2017年8月17日

じゃばら折本

本日の朝日小学生新聞で、豆本の作り方と、著書本が掲載されています。小学生でも作れる、楽しい小さな本を紹介しました。夏休みの思い出づくりに、手を動かして形を残してみて下さい。今しか作れないというものが、きっとできるはず! もし失敗した箇所があっても、後から見たら、それもいとおしく感じられるでしょう。それが手づくりの魅力なんです。
次のワークショップの内容も考えました。
豆本 豆本
2017年9月26日(火)-10月2日(月)「そっと豆本、ふわっと活版6」展示販売イベントで、豆本ワークショップを同時開催します! 
開催場所: 三省堂書店 神保町本店 内 1階神保町いちのいち Creator'sTABLE(シーズテーブル)
「小さなアコーディオン折本を作ろう!」
・予約不要、随時受付(受付時間は毎日10~17時)
・お席を確保したい方はご予約下さい。(受付開始までしばらくお待ち下さい。)
・所要時間40~60分程度
・ワークショップ代 2,700円(税込)
 ※ご希望の方は、カッター作業を講師が代行しますので、初心者やお子様にも安心して取り組んでいただけます。作りやすい手のひらサイズの本です。
3種類の文章から1つ、数種類の表紙から1つ、さらに見返し紙を、ご自身で組み合わせお選びいただきます。本文紙をじゃばら折にして、両側に縁をノリでくるんだハードカバーをつけます。
活版印刷の過程で出た紙などを用いてコラージュし、世界に一冊だけのオリジナルのアートブックに仕上げます。
本文紙は、物語のイメージから、暗がりで所々光る紙を使用しています。
新聞で紹介と同じ大きさ、同じ作り方のじゃばら折本です。内容は、文章とイラストが入って、ちょっと大人っぽいかな。文章と絵は私です。素材の選び方で、もっとかわいく作ることも、かっこよい方向に行くことも、できると思います。あなたなら、どんな本にしたいですか? お好みでどうぞ! 初心者さんでも、不器用さんでも安心の、あなたのペースで対面で一緒に作りましょう。本の街神保町の本屋さんの一角で、記憶に残るひとときをお過ごしください。

2017年8月14日

次の豆本制作とワークショップ

 先月作成していた活版豆本『ひみつ』は、豆本がちゃぽんに入って販売中です。
 さて秋に向けての新作『一千一秒物語』全集が、長い企画と準備の時間を経て、ついに印刷に至っています。まずは凸版の印刷から。刷り出したら、きれいに線も色も出てほっとしました。色の可能性に目覚めました。凸版でこれだけ細い線がカラフルに出るなんて、凸版とテキンとフランス製インクがすごい。紙の縁はグランジ感でよしとする。本の全巻を刷るまで、まだまだ先は長いです。一日で刷れたのは、2巻分。物語は全12巻。
印刷失敗でローラーに巻き込んだりした「ヤレ紙」が出てくるけれどこれがアートに見えるので、9月の三省堂での展示販売ワークショップイベントでは、ヤレ紙を使った製本ワークショップにしようかなと考えています。






2017年7月19日

豆本がちゃぽんTokyo第39集に参加します

10年以上、100円で続いている豆本がちゃぽん。10年をまとめた冊子も好評販売継続中です。もうすぐスタートする回に、主催の私も、久しぶりに作品参加します。100円で数を作るチャレンジです。
My Secretという豆本を、以前に作りました。とても好評だったんですよね。これの日本語バージョンを、ふと思い立って作ってみました。
まずは組版。持っていた活字でできました。すり減った活字ですけど、今回はこの味わいでいいってことにしました。

紫と青のグラデーション印刷にしました。豆本ゆえ文字が少ないので、インキは少ししか使いませんでした。

ヘラで筋入れして折ってから、天地化粧裁ちしました。

表紙と本体を糊で接続して、革の小片を糸でつけて、糸で本をくるりと巻く形に仕上げました。

カプセルに入れて、いざ旅立て豆本!

2017年7月5日

活版Tokyoに『雨ニモ負ケズ』が出ます

7/14,15,16「活版Tokyo2017」が神保町三井ビルディングテラススクエアで開催されます。活版豆本『雨ニモ負ケズ』が弘陽のブースに出ます。販売も予定していますし、活版Tokyoと同じ建物の中で、弘陽と活版塾による活版印刷展示会があり、組版実物が展示予定です。実物は、迫力がありますよ。天地寸法約7cmの小さな本『雨ニモ負ケズ』は、私が企画・挿画・デザイン・版元となり、整版と印刷を弘陽の三木さんにお願いして、形になった本です。ちょうど去年の七夕の日に印刷をしていました。暑い日だったなあ。


今頃の時期は、毎年、レイアウト作業をしています。秋に新作を出そうとすると、今がデザイン時期です。ペース配分を考えると、そろそろ今年も新作のデザインを確定して、版を作って印刷を始めないと。どの絵をどこにどの大きさで配置して、何色で刷るかとか、そんなことを、パソコンで仮組してプリントした紙を見つめて、あれを右へそれを左へ、ひたすら考えています。ひらめきと、気づきと。本当にそれでいいの? と別の可能性を想像してみて。次の作品、稲垣足穂の『一千一秒物語』全集は、数社からいろいろな版や挿画本で出ている作品なので、オーソドックスなもの、好きなイラストのもの、読者が好みで選べる作品です。なので、私は私を貫こうと思っています。この話にこの絵は自分のイメージと違う、と思う方は、他の版元を選んでいただければいいのです。

2017年6月23日

夏至に至ったこの頃

パソコン作業です。レイアウトをしています。今度の新作は、函から逆算して本の寸法を出して、レイアウトをしています。函はボール紙で76mmのミニチュアブックの規定を超えないように試作を作り、表面に方眼紙を貼ってデザイン画を描きました。こんなかんじでいけるだろう! というところで、本文の天地寸法をはっきりと固めて、デザインに着手しています。去年の12月から描きためたスケッチブックをいったん全部スキャンして、文字と一緒にはめています。配置が決まったら、一部は凸版で、一部は凹版で、一部はパソコンで、版を分けて印刷するつもりです。最終的には、何版か印刷を重ねたレイヤーの本文紙を作りたい。函は革と、染色作家石原実さんのマーブル紙を使用します。本文紙は雁皮紙メインのコラージュのつもりです。石原実さんのマーブルとは、一番最初に小津和紙の手すき紙四人展で出会い、『川に行くまで』で使い、『1000 Artist's Books』『手作り製本の本』にも掲載されています。再び、マーブルのイメージの本なので、石原さんの展示に行きました。今度の本は、稲垣足穂の一千一秒物語の全集。これまでにもいろいろな装丁やイラストの本が出ています。稲垣足穂の著作の使用許可を直接電話でお願いして、見本としてアリスを送って、快諾されてから既に2年。この間、池袋で伝統金箔押しのレッスンを受けてきています。名前負けしないように、私はクラシックバレエで遊びながら、舞台鑑賞しながら、軽くて複雑なものを作るつもりです。

2017年6月7日

絵描きと踊る日々

 「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶vol.3」においでいただき、ありがとうございました。ワークショップ、展示販売とも盛況で、活版作品も豆本も絵も売れました。作品が評価されること、会いに来てもらうこと、何よりも嬉しいです。本当にありがとうございました。
 さてLe Petit Parisienでの豆本ワークショップが今週末に控えています。ご予約満席、キャンセル待ちです。皆で、楽しいものを作りましょ!
 「小さな本の教室」は、7月までに少しずつ空きがありますので、夏前の今がチャンスです。詳しくはこちら
 次のイベントは、9月末の三省堂、神保町いちのいちでの展示販売になります。それまでの間に、しっかりと作っておきます。
 このところの最近は、シャセリオー展を最終日前日に見て、上野公園でそのまま昼寝したりしていました。外で寝るのって気持ちいいですよね。いい気候です。ずっと、人の絵を描いています。アナトミー(美術解剖学)の図や、ダヴィンチの模写など。カロの銅版画の街並みの模写。結び目の模写。ハッブル宇宙望遠鏡の写真の模写。そして自分は、クラシックバレエのレッスンをたくさん受けて、人間の動きを考えつつ、副産物としてナイスバディになってきました。バレエの舞台もたくさん見ています。68歳でトウシューズをはいてジュリエット全幕を踊る森下洋子さんに感動しました。そして、机の前に戻っては、小さな試作をちびちび作る日々です。傍目からはどこに向っているのか、ぜんぜんわからないような日常ですが、私の今のテーマはBODYとLOSSです。作っているものは、稲垣足穂の一千一秒物語です。きっと、あっと驚くものになります。方向は定まりました。あとは絵を描ききって、作るだけ!

2017年5月16日

四角を三角形にするだけでおもしろいアートブックが作れる

豆本
2017年6月10日(土)15:00-17:00 曳舟の書斎 Le Petit Parisien で、8名様限定の製本ワークショップをします。本棚に囲まれた小空間で雰囲気は抜群です。予約受付始まりました!
お電話などフェイスブック以外での受付もしてくれます。13時open 定休は水曜から木曜に変更になりました



制作風景
イベント
豆本ワークショップ
書籍の修理と保存













































































































































AND OR

count/ count count/ count count