTシャツなどうらなかグッズ点数が増えて山盛りになったのでタトゥを引きましたが、また何かの機会がありましたらよろしくお願いします。今後もアートフリマ等で活躍されるうらなか書房を注目です。
(2005.11.28)
■第4回文学フリマに多数のご来場、ありがとうございました。その日の売り子赤井のブログ。より詳しいレポートは「言壺便り」12月10日発行号で。
文学オンリーイベント『第4回文学フリマ』【好評終了】 ブース番号は「A-88」です(一階階段そば)。
 日時:2005年11月20日(日)11:00〜16:00 一般入場無料
 場所:東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 第1〜第2展示室
(JR線・東京メトロ[旧営団地下鉄]日比谷線 秋葉原駅徒歩3分、
 都営地下鉄新宿線 岩本町駅徒歩5分)


■第4回文学フリマ持ち込み作品一覧

 既刊の種類が多いため、今年は一部のみ持ち込む予定です。下に挙げた作品以外で文学フリマでの購入を予定されている作品がある方はご連絡ください。ご希望に応じてリストにない作品も持ち込みいたします。

●出品予定は以下の作品です。

 赤井都作品より
  『朝露1ダース』(新刊)
  『置換方程式』
  『ミニ掛け軸』の一部
  『読求詞』
 黒木りえ作品より
  『オーダーメイド本』オーダー受付(新刊)
  オーダーメイド本サンプル『ドラゴン飼育日誌』『三題噺』(非売品)
  ミニオーダー本サンプルも兼ねて販売『ありがとう』『結婚おめでとう』
  フルオーダー本サンプルも兼ねて販売『羽』(近日再入荷)
  『タトゥde文学』の一部

●出品リクエストの方法

 上記以外の作品で、「あの作品がちょっと気になっているんだけどな」「掛け軸のあの言葉が、まだあるのなら、欲しいんだけどな」といったものがありましたら、ぜひリクエスト下さい。リクエストのあった作品を、取り置きという形で持っていきます。
 こちらのフォームで、「言壺へのメッセージ」を選択し、メッセージ欄にリクエストをお書きください。
 文学フリマ当日、売り子に声を掛けてください。取り置きの形になっているリクエストの品をお出しします。
 リクエストされた品を、必ずしも購入されなくても構いません。
 現物を見るチャンスとしてもご利用ください。

●言壺ブースの目印

今年は、小引き出しを使ったディスプレイにします。お楽しみに。
おなじみ言壺のロゴを目指して来てください。
位置は、一階で、階段のすぐそばです。
あなたにお会いできるのを楽しみにしています。

(2005.11.5)


もうすぐ新刊出ます。詳細情報は追ってこの頁でお知らせします!
11/20第4回文学フリマA-88に持っていく予定作品を追ってこの頁でお知らせします。アイテム数が多いので、全種類は持っていきません。予定作品以外の購入ご希望の方は、お気軽に事前にリクエスト下さい。(2005.10.27)

第4回文学フリマのブース番号は、A-88です(一階階段そば。超短編マッチ箱の隣)。現在出店準備中。(2005.10.17)

神田ニューウェーブ古書店『かげろう文庫』に納品してきました! 詳しくはその日の赤井blogを。(2005.9.17)

神田古書店街『かげろう文庫』での委託販売が、昨年冬に引き続き、今年は秋から始まります! この秋、古本まつりやアンダーグラウンドブックカフェなど、神田は見逃せないエリアになっています。『かげろう文庫』は、古書会館筋向い、セレクトショップの雰囲気の漂うウッドデッキのニューウェーブ古書店。タトゥと掛け軸を「超短編マッチ箱」と一つトレイで9/17-緊急出品。OPEN11:00〜21:00(土・祭日20:00閉店)※日曜定休←神田の本屋はたいていそうですが、ご注意

◆2005/09/07/第4回文学フリマブース取得しました! ブース番号が確定するのは、十月下旬頃です。

◆2005/08/第4回文学フリマ申し込み中です。■2005年11月20日(日)■開場11:00〜終了16:00■場所 東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 第1〜第2展示室(JR線・東京メトロ[旧営団地下鉄]日比谷線 秋葉原駅徒歩3分、都営地下鉄新宿線 岩本町駅徒歩5分)■一般入場は無料です。

5/22 lokisruiner.orgの言壺便り登録者をmelma!に登録しました。登録者へはmelma!から登録完了メイルが届きます。当該メイルのサブジェクトは「melma!登録完了 (m00139567)」です。言壺便りに登録していた方で、万一melma!からの登録完了メイルが届いていない方はkototsubo@lokisruiner.comにご連絡ください。

◆5/13 「言壺便り」の発行システムが、次号から、lokisruiner.orgからmelma!に変更になります。内容は変わりませんので引き続きよろしく。
第四回文学フリマの案内が出ました。11月秋葉原で、申し込みは来月です。

◆3/5神田古書店街『かげろう文庫』委託終了しました。 昨年12月から、当初の1ヶ月の予定を大幅に延長し、3ヶ月の委託となりました。……ウッドデッキのあるおしゃれな古書店で、デザイン写真集・挿画本・絵本、和洋問わず、うつくしい品揃え、美人店番。トレイ一杯分もの言壺コーナーを置かせてもらいました。店中央のトレイに、「置換方程式」「はしきれ」「籠込鳥」「読求詞」「ミニ掛け軸」がまとまってあります。JR御茶ノ水駅、メトロ新御茶ノ水駅から歩3分ぐらい、メトロ淡路町駅、神保町駅から歩5分ぐらい。小川町郵便局向かい。11:00〜21:00(土・祭日20:00閉店)日曜定休


◆2/1「ドレミカフェ」コラム「ナナコのドレミ雑貨カフェ」に『言壺』が紹介されました! ページ下メニューでCOLUMNをクリック→コラムページのタブ「NANAKO」をクリックしてください。<→ サイトリニューアルにつきバックナンバーが見られなくなりました。>

2005/1/30イベント終了第3回あ〜てぃすとマーケットin横浜赤レンガ倉庫ブースNO.12うらなか書房委託(タトゥ)11:00〜17:00
 

go_to_index 2004年 go_to_index



◆12タトゥde文学大量入荷。ご注文お待ちしております。

『かげろう文庫』さん、『タコシェ』さんでの委託販売は年明けても存続します。どうぞ気長によろしく。『アートバードブックス』さんでの委託は、個展の時からでもう三ヶ月ぐらいになるため、年内まででとなります。一方、『うらなか書房』さんへ委託していたタトゥも、原宿のアートスペース「デザイン・フェスタ・ギャラリー」で売れたそうです。ありがとうございます。(2004.12.15)

◆本日、神田に進出! 『かげろう文庫』さんでの委託販売がスタートしました。一ヶ月の予定なので、だいたい年内いっぱいです。いつまでもいたくなるような、とってもすてきな本屋さんです。お出かけください!

◆お待たせしました。新作通販開始です。ショッピングカートをご利用ください。

うらなか書房<創作絵文>に、「タトゥーde文学」の一部を委託しました。うらなか書房さんは、路上販売やアートフリマなど、独自の展開をされています。ぜひそちらからの購入もご検討ください。(2004/11/17)
◆創作絵文◆インディーズクリエイター・アーティストの作品紹介


第3回文学フリマ盛況のうちに終了しました。ブースに来てくれた皆様、ありがとうございました。
『超短編マッチ箱』との合同企画:回遊クーポン大好評でした。
『掛け軸の実物がとても素敵でした。良かったー。(買ったのはタトゥーですけど)』というご感想をはじめ、一つずつの作品の作りやデザインのきれいさに驚かれるかたが多かったです。いったん立ち止まると、十五分以上じっくり見ていかれるかたが多かったです。(11/15)

◆第3回文学フリマ「A-13<->B-4回遊クーポン」詳細: 『超短編マッチ箱』との合同企画が、あわただしくも着実に実現しました。言壺ブース(B-4)にいらっしゃった方の先着50-100名様(予定)に、『超短編マッチ箱おみくじ』の一回無料券を進呈。『マッチ箱おみくじ』は、マッチ箱型のおみくじを開けると、500文字以内で書かれた物語が何か出てくるという人気作品です。一方、『超短編マッチ箱』ブース(A-13)に行かれますと、『ミニ掛け軸10円引券+黒木りえ全作品10円引券』のクーポンがもらえます(先着70名様を予定)。単価が安い原価ぎりぎりの言壺作品に、この10円引は大きいです。言壺B-4にいらっしゃる前に、『超短編マッチ箱』A-13ブースに行くというのは賢い方法かも。いや、先に言壺で売切必須の『籠込鳥』をおさえ、おもむろに『マッチ箱』へ進まれたほうが……そして互いのクーポン券を手に、A-13とB-4の間をぐるぐる回って下さい……(2004.11.11)


◆11/14秋葉原第三回文学フリマに参加します
11:00-14:00 秋葉原電気街口から出て、書泉とワシントンホテルの間のビル『東京都中小企業振興公社・秋葉原庁舎』 言壺は配置B-4(2階)です。詳しいアクセス、配置は公式ページをごらんください。たくさんの皆さんとお会いできますように。今年は言壺スペースでフリーペーパーに加えてプレゼント付アンケートも配ります。回答してくださった方の中から抽選で三名様にミニギフト進呈(非売品)。ぜひご参加ください。ペンも用意してお待ちしています。
さらに、『超短編マッチ箱』との合同企画が実現:回遊クーポンが出ます! 詳細は近日発表。
今年はフリーペーパー配布に加えてプレゼント付アンケート、『超短編マッチ箱』との回遊クーポン企画など、いっそうお得なブースになること必須!

【年内一杯】中目黒駅より歩30秒個性派書店『アートバードブックス』(日祝休)マイクロミニギャラリーの『言壺展』好評終了しましたが、なんと、店長より「普通の書店のスペースに置かせてほしい」とのオファーがあり、年内は常設展示販売中! 絶版写真集やファッション雑誌などに埋もれたかっこいい小さなお店。ぜひお出かけください。


border
アートバード委託終了
「言壺展」開催終了しましたが、おかげさまで店長に非常に評価されて、年内は言壺の作品が常設展示販売されています。白黒写真集に混じって、「はしきれ」や「カレンダー」、カードブックが平積みになっていたり、またミニ掛け軸がぶらさがっていたり、非常にかっこいい扱いになっています。狭い店内ですが逆に濃密な心地よい本屋、ぜひ訪れてみてください。よろしくお願いします!
border

アートバード個展好評終了9/24(Fri)-10/15(Fri)アートバードブックス(中目黒駅より歩20秒、営業13-20時、日曜定休、祝日open)「言壺展」を開催しました。

たくさんのご来場、どうもありがとうございました。


>>マイクロミニギャラリー出展作品一覧 >>出展者紹介



『小さなマイクロ・ミニ・ギャラリーの中に生まれた、幾つものさらにさらに小さな世界。それは赤井都さんがまるで“おむすび”をにぎるようにこしらえた“言の結び”。心で食べれば“言の気”で満ち、目で食してもなおのこと良し。一つ頂けば、もひとついきたくなる。売り切れ御免。
 空になった言壺に今日も赤井さんがほかほかの“言の結び”をにぎってきてくれました。いやあ、うまい!』(アートバードブックス加藤店長より)

 十月十日を含んだ頼みの三連休に台風直撃、その前後も異常に雨の多い年となってしまい、結果として、梅雨時に開催した以上のハンディを負ってしまいました。「読書の秋」を狙っていたのですが、出かけづらい天候になってしまいました。
 そんな中でも、多くの方に足を運んでいただいて、本当にありがとうございました。ゲストブックにも、熱いメッセージをたくさんいただきました。本当にありがとうございました。
 この頃の舞台裏、赤井blogはこちら


ミニ掛け軸・タトゥーにできる60字以内の作品募集経過報告。(2004/10/18)

ショッピングカートがリニューアルしました。送料計算機能が組み込まれて、もっと便利になりました。(09/30)

「言壺便り」準備号創刊!(09/01)


◆2004/07/27/ミニ掛け軸・タトゥーにできる60字以内の作品を募集と経過報告。

◆07/10/赤井都インタビューをアップしました。

アンケートにご協力ください。メールアドレスを御記入のうえ、公開可能コメントをくだされば粗品を進呈いたします。(アンケートは4月ぐらいから設置稼動していましたが、ここに載せるのを忘れました 汗)(2004.07.02)

黒木りえインタビューを掲載しました。(2004.06.01)

「言壺のひとかけら」コーナーができました。ボタンをぷちっと押すと、メンバーが書いた超短編や新作、未収録の番外編などさまざまなお話のひとかけらが出てきます。(2004.05.21)

中目黒の古本屋アートバード併設の『マイクロ・ミニ・ギャラリー』にて、9月半ばから個展即売会を行う予定です。9/13−10/4の3週間の日程を仮抑えしました。詳細が確定しましたら、また追ってお知らせいたします。ご期待ください! ぜひ、来てください!(2004.5.16)

言壺紹介記事/ご感想ページを作りました。記事もご感想も、一部のみの紹介となっておりますが、皆様どうもありがとうございました。ご感想をホームページに掲載させていただいたかたには、ささやかな粗品(非売品オリジナル作品)を進呈させていただきます。(2004.5.11)

お誕生日登録所がオープンしました! お名前とE-mailで、お誕生日にお祝話が届く無料サービスです。1分で登録完了です。(2004.4.10)

黒木りえ赤井都のホームページリンク先で、活発なネタメモが始まっています。地中ではすっかり起きて、盛んに根を伸ばしています。通販も快調進行中。(2004.4.4)

◆第三回文学フリマに参加する予定をたてています。そのときには、新作も、持っていくはずです。(2004.2.2)

 

go_to_index 2003年 go_to_index



◆お待たせしました。赤井の『はしきれ』『読求詞』『即興集』第二刷できました。(2003.12.30)

◆冬コミに、『羽』が委託されます。


◆第二回文学フリマに来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。スタッフの皆様、盛況なセッティングとムードをどうもありがとうございました。おかげさまで、完売品がいくつも出ました。(2003.11.04)


◆第二回文学フリマ、スペース番号はA-12です! 11月3日、青山ブックセンターでお会いしましょう!
 新作、続々と仕上がり、随時通販開始しています。当日いらっしゃれないかたは、ぜひ通販をご利用下さい。


◆第一回文学フリマで発売した本・グッズの在庫、僅少ながらございます。再販を予定していないものがほとんどですので、ご興味のあるかたは、ショッピングカートでお早めにご注文ください。万一、カートがうまく動かない場合は、メールでどうぞ。


◆8月17日、コミケ64の3日目に出展しました。黒木りえの新作も初売りしました。


 

go_to_index 2002年 go_to_index


◆2002/11/03/第一回文学フリマ参加。ほか、2回ほど地元のフリーマーケットイベントに出品。


…2002-2010一覧…
2002.9. 近隣のフリーマーケットで『即興集』初売り
2002.11.3 文学オンリーイベント第1回「文学フリマ」出店(青山)、ウェブ通販開始
2003.11.14 第2回「文学フリマ」出店(秋葉原)
2004.9-10 グループ展「言壺展」主催(中目黒、アートバードブックス)
2004.11.20 第3回「文学フリマ」(秋葉原)出店
2004.12- タコシェ(中野)に委託開始
2004.12-2005.3, 2005.9.17-2006.1.14 かげろう文庫(神田)に委託
2005.11.20 第4回「文学フリマ」出店(秋葉原)
2006.1.29 手作り豆本の即売会「まめまつり」出品(浅草橋)
2006.7.22-8.12 創作豆本合同展「マメBOOKS」主催(中目黒、アートバードブックス)、豆本がちゃぽん初登場
2006.11.12 第5回「文学フリマ」(秋葉原)出店
2006.12-2007.5. 月箱(渋谷、雑貨ボックス)委託
2006.12.12-18. 創作豆本合同展「マメBOOKSクリスマス」主催(江古田、Cafe FLYING TEAPOT)、豆本ツリー初登場、豆本朗読会初開催
2007.1.4-1.30 創作豆本合同展「初春マメBOOKS」主催(高円寺、Gallery ノラや) 2007.2.1-2008 茶房高円寺書林(高円寺)に委託。豆本がちゃぽんは6月からここで「豆本がちゃぽんTokyo第1集」に。
2007.4.8 第2回「まめまつり」出店(浅草橋)
2007.5-2008 恵文社一乗寺店(京都)に委託
2007.5.13 初ワークショップ「初めての豆本づくり」(西荻窪、本関連企画「西荻ブックマーク」)以降全国各地で開催
2007.9.22-30 豆本グループ展「箱の中の豆本たち」協力(三軒茶屋、キャロットタワー3F生活工房ギャラリー)
2007.11.20,23 「秋の豆本朗読会」主催(高円寺)
2008.1.7-2.29 初個展「言壺 赤井都 豆本展」(高円寺、Gallery Shop ノラや)
2008.5.2-12 朗文堂主催印刷フェア「活版凸凹フェスタ2008」出品(四谷)、以降毎年参加
2008.10.12,13 「豆本フェスタ」出店、トークショー(東京古書会館)
2008.10.13- 東京堂書店に委託開始(神田本店3階、2010.3- ふくろう店)、「豆本がちゃぽんTokyo」常設
2008.11.16-24 「ひと箱豆本市」出店、トークショー(福岡)
2008.11.15-12.25 豆本ツリー企画(東京堂書店)、以降毎年開催
2009.3.15-3.21 個展「赤井都の豆本展」、ワークショップ(広島、gallery space461)
2009.4.29-5.6 東京製本倶楽部展「紙の技、本の技」出品(目黒区美術館区民ギャラリー)
2009.4.30-6.14 グループ展「豆本とその周辺」展主催(高円寺、Gallery Shop ノラや)
2009.8.29-30 第1回高遠ブックフェスティバル関連イベント「赤井都の豆本展と本をとりまく諸々のモノ」出品(長野県伊那市高遠町)
2009.11.7-29 活版印刷グループ展「水の手紙/空の余白」参加(西荻窪、ギャラリーみずのそら)
2009.11.30 『手で作る小さな本 豆本づくりのいろは』(河出書房新社)出版
2010.1.15-2.6 個展「豆本づくりのいろは展 小さなワークスペース」(恵比寿、Platform)
2010.2.20,21 グループ展「豆本づくりのいろは展 二日豆本市」主催(自由が丘、ギャラリーエッケプンクト)
2010.3.21-28 個展「豆本づくりのいろは展 古書といる豆本」、トーク、栗田ひづるによる豆本朗読(茅場町、森岡書店)
2010.6.12 「豆本フェスタ2」出店(浅草橋)
2010.9.23-29 「創作豆本フェア」出品、ワークショップ(メトロ書店、長崎・こまかと屋、福岡)
2010.9.30 『そのまま豆本 はじめての手製本』(河出書房新社)出版
2010.10.11 「豆本カーニバル」出店(神田、東京古書会館)

back