2012年5月27日

小口染め豆ノートを作るワークショップ受付中

開講場所:アトリエ111(三鷹台駅より徒歩3分)
開講日時:6/3(日)13:00 ~ 16:00
問い合わせ・申し込み先:アトリエ111 空席有

白い書籍用紙を束ねて、二色の麻糸でかがったら、パステルでふんわりほのかに天の小口染めをします。白いジャケットをかけて本にします。表紙や中のページにスタンプで文字を押すことができます。染めたい文庫本(練習用)があったら持参して下さい。汚れてもいい服装でご参加下さい(白を避ける・エプロン持参など)

画像はクリックで拡大します。
豆本作りワークショップ
一折中綴じの中身に、ジャケットをかけた形です。
豆本作りワークショップ
ジャケットにはアルファベットスタンプを捺すこともできます。サンプルでは、淡い色で捺してみました。ブックタイトルやお名前を捺したら素敵かも。
豆本作りワークショップ
本の中は、しっかりとした麻糸を二本使って、綴じてあります。並縫いと一緒の構造なので、簡単にできます。
豆本作りワークショップ
中にも文字を捺してみました。手書きノートのイメージで、無地の上質紙を重ねた本です。
豆本作りワークショップ
小口の染め色は、お好みでどうぞ。パステルは混ぜることでどんな色でも作れます。グラデーションで染めることもできます。染めてもよい文庫本を持参されて、実験的に色を塗ってみることをお勧めします。パステルを本の天の断面にトントンと乗せていく手法で、力もいらず、初心者にも簡単です。
豆本作りワークショップ
アトリエ111特製の、こんな道具を使って作業します。ページの間に色の粉が入り込まないよう、本をしっかりと締め具に挟み、練り消しでマスキングをします。こうしたノウハウさえ知っていれば、本格的な小口染めが簡単にできます。
豆本作りワークショップ
作例では、緑と茶色で爽やかシックにまとめてみました。

豆本作りの途中のようす

池袋コミカレ講座のスイーツ豆本(5月12日)準備風景の写真です。講座用のサンプルを作ってから、いざ講座が始まるので材料を浅草橋のアクセサリーショップへ買いに行ったら、その時には商品が入れ替わっていて、お目当てのパーツがなく。泣く泣く、樹脂粘土で自分でスイーツパーツを作るはめになりました。ところが、これがめっぽうおもしろい体験でした。
豆本作り
ミニクッキーとミニマカロン。
豆本作り
マカロンの縁をむしむしとそれっぽくむしって、手近な道具とアクリル絵の具で、けっこう作れるもんだなと。
豆本作り
豆本になったようす。ティースプーンですくえる大きさです。スイーツ豆本を納める、本よりむしろ難しいガトーボックス(写真は作りかけで途中まで紙を貼ったところ)。
豆本作り
5月は本作りにはよい気候です。よく乾きます。他の講座もあり、布の裏打ちもしていました。

2012年5月11日

若葉薫る

 明日のコミカレのスイーツ豆本は満席です。ありがとうございます。ここ数日間、オリジナルキット作りに追われていました。明日、皆でうまく作れるといいなあ。皆、きっとかわいく上手に作れると思うよー。ティースプーンに乗るくらい小さな豆本4つと、ガトーボックスを作ります。
 盛岡のCygアートギャラリーでは、zineの展覧会が開催中です。佐佐木さんと私の豆本『手紙』は受付・キャッシャーの隣にあるそうです。佐佐木さんが来場して、見ごたえがあったと感想を教えてくれました。来場者も、途絶えることがなかったそうです。12日からは盛岡の本イベント「モリブロ」が始まります。いっそう活気が出そうです。ぜひこの機会に、イーハトーブへの旅、いかがですか。

2012年5月8日

MOE「かわいいもの博物館」

月刊MOEに掲載されました。2012年5月3日発売・6月号、特集は藤城清治、フラワーフェアリーズ、さかなクン、旭山動物園(私の好きなものばっかり)。私の豆本はp.94とp.95です。

2012年5月2日

海外の話題

ミニチュアブックソサエティの会員なので、私のメールボックスには、時々ソサエティからのお知らせメールや、会員からのDMメールが入ります。定期的に届くDMの一つに、カレンのミニチュアブックショップ(サンディエゴ)からの古本豆本カタログがあります。先日届いたカタログ(pdfファイルの添付なので、古書会からの紙のカタログとは風情が違いますが、瞬時に届くので、海外でも便利)は、すごい特集だったので、思わずじっくり見ました。6月で100歳になるグレンは、100年かけてミニチュアブックを91冊出版していて、他にグレンのために出版された9冊のミニチュアブックを合わせて、全100冊(100種)。わー。素敵。しかも、出した本がどれも、活版印刷で、そのデザインがまた素敵。活版印刷は主に二人の人が担当して出版しています。小さいのにフォントや文字組が、本らしく、シンプルでいながらはっとするデザインでした。6ページなどの薄い本もたくさん出しています。背から並べると、総革も背クロスなども、赤い本が多いのが、華やかでかわいいです。100歳の版元とは、勇気づけられる話題でした。