2012年6月18日

作りました豆本

豆本を作りました
アトリエ111での小口染めワークショップ、無事に終了しました。パステル染めです。白いノートは平たい紙から折丁にして作って本にし、文庫本は手持ちのものです。電車の中で、天がまだらで怪しい色のタルホを読んでいる人がいたら、それは私です。タルホは六月の話をいっぱい書いています「六月の夜の都会の空」、今まさに六月。小口染めの色は取れてこないようなので自分の作業は合格みたいです。アトリエ111は、この夏に移転します。ラストレッスンとなりました。ありがとうございました。
豆本を作りました
豆本を作りました
豆本を作りました
横浜ランドマークタワーで、ハードカバーを作る特別レッスンも無事終了しました。お持ち帰りパックにして、家でプレスの続きをしてから、開いてクータの動きを見てみました。今回は、東京製本倶楽部で最近話題の、帳簿式クータを入れてみました。三つ畳みのクータは、豆本の背幅4mmでは作るのに大変手間がかかる物体なので、自分の中での進化形として、帳簿式一重クータを試してみました。動きはよいようです。帳簿式クータの欠点は取れやすいことだそうです。7/10から始まる東京製本倶楽部展で、帳簿式製本の講演もありますので、日時の都合のつく方はぜひ。目黒美術館区民ギャラリー、入場も講演を聴くのも無料です。
WriteBacks



Tweet