2007年12月29日

豆ノート制作過程

 以下2日分の作業です。
手作りの豆本
 外題の紙を準備します。実は、外題用の紙を準備してから、枠サイズを決める、という、外向きに決定していくのが本来です。そう習ったのを、ここに来て苦労に直面したとたん思い出しました。外側からサイズを決めていくと、枠線を均等にするのが難しい! しかしここまでやってしまった以上、技術をすばやく向上させて切り抜けるしかなかったが。
手作りの豆本
 見返しのサイズ微調整。ヘアラインをカットする。
手作りの豆本
 見返しに、ワックスペーパー・のりひき紙・ケント紙を挟んで、のり入れ。
手作りの豆本
 2~3キロの重しでプレス。また白川先生のお世話になります。白川先生たくさん研究してくれてありがとう。
手作りの豆本
 プレスが外れるまでの間に、すかさず箱作り。まずは製図。
手作りの豆本
 カットし、マグネットボタンが入る部分をカッターで穴をあける。それから、入るぶんだけ膨らむので削らなくてはと気づいて、ラインやすりを動員して削る。
手作りの豆本
 上は試作品の箱。このように、移動かんをつけるのなら作業はごく簡単で取り付け作業は1分で済んだのだが、細い隙間でベルトを通すのがやりにくく、たぶん私しか、ちまちまとベルト通ししないだろうと感じた(皆はベルトを通さずに使おうとするだろう)。ならば、と忙しい現代の紳士淑女のためにマグネットボタンをつけてあげよう、と思ったのが運のつき。手間がかかりすぎになってきた。
手作りの豆本
 ともあれ、ボンドで箱を組み立てる。
手作りの豆本
 ミューズテープ12本ずつで補強。
手作りの豆本
 やっぱり穴の周囲は削る必要あり。制作数を10冊にしておいてよかった。これ以上は作れないよぅ。
手作りの豆本
 柄紙をはる。ボタンを通すテスト。続きは明日。
手作りの豆本
 一方で、本が乾燥したのでプレスから外した。
手作りの豆本
 外題をはりこんで、完成! 11月から準備を始めてようやく。
手作りの豆本
 できた~
手作りの豆本
 文字組部分(印刷は8ページ)
手作りの豆本
 切手はりこみ部分の一例。

☆豆本作りワークショップ: 参加申し込み引き続き受付中です。よろしく

2007年12月27日

手製本の豆ノート表紙つけ

 今日は表紙をつけます!
手作りの豆本
 前日に切っておいたボール紙を、現物合わせで最終サイズ調整します。
手作りの豆本
 11月に裏打ちしていた布を覚えているでしょうか? それを取り出し、ボール紙を濃い目の水ときボンドで貼り付けます。定規をガイドにしています。
手作りの豆本
 前日、ボール紙をせっせと削っていましたが。その部分、エンボスを浮き出させます。
手作りの豆本
 全部のボール紙が貼れたところで、余りを切り落とし、角をカットします。
手作りの豆本
 長辺から貼り付け、美しい45度をめざして角を半分くらいまで「いせこむ」。
手作りの豆本
 短辺を折り返して貼り、角を表からも見て整えます。
手作りの豆本
 角に当て紙をして、金槌で軽く叩きます。折り重なった布の厚みは0にはならないけれど、薄くなります。近所迷惑を気にしつつの作業。
手作りの豆本
 クータと溝に濃いボンドを塗って、表紙をはめ、溝をつけます。
手作りの豆本
 溝に糸をかけます。
手作りの豆本
 紳士のノートはこんな布。明日は、見返しを貼ります!

☆豆本作りワークショップ: 参加申し込み引き続き受付中です。よろしく

パピヨンかがりの豆ノート製本

 ここ数日の製本作業を一気にアップします。
手作りの豆本
 超短編4話を印刷しました。『夜ごとの探索』(書き下ろし)、『君待ち』(2006、初出ウェブサイト「500文字の心臓」)、『泉のほとり』(書き下ろし)、『どこまで夢なのかがわからない話』(書き下ろし)。紙はむらざと。1ページの大きさは90×69mm。マクロミニチュアブックです。
手作りの豆本
 その8ページに切手を貼り込み、プレス、一昼夜たって取り出したものと、あらかじめカットし、ラバースタンプを押し乾かし準備してあった新アトモスの折丁とを合わせ、糸のこで目引き。四角い穴になります。
手作りの豆本
 パピヨンかがり。一冊の本をかがるのに、65cmの糸を二本消費します。つまり、ほぼ1mの糸がこの豆本に入っていることに。糸は今回、本かがり用の麻糸。これまでの私の豆本の多くが華奢なのに比べ、たいそう丈夫な作りです。写真は、巻き戻し中。
手作りの豆本
 背固めします。本を堅くプレスした状態で、背にうすボンドを塗ってへらでよくこすり、折山を四角く潰し、互いに密着させます。ルリユール工房で取ったメモと、栃折さんのハウツー本『手製本の楽しみ』と首っぴき。
手作りの豆本
 寒冷紗をはります。これも、しっかり天地丈いっぱいにはっています。見えるといやなので1mm短く。
手作りの豆本
 表紙の共布で花布を作ります。
  手作りの豆本
 一方で、スピンを選び、ぬるいアイロンをかけて伸ばします。このスピンは市販品。リーブルやハンズ渋谷などで売っています。
手作りの豆本
 本の背に、スピンと花布をはりました。
手作りの豆本
 クータを作ります。
手作りの豆本
 折り返しなどの一手間をかけて、進化形のクータを貼っています。これもルリユール工房で習った成果。ここまでの形だけでも、自分の技術が上がったことを感じます。教室と比べてすごい勢いで作業したので、ふらふらになりました。工程数、いつもにも増して多く感じます。
手作りの豆本
 さて翌朝。前小口カット。まっすぐでつるつるの小口。腕、上がりました。
手作りの豆本
 表紙用のボール紙を製図してカット。定規を押さえる手が痛い。
手作りの豆本
 表紙に外題を貼りこむので、その部分を窪ませます。またもや、えらい手間がかかっていますが、コンセプトを実現するためにはこの手間をかけることが必要だと判断。残念ながらちまちました作業をしていると幸せです。

☆豆本作りワークショップ: 参加申し込み受付中です。よろしく

☆恵文社一乗寺店で、『雲捕獲記録』が完売しました! 近日中に追加納品の予定です。

2007年11月7日

淑女と紳士のノート

 昨日は、茅場町の紙のショールームへ行き、注文してあった紙を受け取り、その場で自分でカットして持ち帰りました。豆本に適した薄くて美しい紙を、自分の使いたい目の向きにカットできたので大満足。今度からここをよく使うことになりそうだと思いました。文具店などのカットペーパーだと、種類が限られているし、豆本にしては厚手の紙がほとんどなので。
 今回入手した紙は、これから折り丁を作って、糸でかがって、ノートにします。豆というよりむしろ手帳的なサイズ(4インチ)を予定しています。小さくても、開きがよいので、書きやすいのが特徴になるはず。その上に線を書くのが楽しみになりそうな、ロマンチックな紙を選びました。丈夫な函入りにします。作品名はもう決まっています。『淑女のノート』『紳士のノート』です。

 今日は個展のDMを入稿。午後はルリユール教室。いろいろ、本に掲載されている手法よりも進化しています!

2007年11月5日

裏打ちできました

 きれいに乾きました! わーい
 薄くてしなやかにできました! 紙が裏面についたので、くにょくにょ伸び縮みしたり、糊のしみる布の性質が、紙のそれと置き換わり、紙のように扱えるようになりました。
手製本の豆本

 突然ですが、1月に個展をやります! 今日はDM原稿を作ってほとんど一日終わりました。

2007年11月2日

糊を煮て、布の裏打ちをしてみた

 豆本の表紙に布を使う時、裏打ちをせずに使った、という事例を複数知っています。そこには、裏打ちをして分厚くなってしまうことのマイナス、という豆本ならではの難しさが潜んでいるようです。
 今回、私は製本教室で習った方法を使いたかったし(!)、製本教室の時間中にできなかったお持ち帰りの裏打ちもしなければいけなかったので、豆本用の布の裏打ちも一緒に、試しにまずはやってみました。
 正麩のりを煮て作りました。鍋の中をぐるぐるかきまぜているうちに、防腐剤が入っていない生の糊ができました。まずは製本教室で使う大きな布を裏打ち。豆本用の布も、朗読会用ドールハウスサイズから裏打ち。豆本用の裏打ちには、雁皮紙を使いました。えらく高価な裏打ち紙だ…
 ふと、「この糊はちゃんとくっつくように煮えたのか?」という疑問が涌き、そのへんの紙に糊を塗って、乾くまで放置。乾いたところではがそうとしたら、紙が分解したので、ちゃんと接着力は出たようです。それで安心して、残りの布を裏打ちしました。ただいま計画中の、4インチのノートブック用です。
 まる一昼夜以上放置しないと、ちゃんと裏打ちできたかどうかの結果がわかりません。
手製本の豆本

*今週末は世田谷アートフリマ!
*11/11の文学フリマの後、私はにしおぎブックマークのゴス対談を聞きに行きます。どなたかご一緒しませんか?
*マメBOOKS朗読会、現在のご予約状況は、各回1/3ぐらい埋まっています。さらなるご予約お待ちしています!