2019年12月9日

人気の作品ページや、話題の動画へのリンクはこちら

昨日の製本マルシェ、とっても楽しいイベントでした! おいでいただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました! たくさん売れて品切れも出たので、作品ページを更新しました。通販でもお買い物をお楽しみ下さい。
本モチーフの活版印刷ポストカードのページはこちら
種田山頭火の抜き刷り、種田山頭火の豆本のページはこちら
そしてイベント中にも話題にさせていただいた、動画をここにもリンクしておきます。
豆本『雨ニモ負ケズ』フランス装の作り方。さらっと作ってますが、間違えないように気をつけて!

豆本『雨ニモ負ケズ』活版印刷のようす。私はこれを何度でも見入ってしまいます。

2019年12月2日

「装幀とは何か」「製本マルシェ」

Le Petit Parisien 12/8~21「装幀とは何か」展に出品します。白い本の装幀を、本に寄稿した職業さまざまな15人がそれぞれに行います。 裏表紙の一部を土に埋めるところから、私の装幀はスタート。2カ月後、掘り出し、一ヵ月乾燥させ、それ以外の部分を装飾して「時間」の経過の表現を試みました。保存箱をつけました。 装幀とは何か
装幀とは何か
そして12/8「装幀とは何か」展初日の日は、私は目黒区中小企業センターで製本マルシェに出ています! 私は、著書本や、未綴じ本、本絵柄のポストカードなどを直参します。他の方は大きな本の製本道具の出品が多いようですが、東京製本倶楽部初めてのマルシェ。見るだけでもぜひお立ち寄りください。
製本マルシェ

2019年11月22日

Hi, Mini Zine! 国際豆本がちゃぽんの展示販売

MOTOYA Book Cafe Gallery(渋谷区初台)にて11/24(日)まで。会期最後の週末となりました。この展示ぜひご覧いただきたい! 豆本がちゃぽんの国際版が、あなたにがちゃっとされるのをお待ちしてます。
minizine
minizine
minizine

2019年11月7日

Hi, Mini Zine!開催中です

私の次の在廊日は14日(木)15~18時です。MOTOYA では皆様のお越しをお待ちしています。設営がんばっただけあって、すごいことになってます。400冊の本が、コンパクトに空間に収まっています。
minizine
minizine
minizine

2019年10月31日

豆本がちゃぽんインターナショナル at MOTOYA

2019/11/1~24(月火休み)13~20時 要1ドリンクオーダー 入場は30分前まで

香港と日本の23種類の豆本から、どれか一つが出てきます。
がちゃぽんを回すためには、カフェで専用メダルをご購入下さい。
豆本がちゃぽんは、13年間やっています。今回の展示販売は国際版スペシャル。香港、台湾、東京の巡回展。
香港、上海、日本の、約400冊の豆本がここに集結しました。
私の豆本も入っています。
展示の中に、懐かしい作品も見つかるかもしれません。

2019年10月10日

次のイベント「Hi, Mini Zine!」のご案内です

こんにちは、豆本/Hi, Mini Zine!
東京~香港~上海 国際豆本がちゃぽん巡回展
豆本がちゃぽん
豆本がちゃぽん
豆本がちゃぽん
日程:2019年11月1日(金)~11月24日(日)
開催場所:MOTOYA Book Cafe Gallery
住所:東京都渋谷区初台2-24-7
アクセス:京王新線 初台駅 中央口改札南口 徒歩8分、小田急線 代々木八幡駅 徒歩10分、千代田線 代々木公園駅 八幡口 徒歩10分、渋谷駅西口より京王バス 初台坂下バス停 徒歩3分
OPEN:水曜日~日曜日13:00~20:00 ※月曜・火曜 お休み
※入場は30分前まで ※要ドリンクオーダー

香港、台湾と巡回してきた「国際豆本がちゃぽん巡回展」東京での開催です。
上海(香蕉魚豆本 bananafish mini zine)・香港(蛋誌 eggwich)・日本(豆本がちゃぽんTokyo)のアーティスト約40名による豆本を中心とした手製本・Zineが、400冊以上集まります。(一部販売もしています)
何が出るかお楽しみな豆本がちゃぽんは、¥500で楽しめます。
がちゃぽんのテーマは”hi / hello”
豆本がちゃぽんからの参加作家:赤井都、五十嵐彪太、木月禎子、奈良麻子、葉原あきよ、蓮月堂

2019年10月1日

美しい本 Beautifuk Book

「あえかな豆本、ほんわか活版」、今の私の精一杯を、たくさんの皆様方に支えられ、終了しました。本当にありがとうございました。人と再会する幸せ、新しい出会いの幸せ、そこで小さな本が求められる幸せをかみしめました。もっと上手に見せられたんじゃないかと後から思ったり、世相を感じたり、いろいろでした。とにかくおかげさまでした。一緒にその場を作ってくれた皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。新作の五角形ポップアップ豆本のページをオープンしました。今後、ハードカバーと函をつけて、特装版も予定しています。
アート豆本

2019年9月9日

神保町三省堂一階いちのいちでの豆本活版ワークショップご案内です

豆本製本ワークショップ
赤井都の直接指導による活版印刷の豆本を作る
(3000円税別、印刷体験付はプラス800円税別、未綴じの印刷紙販売は2000円税別)毎日終日受付(休憩時間除く)所要時間30分程度
ワークショップで作れる豆本は、赤井都オリジナルストーリーの文章と挿画を、中野活版印刷が両面多色活版印刷した小さな本。1ページの形は五角形で、針と糸で中綴じにする小さくても本格志向な、伝統を基にしたオリジナルの書籍設計です。製本の難易度は5段階のうち3くらい。少人数制で丁寧に見ますので、お子様、初心者でも大丈夫です。

活版体験
中野活版印刷店による、活版多色刷印刷体験(800円税別)金土日終日受付(休憩時間除く) 所要時間10分程度
色を乗せたとたん、絵柄や文字のデザインが完成します! 小さなテキンの機械でガチャンと刷る多色刷の世界に驚いて下さい。昔の本は、このように版ごとに色を分けて重ねる方法で印刷されていました。ご自分で印刷した紙のインクにブロッキングパウダーをかけて本にすることも、印刷済の紙を別途購入して本にすることもできます。

予約不要 活版豆本合わせて一度にお客様最大3人くらいまで

展示販売予定
赤井都の豆本販売
本モチーフの活版ポストカード販売
豆本活版
豆本挿画原画販売(オリジナルスケッチ)
豆本の作り方の著書本販売
中野活版印刷店の豆文具販売
中野活版印刷店の名刺受注、豆名刺受注
活版の豆名刺
弘陽(三木弘志)の活版便箋、活版メモ用紙、活版栞など販売
andantinoの活版ぽち袋販売
斉藤正文堂の欧文名刺御案内、欧文レターヘッドサンプル御案内など

2019年9月1日

神保町いちのいちに一週間出て、台湾へ作品参加します

「あえかな豆本、ほんわか活版」 2019年9月24日(火)~30日(月) 毎日10:00~20:00
豆本活版
神保町いちのいち Creator'sTABLE(東京都千代田区神田神保町1-1三省堂書店神保町本店1階)
豆本展示販売、活版体験&豆本製本ワークショップ、活版ステーショナリー販売、豆本セミオーダー実演販売、活版名刺オーダー受付
赤井都×中野活版印刷店
赤井都は、休憩時間以外は毎日在廊しています。中野活版印刷店さんによる活版体験は金土日で、多色刷りの二色目を重ねる体験を。詳細は9/7頃発表します。

Hi! Mini Zine! 巡回展 2019年9月21日 (土) ~10月6日 (日)
豆本がちゃぽん
国際豆本がちゃぽん、作品参加します。
開催場所:田園城市生活風格書店(台北市中山北路二段72巷6號)
参加作家:香港Eggwich20人、豆本がちゃぽんTokyo6人

2019年8月20日

2019年ミニチュアブック大会に参加しました

アメリカのミニチュアブック大会から無事に戻ってきました。たくさんのエネルギーを大会からもらいました。ブックフェアは大成功でした。200年の歴史のあるインディアナ大学の建物は、ハリーポッターの世界のよう。その中で4日間にわたり、たくさんの人と話し、たくさんのインスピレーションをもらいました。リリーライブラリーでは、私の豆本が、『グーテンベルク聖書』と同じ部屋に飾ってありました。本の作り手にとって、何という栄誉。『アメリカの鳥』は隣の入口の方の部屋にありました。大会の最終日、2019年豆本に貢献した人、3人に賞が渡されますが、その中の一人として、受賞しました。ありがとうございました。これでもっとがんばれます。
講義では、豆本の展示や保存について、リリーライブラリーから学び、大きな本の修理や保存は日本でやっていたので、これを皆、ミニチュアでやるのか!とぞっこんまいりました。

リリーライブラリー
リリーライブラリー

2019年8月6日

アメリカのミニチュアブック大会に参加します

「Minuature Book Society Conclave 2019」2019年8月9日(金)-8月12日(月)Bloomingtong, Indiana, USに参加します。
8/9は、Indiana UniversityのLilly Library(ワールドクラス稀覯本図書館。1820年に設立され、世界一の16000点の豆本コレクションを有する。私の豆本も収蔵されています。)見学特別ツアー参加。8/11は、Book Fairで豆本販売します。新作豆本『Encaplulated』フルーツレザーに金箔押し、完成しました!

2019年6月9日

「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶」DMはこちらです

「くちなしの花が香る六月、豆本と活版印刷と 茶道具の展示販売会とワークショップを開催致します。 会場には赤井都による豆本作品と、Bird Design Letterpressによる活版作品とステーショナリー、尾関茶具店による茶道具が並びます。 繊細な技術による作品と、特別開催のワークショップをこの機会に是非お楽しみ下さい。 皆様のお越しを心よりお待ちしております。」
DMはこちら
2019年6月26日(水)-7月2日(火)
名古屋栄三越8階ジャパネスクコート
豆本と活版印刷ステーショナリーの展示販売 10時~19時半
ワークショップ同時開催
6/29(土)6/30(日)は、Bird Design Letterpressさんによる活版印刷ワークショップ 抹茶呈茶付き ローマ字名とワンポイントを入れたメッセージカードを活版印刷 2,000円(税込) 予約不要(随時受付) 所要時間約10~20分
6/30(日)は、赤井都による豆本ワークショップ 抹茶呈茶付き 税込み3,240円 受付10:30-18:00

2019年5月5日

次のイベント詳細です

ワークショップの日時のお知らせです。
「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶」2019年6月26日(水)-7月2日(火)
豆本と活版印刷ステーショナリーの展示販売 10時~19時半
6/29(土)6/30(日)は、Bird Design Letterpressさんによる活版印刷ワークショップ
6/30(日)は、赤井都による豆本ワークショップ同時開催 抹茶呈茶付き 税込み3,240円 受付10:30-18:00
名古屋栄三越8階ジャパネスクコート
豆本と活版とお茶道具の出展「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶」として毎年この時期に続けてきた展示販売。今年は三越での開催になります。

昨日5/22(水)は、日テレ「ヒルナンデス!」の「ある世界で大成功 一体何者!?」で紹介、全国放送でオンエアされました。作っているようすが出て、この人は一体何を作っているんでしょうか、とゲストが当てる、クイズ形式のコーナーです。豆本の深さや、手で作る楽しさが伝わったんじゃないでしょうか。こういうコーナーに豆本が出るくらい、豆本が広まってきて、2006年の最初のミニチュアブックコンペティション受賞から続けてきた身として本当に嬉しい。ありがとうございます! 籠の豆本はもう完売してしまっているけれど、今販売中の本物の豆本は、名古屋のイベントでも見られますよ。

2019年4月8日

東京製本倶楽部展4/12(金)-14(日)

赤井都在廊予定 金曜10-13時半 日曜14-15時です! 日比谷図書文化館 1階特別展示室 日比谷公園内で東京製本倶楽部20年、ルリユールのあゆみ展に出品します。

2019年3月14日

本の展示のご案内です

2019年4月12日(金)-14日(日)10:00-17:00(14日は15時まで) 東京製本倶楽部20年、ルリユールのあゆみ展に出品します。
日比谷図書文化館 1階特別展示室 日比谷公園内
 赤井都出品予定作品『MAHO NIKKI特装版』『For You特装版』『一千一秒物語』
手製本の展示
1週末だけの開催です。豆本はお名前から拝見すると、3人くらいのようです。すべてガラスケースの中の、触れない展示の予定です。スタッフとしてお当番でいる時があると思います。まだいつになるかは決まっていません。お気軽にお声かけ下さい。

2019年2月25日

19世紀の壊れた本を直す

Le Petit Parisien の蔵書の修理と保存 第3回 2019年2月24日(日)14時~18時 参加5人+赤井+オーナー

去年に引き続き、壊れた本の修理を行いました。修理した本は3冊です。去年も参加してくれた方の熟練の手が頼もしい! 皆さん、プチパリが初めての修理経験でした。プチパリの蔵書は、古いものは16世紀からで、主な蔵書は19世紀後半から20世紀の本です。ミゾのない時代の本は、見返しが切れたり、表紙が取れたりして壊れやすい構造を持っていて、プチパリに来た時に既に壊れかけていた本が多いです。頻繁に読まれるものを優先的に直して、本を開いた時に120度くらいに固定できる書見台と、表紙の下に差し込んで表紙を支えるリーブルシュポールを用いて読書しています。

修理した3冊
 革表紙のミゾが切れかけて、角が傷んだ本。これは、アクリル絵の具で和紙を色染して、革の色に近づけたものを貼って修理しました。
 背表紙が取れてしまった本。これは、AF紙でクータを入れて、クータの縁が見えるのでアクリル絵の具で色染めして貼り、表紙をその上に戻して貼りました。
 見返しから切れてしまった本。裏見返しは失われていました。これは、AF紙でクータを入れて、表紙を戻し、両見返しの内側から和紙を貼りました。

本のクリーニング
 二人の手で、本を数冊ずつ書庫の外へ運び、「べっぴんさんクロス」でクリーニングしました。埃は酸性物質で本の大敵です。埃が入り込まないようにしっかりと本をわきで締めて、本の小口をクロスでぬぐい、表紙、見返しのミゾも撫でて汚れを落としました。見違えるようになった本もありました。寒い中、後半はコートを着ての作業! 全部はとても終わらないので、真ん中辺りの数段の本をきれいにして、続きは次回へ持ち越し。

SC6000塗布
 去年修理した本と再会しました。アクリルレジンとオイルがブレンドされたSC6000を、革部分が丈夫になるように薄く塗布しました。翌日の空ぶきは、オーナーが。バルザックの本、最初に見た時には背表紙が崩壊しそうで、革の金箔文字が一文字ずつふらふらになっていたのに、ずいぶんしっかりして、ちゃんと読める文字列が保たれていて、良かった。

そうそう、重要なことを言い忘れていました。接着にはJadeRを使用しました。JadeRの特徴として、無酸で、乾いた時も柔らかく仕上がる、と説明しました。あともう一つ、本の修理にとって重要な特徴があって、それは、可逆性。乾いた後でも、水をつければ、取ることができます。木工ボンドは、乾いたら取れませんが、JadeRは、もし何かの要請で、後世に入れた素材を取り去りたいと考えれば、元に戻すことができます。これは修理には重要な特性です。昨日の作業が、水で元に戻ってしまうと思うとちょっとせつないですけど、何がどう転んでやっぱり取りたいとなるかわかりませんが、その時にはそうできるということです。

作業の後でいただいたレモンの香りの紅茶がおいしかったです。皆さまお疲れ様でした。また来年!
書籍の修理と保存
書籍の修理と保存
書籍の修理と保存
書籍の修理と保存
書籍の修理と保存

2019年2月4日

セミオーダーを通販でも始めました

「本の形をした函に入った活版印刷蔵書票」
「お名前入りブック型の小函」
「大きな本型のボックス」
こんなラインナップでセミオーダーを通販でも始めました。私の持てる印刷や製函の技術で、少しでもお役に立てたら、こんなに嬉しいことはありません。ご注文いただいてから、納品まで、今のところ2か月くらい見ておいて下さい。
本の形をした函
活版印刷蔵書票

2019年1月24日

ブック型の小箱

できたもの、そしてアレンジの例です。


2019年1月16日

印刷博物館の豆本展示のようすです

2018年8月7日からの長きにわたり、印刷博物館で豆本の展示と販売がありましたが、それもついにもうすぐ終わります。2019年1月20日(日)までです!
豆本
組版と一緒の展示のようす。ほしおさなえさまからお写真をいただきました。私は、小説の記述を読んで、活版印刷三日月堂の豆本を作らせていただきました。私にとっても夢のような企画でした。ドライポイントを、貝殻を目の前に並べて夢中で刷りました。製本は、クラシックな形ながら、紙が固いのがチャレンジでした。印刷博物館に出させていただいたことは大きな記念になります。豆本が日本でもレアブックの一員として認められますように。

2019年1月14日

「ブック型小箱を手作りで」

1月20日(日)、朝日カルチャー千葉教室13:00-15:00「ブック型小箱を手作りで」のお申込みページはこちらです。
2時間で、どなたでも、函を作り終わるように、あらかじめ私のほうで、2mm厚の丈夫なボール紙を切ったり(カッターと定規で一本ずつ手切りしてます!)、なにくれと親切な下準備をしておくつもりです。素材は好きなお色を選んでいただき、自分で作った感はしっかりあって、世界で一つだけの函になると思います。色や模様の組み合わせで、作った人の個性が出ますよ。見栄えるように、継ぎ表紙で作りましょう。


これまで、豆本をおさめる函は作っていましたが、函だけの教室は今回初めてです。函が本らしいって、それだけで良いと思います。函の中に本でも名刺でも印鑑でも、何でも入れたら楽しいと思います。アメリカで、自由なブックアートに接したので、自分の中でも変化が生まれて、こうでなきゃみたいなのはどんどん捨てて良いと思いましたので、今回は、函で。そしてこの函の技術も、ブックアートにはとても役立ちそうです。

私の作品の中でも、いろいろなタイプの函を作っています。下写真は年末から今年初めにかけてしていた仕事で、『一千一秒物語』の最後の一冊、12/12番冊の函と本を仕上げていました。自由な発想と、これまでに培った技術で、新しいものを作りたいと思っています。この作品が作れて本当に良かった。この本と函は、ミニチュアブックでサイズは小さいですがとても遠大な計画、複雑な作業工程、最大限の手の技術が必要でした。本当に良かった。伝統的なハードカバーの本も、閉じ開きする函に入っているようなもので、函と深い関連があり、函よりも難しいです。おかげさまで、アリスともども、通販で完売しました。作ったものが人の手に渡って楽しんでいただけるのが、物づくりの不思議さ楽しさです。ありがとうございます。