2015年1月29日

止まってから飛ぶ

 今年も十二分の一が過ぎようとしていますね。こつこつとやっています。年賀状の、線画の印刷が好評だったので、これでいけるという気持ちで、文章に合わせる絵を少しずつ描いています。文章のほうはもう4年前にできて文選までしてあったし、紙も買ってあった。それで形にしあぐねてストーリーボードみたいな企画図ばかり書いていた。忙しすぎて落ち着いた時間が取れなかったと言おう。先日の新年会の後、印刷家さんと新宿で同じ方向をむいたベンチに座っていた時に「しっかり止まって、飛ぶことが必要」と言われた。私は、しっかり止まることが、去年とその前の二年かけて、できたと思う。二年前はブレーキをかけていた。でも周りが静かになるとなんだか心配になった。一日のメールの件数や電話の数、都内に出る回数、それらを減らすことが制作時間の確保のために望んでいたことだったのに、実際にそうなると忘れられた人みたいな気分になって不安を覚えた。本当に落ち着いて止まれたのは、去年。特に夏から冬にかけて。三省堂催事はあったけれど、あれは忙しさよりもむしろ制作へのよい刺激を連れてきてくれた。これで、飛ぶつもり。スケッチは、散歩のたびに「一日一枚以上は書かない」という縛りでこつこつと一枚ずつ描いて、でもなんとなく敗北感で帰ってくる。このスケッチブックが全ページ埋まるまで外で遊んで、あとは印刷マジックでなんとか見せよう。
豆本
 玄関のスケッチブック。水色の布をかぶっている下にはテキン。くつ箱の中には、文選した鉛活字が、きっちりと新聞紙にくるまれて入っている。

2015年1月28日

tacoche

中野のタコシェへ行ってきました。外は寒くても、中野ブロードウェイはいつも熱い。直通エスカレーターで3階へ上ると、まずはまんだらけ本店があって、本屋だったけど雑貨店化したお店がさらに雑貨店に傾いていたりして、久しぶりにこのへんへ行きました。タコシェに来るたび一通ずつ買うことにしていた手紙文学は見当たらなくなっていた。秋口に三省堂本店でも見かけたっけ。白いガラス棚の中に、豆本を置いています。壜に入っていたり、ドールの横に置いて欲しいなと思うサイズです。アリスが製本できた暁には、東京堂だけでなくここにも納品してみたい。でもなかなかアリスは進まない。ここを知る友人は「カオス」というお店。いろいろ並んでいます。私の活版豆本もカオスに一役買います。
豆本販売
豆本販売
豆本販売


2015年1月22日

この二週間の出来事と読書など

 前回ブログ記事を書いたのは2週間前でしたか。時間の流れの速さにはただびっくりするほかありませんが、毎日とても充実して楽しく過ごしています。
 先週末は、活版合同新年会でした。活版工房さん、バードデザインレタープレスさん、そして豆本私の、そっとふわっとメンバーで、昼からの御席でした。今年はどんな年になるんだろう? いい年にするぞーと気力も新たにしました。年賀状への感想を収集し、好評の一言に。この調子で今年は活版を刷っていこう!
 昨年は実はこの家から引越したいなと考えていたのですが、引越しではなく片付けして仕事にかかろうと考え、昨年からご存じのとおり家のあちこちをきれいに使いやすくして、そしてホームページも徐々にアップデート中。今は引き出しの中など地味なところを片付けています。謎のねじ釘やコード類、ボタンなどが発掘されています。なかなか仕事にかかれない。自宅個展や教室で家に来た人には、家がきれいだと言って驚かれることが多いけれど、そこからさらにひとまわり空間を充実させています。ほぼ8年、ものすごく忙しい生活をしていて日常空間に目を向けられなかったので、今、8年ぶんの片付けをしているところ。
 片付けをしつつ、一日の中で仕事する時間を決めて、そっとふわっと5月名古屋出店の件でさっそく今年の打ち合わせを再開しています。
 今週は、久しぶりに池袋の修理と保存のレッスンにも行きました。手を動かして和紙やのりを扱うのが楽しかった。世界遺産の和紙。和紙の機能性は最高です。薄くて、丈夫。他で、SLティッシュを使って修理しているという話を耳にしましたが、フランスだと「たばこ紙」というようなあれ系の繊維の弱い薄い紙は、綴じ穴を破りかけた時に使ったことがあるくらいで、ページの破れなどの修理は、強度が要求されるので、私は和紙を選びたいなあ。何を選ぶかは修理する本への自由と責任でその都度持ち主が本の使用度合に応じて決めることで、ただし無知では責任が果たせないからだめでしょう。どの箇所の修理に使われたのかを聞くのを忘れましたが、場合によっては、いくら見た目がきれいに仕上がっても、必要な強度が出ていなかったらまた破れて、さらなる修理が必要になるのではありませんか。
 昨日は松屋銀座の、古書市初日。イラストレーターさんとばったり逢い、二人で周りました。いいものありましたよ! せっかくなので手元に置いて勉強できる本にお金を使うべきだと思って、予算3000円代で、絵と字のある活版印刷の有名出版のブラックレターの本を買いました。
 眼鏡も新調しました。物持ちよすぎなのでふと気づくと、14年も使っていてレンズに傷がありました。久しぶりに視力を測定してもらい、まだ近視だけでよいようなので、ど近眼眼鏡をまた作りました。とんぼの眼鏡みたいな水色眼鏡です。前の紫フレームもまだ使えるらしい。
豆本
 瓶入り豆本『Small Gift』。本が好きなのは北側の窓辺。
 実用書などを読書していました。

『フランス人は10着しか服を持たない』年末に日本橋丸善一階の目立つ角に平積みで、近所の小さな駅前書店でも平積みで、既に目にされている方も多いと思う本。実際に読むと内容がしっかりしていて、片付けにすぐ役立っている本です。断捨離(R)には生前整理のような雰囲気を感じてしまいますが、日常を楽しむためというニュアンスをぐっと増量するとこんな本になるかな。毎日「いい服」を着て、一日を特別なものに感じられます。

『日本の大和言葉を美しく話す』年末に、東京堂書店一階で面出しされていた本。こういう自分がいかにも近づかないエリアにありそうな本が身近に出ているところが、東京堂っていい本屋さんと言われるゆえんかとも思う。メールや話し言葉が紋切型で無味乾燥になりそうところから脱出できそう。ただ、これまでの自分とのギャップがありすぎて別人みたいになりそうでもある。

『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている』 東京製本倶楽部会報でレビューがあり、昨年夏に三省堂エレベーター横特設コーナーで実際のパルプ繊維の展示などもあった、話題のルポルタージュをようやく読みました。震災直後の描写が中にあります。スカイツリーと比べられるくらいの機械ってすごい。本を愛するからというよりもテクノロジー、技術技能がすごいと感じます。ストーリーも『下町ロケット』よりおもしろいくらいで実話。私が最近いつも散歩に行く地元の旧江戸川べりに、製紙工場の煙突がそびえていつももくもくなっています。板紙を作っているらしいです。紙漉きは水辺で。

2015年1月9日

2015年は深く潜る年

 今年2015年もよろしくお願いいたします。この冬じゅう空気が澄んで青空がきれいに見えています。冬休みの間、地元や近所で過ごしていました。行ったのは日本橋、秋葉原、河童橋、南船橋などですね。パソコンが新しくなりました。照明器具も、ようやく明るくて省電力のLEDに買い換えました。他には、いつのまにか古くなった額や書類などを整理して、大掃除と片付けをしました。これで、ようやく作業環境の基盤が再び整った感があります。これから先一年は、この場所で、新しい本を作っていきます。ちょうどまる一年後に自宅アトリエで個展を開きます。個展は2年に一回と決めたので、来年がその年になります。そこに出す新刊を、もはや、売るとも、豆ともこだわらず、作りたい本の形で、作りたい冊数作ることにしました。作品作りを、小さくても出版事業と考えてきた縛りを外して、何もない振り出しに返ったつもりで、好きなように作ります。没頭すると一週間単位で時間が過ぎるので、傍目からは、何も見えないかもしれませんが、深海深く潜って時々息継ぎに出てきます。
 年が明けてからは、日本橋高島屋の「川瀬巴水展」へ山猫やさんと行き、まだ今年10日もたっていないとは到底思えないくらいの充実感でした。
 アリス豆本は、豆本ツリーが終わったので他の委託店へも配本を、と思ったのですが、特装版、通常版ともに手持ち在庫なしになりました。東京堂書店に通常版が1冊あるのを12月末に確認していて、それが製本済みの最後の一冊になります。5月までに地道に製本します。工程数が多いので、すぐには無理です。なお『ぴょん』『Rainbow』も東京堂にあるのが在庫最後の一冊です。『ぴょん』はこれから製本します。『Rainbow』は販売数終了になります。今年も、よい出会いが、人と、本とにありますように。
豆本
アリス豆本。出庫前にルーペでチェックしました。