2012年10月30日

帳簿製本を習ってきました

帳簿製本
帳簿製本
これが材料です。
帳簿製本
帳簿のプロの結び方も教えてもらいました。
帳簿製本
先生はぐさぐさと縫って一気に糸を引き締めましたが、これは真似しようとしても無理だった。無理すると指が切れるそうです。洋本製本が日本に伝わったのは明治期。それまでは和綴じ本が作られていました。大福帳だった帳面が、明治になって洋本の帳簿になり、先生は帳簿製本の二代目です。今や帳簿はワープロになってしまいました。
帳簿製本
帳簿製本の特徴(ルリユール工房などで作る洋本との違い)は幾つもありますが、何よりも毎日閉じ開きして書き込むための丈夫さ・開きのよさ・耐久性が求められる帳簿。違いの一つは「ばね」を入れること。支持体(「みちかわ」)についている部品がそれ。これは今見返し紙の上に仮止めしてありますが、本になった時、表紙ボール側にくっつきます。
帳簿製本
背貼りは裏打ち寒冷紗ではなくクラフト紙。このサイズにも絶妙な計算がありそう。何度も繰り返し作られた製本様式は、先人の知恵の結晶だと思います。タワシでつけました。
帳簿製本
みぞつけちゅう。みぞつけはかつては日々の業務でしたから、専用の機械があります。
帳簿製本
見返し貼り前。「ばね」が表紙ボール側に移動しました。
帳簿製本
見返し貼り用の糊。全て業務用の混合です。継表紙は全て「目見当」。むろん糊ひき紙はほとんど使いません。糊引き紙なしで見返し糊入れしてみて、ちゃんとできたので自信になりました。帳簿製本のプロの糊の薄さや糊の量も、改めて参考になりました。教室だと、つい、つかないと困ると濃いめに準備してしまうのはよくない。「皆さん使う糊が濃いし量も多すぎる」って思い当たる節があります。教室でたくさん糊を用意したつもりが、糊がたりませんとよく言われ、(しかも塗りながら!)そんなにいっぱいどこに糊消えたの! 紙に入ったの! どんなに紙厚くなったか? しっかりケント紙挟まないと湿度が~という経験などのせいで、自分が鈍くなっていました。反省。糊は薄くてよくて、ちょっとでよい。
帳簿製本
できあがり。今回は本来の帳簿よりも小さいサイズで作っています。寸法出しなど準備が大変だったと思われます。おかげさまできれいに仕上がりました。
帳簿製本
帳簿はチリを多めに出します。
帳簿製本
さっそく開いてみる。花布が自由自在に動く。
帳簿製本
耳は出していないので、ノドが完全に開きます。
帳簿製本
以前に製本された手帳も見せていただきました。小口マーブルが美しい。
帳簿製本
見返しのマーブルとのつながり感がすばらしい。
帳簿製本
中は罫線。罫線も工房内で引いたそうです。罫線の引き方の話も伺いました。
帳簿製本
もう一冊、小口マーブルの本。
帳簿製本
見返しも糸でかがってあります。(見返し紙は貼る前の状態。)見返しを一折として一緒にかがるのではなく、本文をかがり終わってから、前後にかがりつけるそう。綴じ穴の位置も本文とは別です。有意義な一日でした。

2012年10月26日

11月3日は世田谷アートフリマ in 文学館

この豆本の作り方教えますこの豆本の作り方教えます 世田谷アートフリマ in 文学館
日時:2012年11月3日(土) 11時~17時
会場:世田谷文学館(京王線「芦花公園駅」最寄)
主催:世田谷アートフリマプロジェクト/(公財)せたがや文化財団 生活工房/世田谷区

私は、初心者向け豆本ワークショップをフリマ特別価格で行います。なんと一作品1000円です。来場時に随時受付します。作るのは「昆虫図鑑」か、 Flag Book「とよはたぐも」。お好きなほうを選んで下さい。両方やってもよいし。30分前後で一冊できると思います(時間のない方にはできるかぎりささっと、ゆっくりしたい方には、次の方がいなければ時間を使ってしっかりお教えします)。どなたでもご参加できます。お子様OKのまれなワークショップです。前回来た方は知っていると思いますが、3人座れる丸テーブルなので、近い距離で超少人数でお得です。著書本や作品の販売もあります。楽しんでいって下さい。
ワークショップ詳細〔アートフリマHPへのリンク〕

世田谷アートフリマは、アートな手作り品の一日だけのマーケットです。きら星の出品者たちから、ここにしかない掘り出し物、あなたのお気に入りの一品を見つけて下さい。
アートフリマ会場は、世田谷文学館です。世田谷文学館では生誕130年記念「齋藤茂吉と『楡家の人びと』」展開催中。この日だけ無料で入場できます。
私の豆本ワークショップは、この企画展示にちなんだ本となっています。斉藤茂吉と楡家? 渋すぎでしょ? この豆本のどこが?
はい、斉藤茂吉の息子である、どくとるまんぼう北杜夫が、少年期に世田谷で追いかけていた虫なども今回展示で紹介されます。それにちなみ、図鑑の切手帳を作ってみましょう。虫嫌いの人には、ちゃんと蝶の切手もありますから、きれいな蝶を並べて作りましょう。テクニックとしては、中綴じの一番簡単な本の作りが学べて、切手帳として各ページで遊べます。
もう一つは「フラッグブック」。フラッグブックってご存知ですか? 動きがとってもおもしろいわりに、簡単に作れる本です。斉藤茂吉の『万葉秀歌』にちなみ、万葉集からの壮大な歌「とよはたぐも」を、アートブックに仕立てます。まさか万葉集がこんな本になるとは…。これは、写真の方にお勧めのワークショップです。今回は題材がことばで、裏面に好きな色を塗りますが、実はアメリカでは本の両面を写真印刷にして、よく作られるアートブックなんです。フラッグブックを一つ覚えておくと、表現がいろいろできる可能性があります。

2012年10月22日

よい失敗

教室でいろいろなことが起こりました。
たとえば、かがり糸で本文紙を切ってしまった。違う所を糊づけしてしまった。2mmの厚紙を切るうちに、どんどん切りくずが出て、寸法が小さくなってしまった。
挽回方法を探して、なんとかしていったわけですが、思い返してみれば実は私、全部、自分でも通った道でした。心当たりがぜーんぶあります。
かがりの糸を引いてたるみを取る時には、必ず折丁の背に並行に糸を引くようにと先生から言われながら、直角に引いて本文紙をびーっと一瞬で切ったこと、あります。説明を聞いていても、切るまでは、ほんとに理解してなかったんですね。切って初めてちゃんとわかった。本当に、これはやっちゃいけない動作なんだなーと理解しました。手で覚えたってこういうことかな。もちろん、賢い人はいて、聞いただけで理解できる人もいるのは知っています。同じレッスンを受けていた他の人のほうがずっと私より製本はうまかった。私はうっかり者で回り道タイプです。違う所の糊づけもしました。厚紙が小さくなってしまったこともありました。
今日はそれで、失敗したー、と思っても、そこはなんとかして最終的に本になったので、最終的には失敗してないですね。ちゃんと本になりましたもんね。
挽回しようとして、進行が手間どったー、とも思わなくていいです。回り道タイプは回り道をいつかどこかで必要としているので、それが明日じゃなくて今日になったと思えばいいです。よい失敗をしました、と言いたい。もちろん、失敗をしなくてもできる人はいますよ。でも、失敗をしたから自分はダメとか本作り向いてないって、即、思わなくていいです。それはまた別の話だと思います。私もこうして本を作っていますもんね。

2012年10月17日

10月21日(日)小さな本の家

21日の自宅レッスン「小さな本の家」キャンセル空き席があります。来たい方はどうぞ。こちらを読んでメールでお申込み下さい。

2012年10月12日

「赤い鳥」を言壺通販と東京堂書店で販売開始します

豆本
赤い鳥1号『Twinkle, Little Star』>>作品ページ
『きらきら星』の英語の歌詞を小さな本にして壜に入れました。もちろん取り出して読むことができます。印刷の一番小さな文字は4ポイント。銀色の糸で中綴じした丸背上製本です。レタープレススタジオBird Design Letterpressがカード・パッケージデザイン、亜鉛凸版による活版印刷を担当、赤井都が書装・製本したコラボレーション「赤い鳥」1号。
天地16×左右11×厚み3mm 本文16ページ 限定番号、製本者署名入り
壜入り活版豆本と活版ミニカード20枚のセット、ギフトボックス入り、リボンかけ 販売価格 5,000 円

豆本
赤い鳥2号『恋ぞ積もりて』>>作品ページ
和綴じ本の中身は百人一首より「つくばねの嶺より落つるみなの川恋ぞ積もりて淵となりぬる」。カードは歌のイメージで、和紙に三色で。本は糸でコルク蓋とつながれているので、本をなくす心配はありません。絹糸でピンクの雁皮紙を和綴じにしました。印刷の一番小さな文字は4ポイント。Bird Design Letterpressと赤井都のコラボレーション「赤い鳥」2号。
天地15×左右10.5×厚み0.8mm 本文18ページ 限定番号、製本者署名入り
壜入り活版豆本と活版ミニカード18枚のセット、ギフトボックス入り、リボンかけ 販売価格 5,000 円

作品ページからショッピングカートに入れられ、クレジットカード購入で豆本通販できます。
メール下されば、郵便振替などでも対応可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。
東京堂書店にも、13日に納品しますので、神保町でもどうぞ。すずらん通り沿いの新刊書店、エスカレーター・エレベーターで3階へ。
今年の新刊は、これだけの予定です。制作は発行部数ぶんを小分けにして地道に少しずつ、集中して進めています。赤い鳥1号を34番まで、2号を26番まで製本完了、パッケージ済です。21, 23, 24, 26番をショッピングカートに入れ、それ以外の一部数を東京堂書店に納品します。


2012年10月7日

豆本フェスタ3盛況でした

おいでいただいた方、スタッフの皆様、どうもありがとうございました。11時から16時までの最初から最後まで、とにかく人がいっぱい来て、いっぱい売れて、知った人にもたくさん会えた一日でした。ウェブサイトの作品ページを更新しました。『Please Open』が完売、その他も残部わずかのものが幾つかあります。「赤い鳥」1号2号は、近日中にウェブサイトの通販と、東京堂書店での販売を開始する予定です。
朝まで残った小雨の中、ひとけのない問屋街をカートを引いてゆきながら、あまりのひとけのなさに「ほんとに今日だったよね」と一抹の不安を感じていましたが、会場に到着して出展者受付を済ませ、会場オープンまでの間にパンフレットに目を通していると、皆のアピールカットがものすごくアピールしてきました。これは伝説に残る回になる。このパンフレットは永久保存版、と確信しました。各サークルの写真で目についたのは函や上製本、本棚が多いこと。以前は2年前。私は、『いろは』が出た1年後に当たるかな。ワークショップをしていた間に『川に行くまで』があっというまに手持ち分完売した記憶があります。以前はそんなに函や本棚を作る人はいませんでしたよね。確実に、一サークルずつが技術もアピールも磨いていて、お客様も同時に成熟してきている気がします。私は今回、ワークショップはせず、販売をずっとしていました。やはり作家としては作品が目の前で売れてくれるのが嬉しいです。「活版、すごく好きなの」というお客様が多くて、「カッパン」という言葉が通じること、お客様の方から聞けることに以前との違いを感じました。とにかくスタッフと手伝っていただいた方、来ていただいた方へ感謝です。それなしではとてもとても。 そっけない問屋街の一フロアが、物と人で埋まって、満たされていました。豆本は、人に見せるために装ったり使ったりするような時計や鞄や服のような物ではなく、個人の空間を満たす物。一堂に会した姿は、パワーがありました。

2012年10月5日

革を背に使ってカタログレゾネを製本しました

手製本
豆本フェスタ3で販売するためのカタログレゾネを製本しています。プレスから取り出した折丁は折り目がすごく落ち着いています。折山の上に、綴じ糸を通すための穴を開ける「目引き」作業をしたところ。写っているのは目打ちですが、メインの作業では糸のこを引いて、穴を開けています。
手製本
かがり。麻糸にろうを引いて、小さなかがり台を使っています。
手製本
かがり終えた本。
手製本
これに表紙を、折り上げて着せます。
手製本
綴じでは、革にかがりつけています。革の端にはあらかじめやすりをかけて、ギン面(ピカピカの部分)を取り去ってあります。こうしないとボンドがつきにくくて、簡単に接着面が取れてしまったら困るので。
手製本
革を貼り込む部分の表紙裏面には、あらかじめ和紙を一枚貼ってあります。革を切り込みを入れてくぐらせるため、表紙がその加工に耐えるよう、丈夫さを増すためです。これは交差式製本ではなく、革バンドを支持体にした一種のパッセカルトンです。こうした目につかない部分に、実は手がかかっている本です。この本はまだまだかけた印刷代の回収中なので、売れてくれると嬉しいなあ。
手製本

作品案内はこちら

2012年10月1日

相鉄瓦版「本と活字をめぐる冒険」

「相鉄瓦版」第207号特集「本と活字をめぐる冒険」にロングインタビューが掲載されました。
「相鉄瓦版」は、相鉄線の各駅改札、相鉄関連施設内に設置された専用ケースからご自由にお持ち帰りいただける文庫本サイズの無料冊子です。「相鉄瓦版」ホームページで電子ブックを読むこともできます。
  特集目次
  p.4 豆本の大きな喜び(豆本作家 赤井都)
  p.15 パラパラ漫画をめくってみれば(トムズボックス代表 土井章史)
  p.25 温故知新な活版印刷(嘉端工房社長 高岡昌生)

豆本フェスタ3も紹介していただきました。