2015年5月25日

和紙の里、紙工房たかのへ行ってきました

名古屋の展示販売の会期は27日までです。さて先週平日、山猫やさんと、和紙めぐりの旅へ行ってきました。小川町と東秩父村で梳かれている楮の紙「細川紙」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されたのですよね。先だっては小津和紙ギャラリーへトークを聞きに行き、紙漉き体験が教育などにも大きな役割を果たし、その次世代へ伝える取り組みが、無形文化遺産登録への一歩になったようだというようなお話にも興味を持ち、前から行きたいと思っていた所だからぜひ一度行かねば! と、思い立ちました。山猫やさんや、活版印刷おじさんのお一人や、また本の修理の先生たちは、紙漉き所へ直に行って紙を選んで購入していらっしゃるとか。5月の風がさやさやとした、よいお天気の日になりました。お祝いの幟などが立つなか、まずは和紙の里で、紙漉き体験。
紙漉き
パルプの溜め漉き。丸い枠の中に、紙の元が入っています。自分でやらせてもらえて、嬉しかった!
紙漉き
建物周辺でお花を摘んできて、紙の中に入れてよいのですが、植物の多様性に山を感じました。ユキノシタも入れました。10枚のはがきと、2枚の丸い紙です。画力ついた気がする。山猫やさんは、ポップなはがきと、和風のタペストリーを作っていて素敵でした。二人とも一時間かかって花を並べていました。力作です。力を出し切りました。まだ濡れていますが、これを絞って干して、紙になったら郵送されてきます。楽しみ!
紙漉き
「和紙の里」と道を挟んだ向かいが、私の豆本でよく使っている「紙工房たかの」です。二人でそちらへ行く前に「すきふね」で天ぷらそば、きゅっと冷えていておいしかったです。紙工房たかのさんでは、元デザイナーで紙漉きになった田村さんに教えてもらって楮の紙漉きを体験しました。あらゆる新聞と東武線のパンフの表紙などに露出しまくっている社長「おじい」も、紙漉きしていました。木枠を持って、ちゃっぷんちゃっぷんと、波をたてるリズムを、田村さんやおじいに、「うまいね」って言われて、私も東秩父に住もうかな!と思ったけれど、続いて紙を干す段階で既に、難しさをたっぷりと味わうことになりました。楮のちりとりや繊維を叩く作業は、以前ルリユール工房の特別講座で体験しましたが、根気がいる作業なんですよねえ。今は季節が良いけれど、よい紙ができるという冬は、冷たいんだろうなあ。
次の豆本にするための、白い紙などを中心に買ってきました。紙の売上、この日はぴんと立ちました。でも、これで豆本を一年作ると知って、おじいはちょっと残念そうでした。これが毎月だったらいいんですよね。

2015年5月19日

名古屋で豆本

名古屋へ行ってきました。「豆本読書茶会」には11人のお客様が次々にご来店され、お一人ずつオーダーを聞いて豆本かカードホルダーをお作りしました。小さな本のために丸栄8階茶道具売場へお運びいただき、ありがとうございました。以前から、こうした形式のイベントをやってみたかったので、この機会に一緒にイベントを作ることができて、私にも嬉しいひとときでした。ワークショップのように説明して作ってもらうのではなく、作るのが私一人だと、容赦なく速く手を動かしてよいので、実は楽でした。待ち時間などに見ていただいた豆本は、『豆本づくりのいろは』『楽しい豆本の作りかた』掲載作や、私がワークショップで作った豆本、アメリカやフランス、スペインなどの豆本でした。
豆本
さて、うちに戻り、赤い革表紙の『不思議の国のアリス』の製本作業の続きです。品切れになっていますが、作業を進めていました。写真は今の本の状態です。乾燥が終了したらプレスの下から出せて、あいている箇所にタイトルを貼って完成します。17日のイベントには間に合わなかったのですが、今週木曜入荷予定です。 「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶」は5月27日水曜日16時まで開催します。

豆本
ところで、新しい教室のお知らせです。自宅アトリエでの教室に、「プライベート・レッスン」を設定します。女性限定一日一名のマンツーマンレッスンです。本の内容がシークレットな場合(部外秘だったり発表時期まで公開不可だったり)や、フィジカルなどいろいろな面で気兼ねなく作ることに向かいたい方、待ち時間をゼロにしたい方などにお勧めのスタイルです。作業の後のおやつは、ささやかなお菓子になりそうですが、気候等条件が許せば、外のテーブル席で、空の下でお茶することも可能です。作業時間3時間なら、平日1万円、土日祝1万2千円です。御予約やお問い合わせはメールフォームからどうぞ。

2015年5月11日

好評開催中「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶」


「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶」
会期:2015年5月7日(木)~27日(水)
期間中イベント:5月9日、10日「活版印刷ワークショップ イニシャルメッセージカード」(好評終了)
  5月17日(日)豆本読書茶会
会場:名古屋市中区栄3-3-1 丸栄百貨店8階茶道具売場あーと・すぽっと
時間:10時~19時(最終日16時まで)
「そっと豆本、ふわっと活版」ウェブサイト

先週末のあーとすぽっとでの活版ワークショップのようすが、アルエイアートクラブのブログで見られます。茶道具と活版印刷機のツーショット! 2日でのべ26人、お昼休憩に行けたのが15時過ぎだったそうです。すごーい。
金曜夜、機械を設置/ 印刷しているところ/ 無事終了のようす
反響が大きくて嬉しいかぎりです。豆本の本も、売れていて追納しているんですよね。今度の日曜は私が「豆本読書茶会」で行きます。活版機械みたいに豆本は音が出ないから人を惹けるかどうか。どきどき。
豆本
写真は、先週の自宅教室でお出ししたレモンタルト。一年で一番気持ちのよい季節ですね。ラベンダーやバーベナがすくすくと育っているベランダにテーブルと椅子を置いたら、自分には最高のテラス席になって、ぼんやりしたくて困っています。何が作ることにつながるって、自然を感じることが私の場合つながるので、風を感じてひといきついています。

2015年5月5日

立夏の豆本生活「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶」開催中

 日の出は4時46分、日の入りは18時半なんですね。満ちた月は午後7時半には出て、5時半まで空にいるから、それは明るくて眩しいわけです。いまひとつ眠りが浅い気がしていますが、頭と手と、物事なんとか進めました。「言壺のものづくり」こだわりかた説明を更新しました。かなり文章が長いけれど、ルリユールの修養が一段落して、さらに手を動かすうち、今の自分の考えをちゃんと書けた気がします。マニアックさがにじみ出てるのは、ごめんそこは今は許して。
 このところ、名古屋出品の準備に追われていました。
豆本
 ディスプレイ用に、こんな本箱ふう函を作りました。自分の豆本の寸法に合わせて、ぴったりなサイズに。大きなものを久しぶりに作ったよ。大きなサイズも作るのはおもしろい。
豆本
 今回は18種類の豆本と豆本作り方本を出品します。上は目新しくパッケージしてみた切手ミニカード。二冊セットで、裏には活版で刷ったおまけを入れました。
 名古屋の会期は5月7日から27日です。17日には豆本読書茶会で一日在廊します。どうぞよろしく。詳しいDM、ご案内はこちらからどうぞ。DMを葉書サイズで印刷すると豆本は実物大となります。


「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶」
会期:2015年5月7日(木)~27日(水)
期間中イベント:5月9日、10日「活版印刷ワークショップ イニシャルメッセージカード」
  5月17日(日)豆本読書茶会
会場:名古屋市中区栄3-3-1 丸栄百貨店8階茶道具売場あーと・すぽっと
時間:10時~19時(最終日16時まで)
「そっと豆本、ふわっと活版」ウェブサイト

 名古屋出品追い込みの頃、メールボックスを開くと、香港ブックアートフェスタ2015のfacebookページがオープンしたよとの知らせ。6月に、招待されて一週間行ってきます。香港で、出品展示、講演、ワークショップを行います。実はこの香港の主催が私の豆本のファンで、今回の招待となりました。豆本なんて小さなもので呼んでもらっていいの、と私は思いましたが、香港では豆本コンテストもする盛り上がりぶり。『豆本づくりのいろは』が台湾語版翻訳出版されたのは、そんな広がりにも役立っていたのかもしれません。