2014年12月29日

2014年から2015年へ

「豆本ツリー」と「神保町クリスマスオリエンテーリング」、ご参加ご来場ありがとうございました。豆本を作る場所と思われたり、豆本にはよくあることですが豆本がぱったり倒れていたりなどの、不行き届きの点は大変失礼いたしました。今の時の流れの中で、どれだけのことができるものか、小さいものごとにおつきあいいただきまして、ありがとうございました。小さなイベントを、気づいた方々に楽しんでいただけて、幸いでした。
さて私の2014年は、『豆本づくりのいろは増補新版』が出て、豆本新刊としても『Small Gift』『Spiral』「和綴じノート」『語学の練習』などが発行できて、定番と位置づけたい『不思議の国のアリス』も製本できて、製本家らしい視点をもって手をたくさん動かした年でした。『Small Gift』では極小の折本をジグの助けで形にしました。『Spiral』では、磁石埋め込み表紙を革表紙でくるみ、夫婦函に収めました。「和綴じノート」では柄ものの布表紙で、本に。『語学の練習』ではフラッグブックで表現し、数ものを作るという挑戦を。『不思議の国のアリス』では革表紙での製本表現を磨きました。このように、振り返ってみれば、手の技法や技術を広げた年でした。一方で、その制作時間を確保するために、カルチャースクールの講座を辞めるという我儘を赦していただきました。今とても心身充実して、小さな種のような気分です。来年2015年は、集中してオリジナルを作る年になりそうです。3年前に拾ってあった活字を、ようやく組んで形にします。
通販のほうからのお知らせで、『不思議の国のアリス』通常版、残少です。『Rainbow』通販分完売です。東京堂にはどちらもまだ一冊ずつあります。
今年はまだ3日あります。一週間前に印刷できていたけれど書く時間が取れなかった年賀状を、これから書きます!

2014年12月19日

神保町散歩

午後の散歩は神保町へ行っていました。町にけっこう人がいるんですよね。挨拶回りっぽい方とかもね。豆本ツリーの豆本、まだいろいろありました。けっこう減ったけれど、落ち着いて見たら、いいもの、種類、枝の間にいっぱいあるよー。
神保町オリエンテーリングブックも補充してきました。その時、お店の人に、嬉しい話をいろいろ聞きました。初めての試みなので反応があるか心配だったけれど、よかったー。25日まで、あと一週間弱。ブックをもらってスタンプラリーでお楽しみ下さい。古書会館のモミの木には、水をあげてきました。この空間で見るとちょっと小さいけれど、紙製の飾りが渋くて、詩情が感じられるモミの木。本物の木の香りは、かすか。

豆本づくりのいろは増補新版私事

 図書室の話を一つ。病院の廊下に、「図書室へ行こう」という手書きのポスターが貼ってあって、「本かあー今の体調で文字を追って読めるかなあー」と自信はなかったけれど、地図を見て、エレベーターを乗り継ぎ、初めて通る廊下を歩いていきました。たどりついたのは、明るい光が部屋半分に降り注いでいて、真っ青な海が窓から見えて、手作りのペンキ塗りの大きな机や長いベンチのある部屋で、低い書棚に本が並んでいました。ボランティアの方が時間を決めて開館している図書室で、人が何人かいて静かでした。文芸書や推理小説やエッセイがあって、『ぼくはこんな本を読んできた』が棚の真ん中あたりに刺さっていたのでそれを取りました。(これって、神保町の本屋めぐりの話に東京堂が出てくるはずなんだよねー『書店の棚 本の気配』にそう書いてあった。東京堂のことでも読めば、私その本屋さんに豆本置いてるんだよーと思って元気になれるかな。)と考え、中を開くと、活字印刷で紙面が白黒はっきりして強くってばちっと目が捉えられました。椅子に腰かけて、読み始めました。他の方に「その本おもしろいですか?」と聞かれて「はい」と答え、(借りるなら私の後で)と思い、閉館までそこで読んで、借りて部屋に持ち帰って、そんな読書をしました。でも読んでいるうちにこの本を前に読んだことを思い出した。よく晴れていて、海がそばにあって、温かい室内で本が読めて、あの図書室で過ごした2時間くらいのことはきっと忘れないと思う。退院後、『豆本づくりのいろは増補新版』を寄贈しました。手作りのクラフト系の本は、入院中の方にけっこういいんじゃないかなーと思って。紙があれば形を作れるし、病院で図書室に来るような人はきっと本好きだろうからと。どうかなあと思って電話して総務課にお話ししてみたら、「いいですね!」と。あの本の表紙はちょっと暗めだけれど、いろんな思いがある人には、暗めの表紙というのも受け入れられるものかもしれないな。

 退院後検診が終わって、もう行かなくていいことになりました。晴れて自由の身ですー。亀田病院を選べて思い切って本当に良かったと思いました。今の日本の医療技術はすごいからと聞いたとおり、痛みを我慢して寝てる時代じゃなくなってきて、人間的に扱ってもらっていろんな意味でストレスゼロでした。生活習慣は、入院を経ていろいろと変わったことがあり、朝YouTubeでラジオ体操するとか、朝日を浴びて地元を散歩して、東京湾の漁港まで行くとか、明らかに前よりも健康です。夕日は旧江戸川へ見に行きます。もう何をしてもいいことにもなりましたが、今のところは、仕事部屋の素材を整理したり、年賀状にする凸版を真映社さんへデータ入稿したりしました。あとは自分の心の問題だけ。

2014年12月15日

師走に豆本という小さなものを

金曜日に神保町へ行って、豆本ツリーを見たり、自分でもオリエンテーリングしたりしてみました。
豆本ツリーは開始当初、枝も見えないくらい盛られていましたが、金曜日に見たところだと、「かなり減ったけど、まだまだ選べるくらいある」かなーと思いました。豆本ツリー横の豆本棚と併せれば、種類も豊富で見ごたえ充分だーと思っています。『豆本づくりのいろは 増補新版』も東京堂書店に入荷していました。お勤め帰りに、週末や祝日の散策に、どうぞお立ち寄り下さい。豆本を、帰省の手土産にもいかがでしょう。
神保町オリエンテーリングは、概念がなんだか難しかった?とも思ったりしていますが、文字はんこを使った形跡があってちょっと嬉しかったです。でもこういう場で捺すの、私も失敗しました。はんこの下が平らであるという基本に忠実にいったほうがいいんですね。
都内に出ると、まだ術後なのでその後疲れたので、まだまだ地元で散歩することにして毎日があっというまに過ぎてます。早寝していると一日が短いです。凝った豆本を作る気にはまだとてもなりません。在庫なくなったらなしでいいやー値段がすぐに売れる値段でもないから大丈夫だろうーと思っています。東京湾へ行くと漁船やユリカモメがいて、毎朝、貝がざくざく採れています。夕暮れに旧江戸川へ行くと、浮世絵の世界のような水の色や雲。海と川と両方行くと一万歩くらいになります。
これから、スケッチから凸版を起こして、印刷してみるつもりです。来年は印刷の年になるかなあ。500文字の心臓も参加しようっと。憑かれたように豆本を作って8年になります。ルーチンワークはいらないや。豆本を作れる人も増えたから、万人受けするものを見せて豆本の認知を高めようということもやらなくていいと思う。仲間が増えて、自分の道だけ考えれば良くて、助かってます。
豆本
『王様のブランチ』で作った豆本です。これは、良くできたなー。かわいいんだよ。タイトルはくぼませてあります。

2014年12月6日

神保町クリスマスオリエンテーリング始まりました

オリエンテーリングブックは5人のボランティアで折り続けて、今日開始日を迎えました。ありがとうございました。どうぞお楽しみ下さい。


特に見逃せないのが、古書会館のクリスマスツリー。本物のモミの木に飾ってあるオーナメントの一部には、「書皮」が使われています。本屋さんで包んでくれる紙を使って折ったもの。ちらりとのぞく模様から、どこのものかわかる? 25日までの開催です。
>>フライヤーはこちら

豆本ツリー2014始まりました


 神保町の東京堂書店で開催中!クリスマスツリーにぶらさがった豆本は全て販売品です。
 6作家の20種類の豆本がぶら下がりました。豆本はどれも手作り品につき、すぐに補充はできかねますのでご了承下さい。
 豆本ツリー2014はかなり見ごたえがあり、豪華で、ちょっと買って減らしてよというぐらいツリーが山盛り。これだけ作るのは、ほんと大変ですよー。
>>出品計20作品の一覧はこちら

2014年12月4日

王様のブランチ

「王様のブランチ」取材を受けました。12/6ランキング内のブットピというコーナーで放送予定!
放送中、私はちょうど神保町で「豆本ツリー」と「神保町オリエンテーリング」の設置中です。小さな世界へ、本の街へ、人が来てくれるといいな。

2014年12月1日

神保町クリスマス

神保町クリスマス
「クリスマスDMを製本する会」、昨日開催でした。私も含めて5人がかりで、筋入れして、切って、折って、折りまくって、ジグを使って、でも終わらなかったー。配布開始の6日まで、宿題でちびちび製本することに。函は山猫やさん特製、タイトル文字はカリグラファー星幸恵さん。山猫やさんはオリエンテーリングのはんこも、星さんはモミの木につける言葉の看板や紙製オーナメントも作ってくれています。本の街ならではのツリーに、大人散歩に来て下さい。私の豆本もオリエンテーリングツリーの一本にぶらさがっています。

2014年12月6~25日「神保町クリスマスツリー オリエンテーリング」

今年2014年初めての企画です
本の街3箇所に、「オリエンテーリングツリー」が立っています。
ツリーの中には、言葉の看板が隠されています。
ツリーの足元には、文字のスタンプと、「オリエンテーリングブック」があります。
「オリエンテーリングブック」に文字スタンプを一文字ずつ捺しながら、
ツリー全てを周ると、言葉がつながり、メッセージが現れます。
全部の文字スタンプを捺し、本を完成させて下さい。
>>フライヤーはこちらnew

2014年12月6日正午~25日21:00「豆本ツリー2014」

「オリエンテーリングツリー」の一本である「豆本ツリー」に私の豆本もぶら下がります。
ギフトパッケージの豆本を店内ツリーにぶらさげ、取って購入することができる「豆本ツリー」です。
豆本ツリーは今年7年目の開催です。

去年2013年の豆本ツリーです
ツリー設置場所 神田神保町1-17
東京堂書店 神田神保町店 一階 エレベーターホール前
営業時間 10:00~21:00 日祝20:00まで
豆本ツリー2014参加作家: 赤井都、オレンジ宇宙工場、瓢箪堂、水野真帆、よしのちほ、蓮月堂(敬称略、50音順)