2019年12月26日

背表紙が取れた本の修理

カフェの蔵書をお直ししました。カフェに来た皆が次々に手に取って読んでいるうちに、背表紙がぽろっと取れてしまったんですって。
書籍の修理と保存
見てみたら、そのまま背表紙を戻しても、同じようにまた壊れる構造なので、「クータ」を入れてから背表紙を戻すことにしました。本の背は、本を開くと、平らな形から山型のような形に動きます。これまでのこの本の背表紙は、直接にこの動く形にくっついていたため、背の稼働により取れてしまったわけです。本が閉じ開きするためには山型の隙間が必要です。背の稼働を助けるために、この本の背にぴったりサイズの「クータ」を現物合わせで作って入れました。
書籍の修理と保存
「クータ」の上から、背表紙を戻したら、このとおり、何事もなかったかのようなそぶりで、また読める本になりました。本が壊れても、本というものは、直すことができます! そしてまた読めます!
書籍の修理と保存
書籍の修理と保存
本の修理に興味がある方は、2月の修理イベントへぜひお越しください。
本の修理 2020年2月9日(日)13:00~18:00
Le Petit Parisienの蔵書である、19~20世紀の洋書の修理を行います。毎年この時期に行っていて、4回目となる今回は、壊れた背表紙の修理や、角の修理、クリーニングの続きなどが主な作業になりそうです。貴重なこの機会に、ぜひご参加下さい。小さな作業スペースです。参加や見学は、Le Petit Parisienイベントページからお申込み下さい。
開催場所:Le Petit Parisien 墨田区東向島2-14-12
  >>前回2019年には、このようなメンテ作業をしました

2019年12月9日

人気の作品ページや、話題の動画へのリンクはこちら

昨日の製本マルシェ、とっても楽しいイベントでした! おいでいただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました! たくさん売れて品切れも出たので、作品ページを更新しました。通販でもお買い物をお楽しみ下さい。
本モチーフの活版印刷ポストカードのページはこちら
種田山頭火の抜き刷り、種田山頭火の豆本のページはこちら
そしてイベント中にも話題にさせていただいた、動画をここにもリンクしておきます。
豆本『雨ニモ負ケズ』フランス装の作り方。さらっと作ってますが、間違えないように気をつけて!

豆本『雨ニモ負ケズ』活版印刷のようす。私はこれを何度でも見入ってしまいます。

2019年12月2日

「装幀とは何か」「製本マルシェ」

Le Petit Parisien 12/8~21「装幀とは何か」展に出品します。白い本の装幀を、本に寄稿した職業さまざまな15人がそれぞれに行います。 裏表紙の一部を土に埋めるところから、私の装幀はスタート。2カ月後、掘り出し、一ヵ月乾燥させ、それ以外の部分を装飾して「時間」の経過の表現を試みました。保存箱をつけました。 装幀とは何か
装幀とは何か
そして12/8「装幀とは何か」展初日の日は、私は目黒区中小企業センターで製本マルシェに出ています! 私は、著書本や、未綴じ本、本絵柄のポストカードなどを直参します。他の方は大きな本の製本道具の出品が多いようですが、東京製本倶楽部初めてのマルシェ。見るだけでもぜひお立ち寄りください。
製本マルシェ