2019年12月2日

「装幀とは何か」「製本マルシェ」

Le Petit Parisien 12/8~21「装幀とは何か」展に出品します。白い本の装幀を、本に寄稿した職業さまざまな15人がそれぞれに行います。 裏表紙の一部を土に埋めるところから、私の装幀はスタート。2カ月後、掘り出し、一ヵ月乾燥させ、それ以外の部分を装飾して「時間」の経過の表現を試みました。保存箱をつけました。 装幀とは何か
装幀とは何か
そして12/8「装幀とは何か」展初日の日は、私は目黒区中小企業センターで製本マルシェに出ています! 私は、著書本や、未綴じ本、本絵柄のポストカードなどを直参します。他の方は大きな本の製本道具の出品が多いようですが、東京製本倶楽部初めてのマルシェ。見るだけでもぜひお立ち寄りください。
製本マルシェ
WriteBacks



Tweet