2016年1月19日

航海記個展開催中

航海記個展開催中。いろいろな幸運が重なって作品が仕上がったこと、以前の私には作れない物が今作れたこと、会場がきれいなこと、満足しています。絵はたくさんの人で同時に鑑賞できるけれど、本はそうではない。小さい本をめくる姿勢や、小さくても読了には一冊の本として同じだけの時間がかかることなどを考えると、ここでするのがいい。小さい本をこんなに作っているなんて人生って不思議。豆本になると、過程は全部過ぎ去ってしまって、軽やかに見えるのが豆本マジック。晴れたので、甘酒はあまり濃厚ではなく濃口程度のほうがおいしいかなと思って、そうしました。
おみやげは、豆本サイズの本棚と、お好きな貝殻ひとつです。
今回は、丸三角四角なんです。本棚には、本を詰めてもいいし、ディスプレイボックスとして、一冊だけも見せられるし、向きを天地変えて使っても気分が変わってよしです。
紙は裁断済みの中からお選びいただけます。補強用の和紙には、3種類の言壺印と3色のインクから選んで、スタンプできます。
作るのはボンドづけして一瞬ですが、向きなども考え始めると時間をかけられるところ。
入場が17時までで大丈夫です。17時退出だと、たどりつけない方もいるでしょうから。一番の贅沢です。いい思い出を作りに来てください。
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記


2016年1月18日

航海記

個展初日が無事に終わって、感謝しています。
あいにくの風雪で鉄道が乱れ、誰も来られませんでしたが、眠くてぼんやりしていて、この本が作れたこと、会場が整えられたことにほっとしています。
こちらは雪はひとひらもなく、盆栽の梅が一花咲きました。
「どうして小さい本が好きなんだろうね」どうして? 私もそう思う。「モチベーションは何ですか」豆本サイズを離れて、どこにもなかった本を作りあげたら、頭の中のもやもやが晴れた気がして、肩の荷が下りました。
それができるまで、それを作れ、とそれ自身がせっつく。私の頭の中に住み着いていた、異文明の本が、形になって出て行って、ほっとしました。でも形に粗もたくさん見えるので、この先どうするかはよく考えよう。今年の予定は12月までいっぱいなので、12月まではとにかく作るけれど、その次の一年は、作らなくていい。
甘酒を作ってお待ちしています。火木金が比較的すいた日になりそうかと思っています。
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記
航海記