2012年12月28日

修理した本

豆本ツリーは好評に終了しました。豆本ツリーの最大の欠点って、実は毎年思うのですが物を探しづらいことです。年末の忙しい時期に、枝枝の間をこんなに探して!っていう企画はどうかと思いつつ、今年も快調な売れ行きでありがとうございました。
さて、言壺は今日で仕事納めです。忙しくて放置していた物事をここ数日でちゃんとしました。裏打ちした後の木の板を洗って干したり、欠けていたヘラをやすりで削り直したり、といった事をして、すっきりしました。
それから、これまでアップする時間がなかった絵本の修理の写真です。12月最後のレッスンで、無事にもう一冊、修理が完成しました! これまでの経緯はこちら。
続きの記事はこちら。
壊れた絵本の修理
新しい部材を用意しました。背ボールと、裏打ちしたクロスです。
壊れた絵本の修理
新しいクータを入れました。
壊れた絵本の修理
クータを入れた後、こんなふうに背は開いた状態。
壊れた絵本の修理
布の折り返しを入れるために、表紙ボールを二つに割っておきます。クータと見返しの間は、今、のりを入れてしまいます。
壊れた絵本の修理
背をつけました。
壊れた絵本の修理
上から見るとこんなふう。
壊れた絵本の修理
準備しておいたここの隙間に、布を折り返して入れてボンドでつけます。
壊れた絵本の修理
折り返して入れました。
壊れた絵本の修理
背表紙のタイトルパーツの、ボール紙をできるだけむいて薄くします。ばらばらのパーツは、定規を添えて、まっすぐに新しい紙の上に貼ります。
壊れた絵本の修理
背タイトルを布の上から貼れば、修理完了です。
壊れた絵本の修理
できました。また読めるようになった『ひとまねこざる』
壊れた絵本の修理
新しい糸が入ったページ。
壊れた絵本の修理
背側から見たところ。
壊れた絵本の修理
クータの動きや開きを確認。【↓before】【↑after】
壊れた絵本の修理
修理前:テープ修理をせっせとされていました。
壊れた絵本の修理
後ろ見返し。【↓before】【↑after】
壊れた絵本の修理
修理前:テープ修理から30年たって、テープが互いにくっつきあって開かない状態でした。
壊れた絵本の修理
【↓before】【↑after】
壊れた絵本の修理
修理前:テープ修理をせっせとしたために、背ボールやミゾが、加えられたテープの厚みを受け止められずに崩壊してしまい、綴じ糸が切れ、はずれたページでした。一枚のテープが次のテープを呼ぶ…。だから、テープ修理ではなく、薄和紙をヤマト糊で貼る修理をお勧めします。
壊れた絵本の修理
【↓before】【↑after】
壊れた絵本の修理
修理前:ここも修理のテープがくっつきあって開かない状態でした。このテープたちをはがすのに、5冊分で一年かかりました。その後の和紙修理と綴じ直しに、さらに一年。個人所蔵で子供時代の記念品だからできましたが、図書館での修理コストを考えたら、壊れた本は廃棄されてしまうでしょうね。
壊れた絵本の修理
修理した絵本は、これで3冊になりました。
壊れた絵本の修理
【↑before】11月に『自転車にのるひとまねこざる』の修理も終わりました。
壊れた絵本の修理
壊れた絵本の修理
【↓before】【↑after】ボールペンで絵の上に書かれた字は、紙を痛めるので消せませんでした。欠けたページは国会図書館の本のコピーで補いました。メンディングテープの中にすっぽりいた小鳥さんを、なんとかレスキューしたかったのですが、オリジナルはテープからはがすのは無理で、この部分はコピーです。
壊れた絵本の修理

壊れた絵本の修理
【↓before】【↑after】
壊れた絵本の修理

壊れた絵本の修理
【↓before】【↑after】テープはがし液が絵も溶かしたミスをしました。テープを取った後は、薄い和紙で切れたページをつないでありますが、和紙はほとんど見えません。
壊れた絵本の修理


さてさて、今年一年、お世話になりました。一月は七日から仕事始めになります。来年もよろしくお願いいたします。どうぞよいお年をお迎え下さい。

2012年12月23日

マグネット入り豆本ポートフォリオボックス『巳年銀河旅行鞄』

新作『巳年銀河旅行鞄』の写真を撮りました。見て触って楽しく、しかし二次元では説明しづらい物体なので写真枚数多いです。小さな本と、地図、切符が入った、小さなスーツケースのセットです。「旅のしおり」という取扱い説明書付。豆本ツリー(東京堂書店)で販売中。通販分は今回は難しいかも。
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
鞄は長辺が76mmのミニチュアブックサイズ。デザインコンセプトは、来年の干支へび。鞄側面に背タイに見立て、本のタイトルが入っています。
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
鞄の蓋は、マグネットで留まっています。
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
鞄は形としては四方帙です。内側面にもマグネットシートが貼ってあります。マグネットシートには、色鉛筆で書き込めて、消しゴムで消せます。ちょっと遊べます。
巳年銀河旅行鞄
「途中下車前途有効」のチケット付。検札済み。これも裏はマグネットシートなので、別の場所あちこちに張り替えて遊んで下さい。
巳年銀河旅行鞄
地図は、布で裏打ちしてあります。
巳年銀河旅行鞄
地図を全部広げたところ。夢の中で見る、何か書き込んであるけどさっぱり読み込めない地図をイメージして作りました。当初はミニ星座盤を入れようかなと思ったのですが、著作権があって、しかも文字のほうが自分はぐっと来るみたいなので、賢治から書き起こしました。今回、印刷は全部レーザープリンタ(コンピュータプリンタ)です。活版だと、マグネットの寿命よりも長すぎて釣り合わないので。
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
本は、布表紙です。円形の折り本です。表表紙と裏表紙からマグネットで留めています。
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄
本の中身は、来年のカレンダーと、干支の超短編です。複雑そうに見えますが、伸ばして展開すると一枚の紙です。
巳年銀河旅行鞄
旅のしおりという名の、取扱説明書。磁石を使っているため、ペースメーカーご使用の方はご注意下さい。
巳年銀河旅行鞄
巳年銀河旅行鞄

2012年12月21日

無酸

冬至らしい雰囲気になってきましたね。言壺通販では、毎年末恒例の、アンケート御礼のプレゼント抽選を行いました。今年は、ペイパルにショッピングカートを移したこともあってか、あまり件数は多くなく、当たる確率大での抽選となりました。言壺プレゼントは、K様が当選され、ささやかながら非売品の三角折本を進呈いたします。ペイパルは、私は海外とのやりとりだとすぐにこれを指定されるのでメジャー感がありましたが、日本ではなじみはないみたいですね。でも安定しているし来年もペイパルを使いますのでよろしく。

ところで、前回、中性紙というものに業界共通の基準はないと書きました。
実は和紙もそうです。「和紙」として売られていても、パルプ100%で、楮がひとかけらも入っていないというのはありえます。100均の半紙とか…。有名ブランドでも…。
ちょこっと酸化の話。 以前、私は「PHストリップ」という試験紙を使って、作品に使いたい紙のPHを測りまくりました。ちょっと予想外の結果が出ました。ものすごーく酸化した紙はとりあえず身の回りにはそんなにはなくって、ボール紙もファンシーペーパーも和紙も、ものすごく隔たった値にはならずに、かなり近い数値になりました。
その時はそれを不思議に思ったのですが、よく考えると納得のいく結果でした。PHストリップで測れるのは、「現時点での紙の表面PH」です。紙の表面っていうのは、楮100%の紙も、再生ボール紙も、そこそこ酸化していて、似たような数値です。しかも「現時点での」ということ。楮紙は、植物を溶かして抄き固めた物で、百年千年おそらくずっとほぼ性質を保ち続ける。一方だいたいの洋紙は、製紙の段階で薬品が使われ、将来的に酸化するシステムをその内部に含んでいる。紙の酸化は内部からむしろ起こります。だから、空気に触れさせずに大事に取っておいたって、内側から崩壊します。
作品を作る時、酸性紙を入れないようにしようとすると、そのへんのボール紙は全部アウトで、無酸なのはめちゃくちゃ堅いボードになり、豆本サイズに手切りは泣きます。そこまでするのなら接着剤が含む酸も気になりますよね。販売されている無酸の接着剤は、新製品で実証実験が足りていないのでちょっと敬遠。正麩糊を粉から煮て作り、木工ボンドにはアルカリ性の炭酸カルシウムを混ぜて酸を追い出しました。でもそうすると、使う水に含まれているイオンも気になりますよね。精製水で糊を煮て、筆も洗って、ということになります。
ところがここまでこだわってしまうと、美術品の修復級です。表装のお仕事は今や美術品の修復が多く、NASA水を使っているという話も聞きました。それと同じようなことになってしまいます。
でもちょっと待って。私は、どんなスピードで、どんなグレードの仕事をしていきたいか。
それを考えると、使う紙や素材が限られているところでは、自分の表現したい物が作れない、と思いました。無酸を貫くのなら、和紙に活版印刷してアーカイバルボードを表紙にした洋本か、和紙に墨で書いて和綴じにした和本か、二種類しか形が作れないかも。パッセカルトンをせっかく習っているけれど、膠も革も持たない物質ですしねー。
作品の中に、洋紙やボール紙を入れたい。そうすると、木工ボンドに炭酸カルシウムを混ぜるのはそんなに意味がないし、精製水までも使う意味がない。
そういう考えで作るものは、十年百年うまくすればもつけれど、千年は無理かなー。という物になります。
けれど作品の内容が、千年後の人間に意味がわかる物かもわからない。
それより、今すぐから十年百年楽しめるのが大事でしょう。そこに向けて作る。という結論に私は達しています。「今すぐから十年百年楽しめる」というのも、材料から作り方までちゃんと気を配らないとできない、けっこう大きな目標ですから。

2012年12月20日

接着剤

材料について。補足です。
マグネットを使用すると、マグネット自体に、動こうとする力があるので紙や接着剤を壊す力が働きます。さらに、紙とマグネットとの接着に、性質の安定が確認されていない接着剤を使用しています。だからあんまり長持ちはしません。
マグネット(金属)と、紙は、シリコン系の接着剤で接着できました。
マグネットシート(ポリプロピレン)は、中性糊の両面テープで接着しました。

両面テープについて。美術用品向きで、ベースの紙も中性、糊も中性とうたっているドイツ製の製品があります。ただしそうはいっても基本は、作品の中に入れるのではなく、仮止め用だと思います。これは10年くらいはもつのかなあと思います。
こういう新製品のものは、実証実験が現時点までしかないので、未知数の部分も多いです。
新製品は、たまに失敗作があります。たとえば、本の修理のクラスで取ったノートに、「リザベーションオイル:フランス国立図書館の靴墨タイプのは失敗作なので買わないで」と書いてあります。
栃折久美子さんの『手製本を楽しむ』に、ベルギー製のレミイという糊を使っていると書かれていますが、その後、レミイは商品リニューアルして失敗して、違う性質のものになってしまい、使わなくなったと聞きました。それで正麩糊を使い始めたと。
また、PVAc糊は、最初よいということで海外で美術品の補修などにも使っていたけれど、その後、しみになるなどだめだったことがわかって、取り去るのにえらい苦労をしているとか。
そんな話がちょくちょく聞こえてきます。

和紙に正麩糊を使ったものは、奈良時代のものがまだ大丈夫です。古くからある素材は、それだけ長い時間観察して、大丈夫ということが明らかです。

長持ちを考えて、作品作りが一歩も先に進まなった時がかつて私にありました。
今回、マグネット入り作品に両面テープを使用しています。内容がカレンダーと干支超短編なので、基本的には1年以上もてばよいかと。説明も添付しています。
そもそも本文紙が中性か? (中性紙抄きと書いてある紙もありますが、中性紙ということに対して、製紙業界の基準はないです)。
印刷インキは?
ボール紙はだいたい再生紙で、つまりは酸性紙だし。
などと考えると、だいたいの素材がバランスよく10年くらいもつと考えて妥当かと思っています。とはいえ、おそらく、今の素材はこの見積もりよりも実際にはもっともつ気がします。
学童用の糊は口に入れても大丈夫なよう極力保存料を押さえているので、紙の保存にもよいらしいです。
木工ボンドも、含有成分と使用観察から、かなり紙に安全だとわかっています。
サイコロキャラメルの紙箱に使われている糊が、ホットメルト(商業出版の背に使われているのと同じ糊)だとすると、30~50年くらいもつのかなと思います。 ホットメルトは、70年代の本が今どんどん壊れていてますが、今のホットメルトはそれより改良されているので、50年くらいはもちそうかな。
マグネット入りの本は、100年1000年長持ちするよりも、10年できれば数十年くらい、楽しく遊ぶほうが主な目的です。
マグネット入りの本と鞄を持って、それまでに、銀河旅行にお出かけ下さい。
大人の時間は、あっというまに過ぎるので、たとえば豆本がちゃぽんは既に7,8年続けていて、10年はもってほしいと思っています。数か月~1年で取れちゃったり染みになったりするのはあまりにも早いでしょう。 スティック糊はこれに当てはまるので、NGと思います。

2012年12月9日

豆本ツリーが始まっています。東京堂書店神田神保町店にて

豆本ツリー
豆本ツリーが、神保町の東京堂書店3階で始まりました。25日まで。白いツリーに下がっているのは全て販売品で、ツリーから外して購入できます。
豆本ツリー
私の出品は、自分で作れるサイコロキャラメルカレンダーキット。サイコロキャラメルは自分で準備して下さいね。
豆本ツリー
巳年銀河旅行鞄。
豆本ツリー
作っていました。来年の干支は巳なので、巳は円環だと思い、カレンダーは円形に。みずのとみなので、水と火のイメージで。使用素材は、マグネット、布、紙、色鉛筆など。カレンダーの後ろにみずのとみの超短編も入っています。円形のカレンダー+超短編の本と、布で裏打ちした銀河鉄道乗換地図、銀河鉄道乗車券が、クロコ風ハードなスーツケースに入ったセットです。
豆本ツリー
色鉛筆を塗り重ねて、オリジナルペーパーを作るのは、アートフリマin文学館の「フラッグブック」『とよはたぐも』以来、すっかりお気に入り。この紙一枚で童心に戻れます。
マグネットを使用することで、マグネット周辺から接着が弱くなったり、マグネットが思わぬ吸着をして本体を痛める可能性があり、本としての寿命は、私の他の本と比べて長持ちしないものになっていますが、今楽しく遊びたいわけなので、遊べるものを作りたいと思い、保証期間は二年、耐用年数は十数年と考えて作りました。
以下は、作りながら考えたこと…。マグネットという素材を、本に取りいれるにあたり、けっこう悩んで作りました。
私は、「ルリユール工房」に通って、西洋の伝統的な手製本の制作技術と同時に、栃折流の本作りの思想を知らず知らずのうちに学んでいました。たとえば、本を構成する各部分の寿命のバランスが極端に違うとおかしいとか。たとえば紙や印刷がまだ大丈夫なのに本の綴じだけが壊れるのは困ると思う感覚。パッセカルトンできる本、パッセカルトンにしない本の基準。「私たちはこうは作らない」と言う。
ここ数年、私は「本の場」にも行って、自由に作る楽しさも味わっています。新しい素材や、新しい形を作ろうと思うと、伝統にはない手法になるので、それをどう扱うか、技術の小引き出しや、新素材で実験を積み重ねてきた知恵と経験が必要。私には「自由に作る」ということも言える。
そのどちらも、素敵なことで、両方行って両方のよさがわかってきた気がします。何でも選べるわけで、選ぶことがどんなブックアートを作るかに直結しています。何でもできるから「私はこれはしない」という美意識は必要、そして「新しいことをする」自由が私には必要。両方の工房にいまだに通っていて、もう勉強一生かな。

2012年12月4日

池袋コミュニティカレッジ 特別講座続報

池袋コミュニティカレッジ 特別講座 手のひらサイズの豆本を作ろう  次回講座は、2月2日(土)に、「箔押しバレンタインカード」を作る予定です。箔押しは刻印道具を揃えるのがちょっとしたハードルなので、今回はルレットやドライバーなどがあればおうちでもできる箔押しを予定。カードのデザインは、ちょっぴりレトロでレースの似合いそうな素直にかわいいのをラフスケッチで描いています。ばーんとハートのシルエットが来るのではなくて、開くとわかるハート型。講座の詳細は今月中旬頃に、またチェックしてみて下さい。

2012年12月3日

今の机の上

12月1日は池袋コミュニティカレッジ特別講座で、皆さん見事に手を動かし、かわいい布表紙の豆本がこの世の中に増えてくれました。私が作った、花かごの表紙のも、無事にプレスから出てきました。プレスから出したら、挟み込みの紙を取り去り(しわがついていなければ作業紙は乾かして何度も使用できます)、みぞにかけた糸をはさみで切って下さいね。
豆本
さて、5日から豆本ツリーが東京堂書店3階で始まります。5日の朝一から、皆の全作品が揃うというわけではなく、少しずつ入荷すると思います…。
私は、まずはサイコロキャラメルの空き箱に入れるカレンダーのキットを作っています。自分で作るキットで、マグネット付で簡単。500円ワンコインです。裏に来年の干支(癸巳)の超短編つき。5日までに、まず10セット入荷します。写真はヨコハマ限定の青いサイコロキャラメル。写真は試作品なので粗いです。サイコロキャラメルってかわいいなあ、豆本を入れて持ち歩くのにぴったり、と思ったらこんな作品ができちゃいました。明治製菓に知り合いは全くいませんが。
豆本
豆本
その他に、もう一つマグネット付のカレンダーを作っています。マグネットの不思議な吸引力の魅力に、すっかりはまり中。でも難しい素材です。こちらのカレンダーでは、来年の干支「へび」の円環を表現します。これは小さな地図や小さな乗車券と一緒に小さな旅行鞄に収めて、セットで3800円くらいの予定。入荷は早くて5日、遅くて10日頃かなあ。遠方からの方は、東京堂書店に問い合わせてもかなり大丈夫だと思います。しっかり者の書店員さんたち揃いのお店みたいなので。さてとにかく作ります。