2012年8月31日

小さすぎる和綴じ本『恋ぞ積もりて』

私にも夏休みの宿題がありました。カレンダーをめくったら9月になってしまう。6日から三省堂書店本店での催事「そっと豆本、ふわっと活版」が始まります。遠い先の予定として計画していたけれどいよいよです。
豆本赤い鳥2号
「赤い鳥2号」の本文紙が印刷されてBird Design Letterpressさんから届いたので、製本しました。一枚ずつ、下敷きの紙がつけられていて、そのまま私の作業にもちょうどいいので使っています。紙が薄いから、印刷機械に入れる時にしっかりするためにかなーと思っていたけれど、切ってみると、もっと切実な理由がわかりました。雁皮紙が薄いので裏にインクが抜けていました。インクを止めてくれる下敷きの役目も、この一枚の作業紙が担っていました。でもとにかく小さい。カッターマットの1マスで5mmと1cmがわかりますよね。文字は一番小さいのが4ポイント…。よく製版できたなあ…。よく印刷できたなあ…。これができるのは、世界レベルで、とてもとても貴重だと思います。
豆本赤い鳥2号
製本しても、ちっちゃーい。
豆本赤い鳥2号
ちっちゃいけど、本はちゃんと立ちますよ。
豆本赤い鳥2号
指でめくって読むことだってできますもん。
豆本赤い鳥2号
ここまで小さいと、紛失したり、壜の底に本を取り落としてピンセットを買いに走る人が出そうなので、安心のため、壜のコルクと本を、糸でつないでいる仕様にしました。壜の蓋には、やはり贅沢に活版印刷で、本のタイトルを刷った紙を貼っています。壜の蓋のコルクが15mmなので、15mmの丸型にポンチで抜いて貼った時に問題が発生しました。コルクが天然素材のもので、微妙に真円ではなく、微妙に15mmよりも小さかったのです。そのため、やすりかけをすることにしています。上写真で左がやすりかけ前、右がやすりかけ後。
豆本赤い鳥2号
真横から見たほうがわかりやすいです。左がやすりかけ前、右がやすりかけ後。紙は真円ではなくなりますが、バリのように紙の縁が出ていると、何度も開け閉めしているうちにそこから痛んでしまいそうなので、指で持った時に一体感があるようにやすりかけをしています。
豆本赤い鳥2号
壜に入った姿。
豆本赤い鳥2号
最終試作段階のパッケージで、壜の中に入っているのはプロトタイプの豆本(印刷なしの束見本)です。壜入り豆本と活版ミニカードのセット、赤い鳥各号5000円です。通販で、また三省堂書店「そっと豆本、ふわっと活版」で、一冊ずつでも揃い番号でも、お気軽にお求め下さい。間違いなくこれは私の新しいマスターピースのシリーズになると、そんなふうに思っています。

2012年8月24日

赤い鳥

赤井都の壜入り豆本と、Bird Design Letterpressの活版ミニカードのギフトボックスセット「赤い鳥」シリーズ化について、お問い合わせをいただきました。こちらにも掲載しておきます。

【発刊予定】
発刊は、1号と2号が続けて今出ますが、3号は来年から季刊くらいのペースを予定しています。現在の予定では次のように考えています。

 3号 3月1日
 4号 6月1日
 5号 10月1日

最少5号まで、最大10号までで考えています。各回限定50部です。
赤い鳥1号は白い表紙の洋本で、中身が黒い本文紙に銀の文字で「Twinkle, Little Star」を印刷したきらきら星です。20部まで製本済。赤い鳥2号は、ピンクの和紙を重ねた「恋ぞ積もりて」百人一首の歌が入った和綴じ本です。9月4日発刊予定。三省堂の「そっと豆本、ふわっと活版」展会場で21番以降を製本します。

【本のサイズ】
本は、同じ形状の壜に常に入る予定です。壜は42×22mmで、壜の口の直径は13mmです。本の大きさは、1号が天地16mm左右11mm厚み3mmです。
同じサイズで、いろいろな種類の紙のカードが入ります。カードは45×27mmです。
壜とカード全体は同じサイズのプラスチックケースに入って、リボンがけします。

【限定番号揃いについて】
限定番号は、今ご予約いただけば、今後揃えることが可能です。
たとえば赤い鳥1号の1番冊を既にお買い上げでしたら、2号以降も御予約いただきますと、常に1番冊をご用意いたします。
これから赤い鳥1号を言壺通販でお求めでしたら、9番冊以降を御準備できます。お気軽にメール下さい。また、Junie Moonのオンラインショップにも3冊預けてあります。そちらで1号をお求めいただくと、その中の一冊は6番冊ですので、より若い番号が当たる可能性もあります。
もちろん、三省堂の「そっと豆本、ふわっと活版」展でお求めいただくこともできます。製本のようすをご覧になったり、活版のBird Design Letterpressさんとお話したりしてお決め下さい。
番号揃いをご予約いただいた方から、3号以降のアイデアを募集します。
 本の内容・表紙の色・デザイン
など、お好きに語っていただければ嬉しいです。集まったアイデアから汲み取って、私なりにこなれた物づくりをしていきたいと思っています。

価格は毎回5000円を予定しています。

赤い鳥1号「Twinkle, Little Star」
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号

2012年8月19日

代官山Junie Moon

昨日のワークショップは楽しかったです。少人数なので手元もよく見られたし、質問をいっぱいしていただきました。ブライスドールのショップ代官山Junie Moonの店舗とオンラインショップでは、9月末ごろまで、作品をお取り扱いいただきます。お店は緑の並木の下にあり、ドアを開ける時からドキドキの、明るくかわいいお店です。『Twinkle, Little Star』『Book and Sweets』『第一の手紙』『第二の手紙』『第三の手紙』『豆本づくりのいろは』『そのまま豆本』などを購入できます。昨日は店内にきれいに並べられている自作品を見て感激。お店にはPretty Smallの名にふさわしく、かわいすぎて危険ゾーンに入る物体がいろいろありました。この機会にぜひどうぞ。
活版カードと豆本のギフトボックスセット
さて、『Twinkle, Little Star』20番までを再度、言壺通販でも販売します。まだショッピングカートに入れる作品ページを作っていませんので、メールでの受け付けです。言壺便りに書きましたとおり、9月4日までにご入金確認が取れますとスムーズです。6日からは三省堂の催事に出ます。

2012年8月8日

初心者さんでも、見栄えのする本らしい本が簡単にできます。

8月18日開催★手で作る小さな本 言壺「豆本作りワークショップ」
代官山Junie Moonで、この夏休み、小さなものづくりに取り組んでみてはいかがですか。好評の『そのまま豆本』を使ったワークショップです。これ自分で作ったのかな、とびっくりするくらい、かわいくできあがりますよ。

2012年8月6日

豆本がちゃぽん

先週末は、がちゃぽん豆本の納品でした。今回の「第26集」には夏休みをしっかり休んでいた私の作品は入っていませんが、がちゃぽん取りまとめ役なので、がちゃぽん納品の時は毎回、神保町に行きます。いつもの仲間が集まっていて「久しぶり」なんて挨拶すると、かちゃかちゃ音が聞こえたりします。肩の下で揺れている大きな鞄を開けると、がちゃぽん球がごろごろっと出てきます。がちゃぽんに入れる豆本作家たちが集まって、持ち寄った玉を数えて、ミックスして、見本やPOPを新しく入れ替えて。皆で豆本がちゃぽん設置作業をして、お店に預けます。東京堂書店リニューアル後の今も、豆本コーナーは3階。エスカレーター正面にある豆本棚には常時、販売品を置いています。私の3万円の豆本もあります。今の東京堂は、休憩スペースやカフェが3階まである贅沢な空間使いで、本棚のほうは天井近くまで焦げ茶の落ち着いた色調で、やはり硬い本がいっぱいで見ていて嬉しいです。ここ半年、何度か豆本がちゃぽん都市伝説を聞きました。「いつ行っても品切れ」「神田のどこかにあるらしい」今は、がちゃぽんたっぷり入荷しているし、あるのは東京堂書店の3階ですよー。有隣堂厚木店地階売り場にもあるんですよー。
入荷情報・作品詳細などは 豆本がちゃぽん公式HP と豆本がちゃぽんツイッターでどうぞ。豆本棚も、よろしく。神田のかげろう文庫のコーナーも、よろしく。

2012年8月3日

『Twinkle, Little Star』と、夏休み

活版カードと豆本のギフトボックスセット
新作の壜入り豆本『Twinkle, Little Star』(きらきら星)と活版カードのギフトボックスセットは、通販で先行販売した後、下のイベントで販売を開始しています。8/12~31、再度通販可能期間になります。詳細は毎月10日頃発行のメルマガ「言壺便り」8月号でご案内します。

Pretty Small展
開催期間:2012年7月24日(火)~8月12日(日)予定
開催場所:渋谷区猿楽町4-3-1F Junie Moon
ブライスドールを専門に扱うショップ「代官山Junie Moon」
ドールハウスやミニチュア小物、ぬいぐるみ、カスタムドールなど、小さな雑貨を集めた販売に参加します。詳細はリンク先をご覧下さい。
初心者向け豆本作りワークショップは8/18(土)13~15時、ご予約はお店HPからどうぞ。

☆
さて、夏休みを頂戴して、久しぶりの休暇でした。クリエイティブなお仕事なのに休みを取らないなんて、…とはいえ今年ようやく取れた2週間。久しぶりの海外でリフレッシュできましたが、もう少し長くいたかったな。たかが豆本作家がこんなに忙しいなんておかしいので、今度から休みは欧米標準の1~2ヵ月しっかり取らせていただきます。
夏休み
これはフランスの田舎町で見つけた本屋さんのショーウインドウ。休暇なのに、また本ですか。フランス語版で好きな絵本を持っておくとかっこいいかなーこれは糸かがりかなーと思って、入口へ回ろうとしたところ…
夏休み
古い本もウインドウにあってかっこいい。これは古本屋さん?
夏休み
ウインドウというよりも建物がすごい…。マーブル小口の本、革装本が似合う。
夏休み
えーと何軒かの本屋さんと古本屋さんが続いているのかなと思ったら、入口は一つ。奥に長い長い古本屋さんでした。入口付近のディスプレイ。中に入って、あれこれ買ってしまいました。町の滞在中に何度も通って、最後はおまけしてもらいました。革表紙の約100年前の豆本をメインに購入しました。出国の手荷物検査で、自分の鞄の画像を見たら本がぎっしり。検査官に「本がいっぱい?」と聞かれました。豆本なので鞄に対する本の詰まり様がちょっと普通じゃなかった。
夏休み
他にも、ドイツで、子供向けの絵本のいまどきに触れて、アイデアがたくさん実現されていることを知ったり…
夏休み
マイスターがたくさんいる国で、さまざまな技術を感じ…
夏休み

夏休み
かわいいおうちも見て…
夏休み

夏休み
きれいな風景も見て…
夏休み

夏休み
そしてまた本ですが、ヘルマンヘッセミュージアムに行きました。マインツの印刷美術館には行かなかったのですが、ここでまた本や活版と出会いました。
夏休み
ヘッセの私家本。美しい活版、一折り中綴じでした。
夏休み