2018年4月5日

ゴールデンウイークに活版豆本イベントをします

2018年4月26日~5月16日 「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶4」

風薫る五月、今年も8階茶道具売場にて、豆本と活版印刷の展示販売会と ワークショップを開催致します。 会場には赤井都による豆本作品と、Bird Design Letterpressによる活版 作品とステーショナリーが並びます。 繊細な技術による作品と、特別開催のワークショップをこの機会に是非 お楽しみ下さい。皆様のお越しを心よりお待ちしております。
会 期:2018年4月26日(木)~5月16日(水) ※最終日は16:00まで
※5月12日(土)、13日(日) 活版ワークショップ
・ローマ字名とワンポイントを入れたメッセージカードを活版印刷
・2,000円(税込) 予約不要(随時受付) 所要時間約20~30分
※5月6日(日) 豆本ワークショップ
・赤井都のオリジナル超短編を「布表紙のアコーディオン折」豆本にします。
・3,240円(税込) 所要時間約40分 予約優先(予約・問合せ052-264-5387)
会 場:あーと・すぽっと(丸栄8階茶道具売場 名古屋市中区栄3-3-1)
出展者:赤井都、Bird Design Letterpress
協力:andantino、弘陽(三木弘志)

DMはこちらです

2018年3月20日

ルビ付き活版の小さな手製本

たくさんのご参加ありがとうございました。東京都人権プラザ企画室『世界人権宣言』に親しみながら豆本を作ってみよう、なんと33人もの方が参加されて、楽しく手を動かして小さな本を作り上げました。オリジナルキットを使用しても、自分だけの一冊になったのが、手づくりの不思議ですね。皆さまの笑顔、ありがとうございました。私の一冊はたとえばこんなかんじでした。私が当日作った本は展示もされるそうなので、近々立ち寄る機会がありましたら覗いてみて下さいね。

豆本ワークショップ 豆本ワークショップ 豆本ワークショップ 豆本ワークショップ
さて、東京堂書店での豆本委託販売は、この3月をもちまして終了します。長らくありがとうございました! ずいぶんたくさん売っていただき、買ってもらって、ご縁をありがとうございました。
そして、昨日はLe Petit Parisienへかがり台を寄贈してきました。立派なかがり台、人から人へ引き継がれ、プチパリが私の後の4人目の持ち主さんになります。企画展示のない時には、奥の工房から手前の図書室の方へ出すこともあるとか。大きな本のかがりにぜひ参考にされて下さい。

2018年3月1日

小さな蔵書票ブックケースと、大きな本の修理

文庫本に貼る小さなサイズの蔵書票のご注文をいただき、函つきで作ってみたりしていました。活版印刷や函づくりって、楽しいものです。綴じがあると本だけれど、綴じがなくても楽しめてしまいます。この函は天地11cmで、蓋はマグネットで吸着します。

さて、大きな本の修理と保存を一年ぶりに、曳舟で行いました。一人だと大変なので、今回はボランティアを募って、5人+見学の方、記録係さんなどにご参加いただきました。
こんなふうに、背の外側や内側が切れてしまっていたりしていました。製本テープで持ち主ご本人が応急処置を施されたものは、逆側の見返しが切れてしまったという、修理が修理を呼ぶパターンになってしまっていたので、製本テープは取り去り、和紙を入れました。背がぱかっと外れたものには、クータを入れてから、背を戻して接着しました。





19世紀のハードカバーの本の多くは、180度開くと、表紙や見返しが切れてしまうという構造をしています。180度開いても大丈夫な本が作れるようになったのは後世のことです。本のオーナーの意向としては、できるだけ当時の装丁を残したいということがあり、180度開かなくても安全に読書できるように、この一年間で、書見台とリーブルシュポールを書斎に備えました。19世紀的不便さも楽しみながら、読書します。ただ、どうしても、外側に和紙が見えてしまう修理になったものもありました。そこで、二週間後にまた集まり、修理の糊づけの結果などを確認し、和紙を染めました。



和紙のクータも、見事に入りました。これらすべて、参加者さんたちの手仕事です。私は指示しただけです。見学のつもりだった方かもしれないけれど、手すきには仕事を申し付けて、書庫の外で、「べっぴんさんクロス」で本の小口などを拭いてもらいました。けっこうクロスを黒くする本もあって、びっくり。埃は酸性物質で本を傷めるので、除去すると良いです。土曜日を二回使った作業で、壊れかけた9冊の本が修理されて読める形になり、二段の本棚の本が、ピカピカに拭き上げられました。今年はひとまず、良かった良かった。でも本棚にはまだたくさん他の本も入っている。また来年!


2018年2月21日

豆本ワークショップのお知らせです

2018年3月17日(土)13:30-16:00 東京都人権プラザ本館1階セミナールーム 『世界人権宣言』に親しみながら豆本を作ってみよう
参加お申込みはこちらから
弘陽さんに行って、立ち合いのもと、活版印刷の文章と表紙、できてきました! 色の遊び紙がたくさんと、中身のある小さな本を作ります。色は、ビビッドな色や、パステルカラーなどから選べます。
豆本ワークショップ

2018年4月22日(日)10:00-12:00 朝日カルチャーセンター千葉 はじめての豆本
布表紙の折本を作ってみましょう。ゆっくりとした大人の時間、手を動かして小さな本を2時間で仕上げます。
参加お申込みはこちらから
豆本ワークショップ豆本ワークショップ

2018年2月9日

立春と豆本と手製本と活版と

 Le Petit Parisienでの展示、盛況に終了しました。ありがとうございました。明日は同じ場所で本の修理イベントをします。こちらも順調に参加者が増えているようで、ご関心ありがたいかぎりです。
 さて、ここしばらく、どう過ごしていたかというと、アリス特装版のオーダーをいただいて、製本をしていました。集中力を要する時は、脳内に静けさが必要で、インターネットは断っていました。
豆本生活
 もちろん、豆本を作ると私も肩が凝ります。ストレッチの本を、ハンズフリーで見られるように、製本し直しました。ページをばらして、和紙でページの間をつなぎ、折丁の形にして、針と糸で真ん中を綴じれば、快適に使える、私のための本が出来上がりました。本の改装は、その本を作った人たちに申し訳ない気もして、これまであまりやらなかったのですが、本の利用者として一冊の本に向き合った時、これもありだなと実感しました。
本の改装
本の改装
本の改装
本の改装
本の改装
 お茶の間にあっても違和感のない、インテリアとして見られるようにと思うと、本のタイトルは表紙に入らなくてもかまわなくて、無地の茶色の革や、緑の布がいいなと思いました。
本の改装
 リア充で写真をためてしまいました。『大人の科学マガジン 小さな活版印刷機』に豆本『雨ニモ負ケズ』が掲載されています。
本の改装
本の改装
 そして、3月17日午後の東京都人権プラザでの豆本ワークショップのチラシができてきました。お申込みは東京都人権プラザへの電話、またはホームページで2月13日から3月2日までの間にどうぞ。豆本は、活版印刷の人権宣言からの一文に、お好きな色紙を数枚重ねて、真ん中を針と糸で綴じます。開きやすく丈夫な、洋本の基本スタイルの中綴じという形で作ります。お子様でも大丈夫なように、オリジナルキットを準備しています。昨日、『大人の科学』にも掲載の弘陽さんに行って、金属活字版印刷の打ち合わせをしてきました! 良い本ができそうですよ。
本の改装

2018年1月16日

まだ見たことのない本がここにあります

Le Petit Parisienでの展示が始まっています。今月28日まで。搬入をして、すごく素敵になったので、かなり安心して、また自分の机に戻って仕事を進めていました。充実しています。
曳舟で展示
 木曜定休です。今週金曜19日は19:30から雑談会をします。お気軽にいらしてください。『一千一秒物語』のテキストの作者である稲垣足穂の話が聞けます。
曳舟で展示
 お手に取ってご覧いただけます。作品はすべて販売しています。
曳舟で展示
 窓際に、種田山頭火の抜き刷りも置きました。
曳舟で展示
 古書と小さな本との相性も良い眺めです。小さな引出しの中に、版を入れたので、中を覗いてみて下さい。
曳舟で展示
 蔵書票、一枚ずつパッケージしました。蔵書票は東京堂書店でも今買えます。
曳舟で展示
 タルホ本のいろいろが、手に取って見られるという贅沢空間です。点数が多いので展示替えも前半後半あるそうです。
 さて、私事、年末年始で、いつもの課題、仕事部屋を片付けるという目標をようやく達成しました。使いやすくなってますます充実です。
 そして今年2018年ですが、2月には展示と同じ場所プチパリで、本の修理のイベントをします。お手伝いしてくれる方を募集します。詳しくはプチパリのfacebookを今後見ていって下さい。
 3月、4月、5月には、豆本ワークショップを、それぞれな場所で予定しています。4月末からゴールデンウイークには、「そっと豆本、ふわっと活版、ほっこりお茶」も始まります。東京堂書店の常設は3月末までの予定です。夏には、アメリカのミニチュアブックソサエティの大会に参加してきます。自宅教室、続けていて、好評です。ざっとそんなところで、本年もよろしくお願いいたします。

2017年12月28日

今年の締めの活版印刷

ご予約分の『一千一秒物語』の作業をコツコツと進め、クリスマスに間に合うように発送できて、ほっとしました。今年の春から夏、秋、冬は、この本を発行するためにありました。春に絵を描き、夏に印刷し、秋に形にし、冬に数を作りました。
箔押し
こちらが一区切りついたので、年明け展示販売のために、蔵書票を作りました。和紙に、『一千一秒物語』からの挿画を貼った一点ものになっています。私にとって、絵を描いたり、活版印刷をしている時が、最近は楽しい時間になっています。蔵書票は、本に貼り込んで、持ち主が誰であるかを示します。罫線の間にお名前を書き込んで下さい。どの本にどれを貼ろうか? なんて考えてもらえると、おもしろいと思います。
活版印刷
活版印刷
活版印刷
活版印刷
そして、来年、犬年。『青い鳥』からの一節を刷りました。犬がミチルに対して初めてしゃべれるようになった時のせりふ。犬のせりふってかわいい。活字の「!」は持っていなくて、また「,」しかなかったため、こういう組版で今年の間に合わせてしまいました。皆さま今年一年ありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。 活版印刷



制作風景
イベント
豆本ワークショップ
書籍の修理と保存













































































































































AND OR

count/ count count/ count count