2011年9月23日

かげろう文庫に納品してきました!

 神田はかげろう文庫(※日曜定休)での委託販売が、今日から始まりました。本日、開店と同時に納品してきました。  イベントで直買いするのはちょっと恥ずかしい、とか、イベントには日程が合わない、それにサイト通販で住所を渡すのもちょっと、という方、ぜひこの機会に、世界の神田の、ニューウェーブ古書店へどうぞ。
 昨年同様に、トレイ一つぶんの特設コーナーを設けてあります。今年は言壺作品と同時に、「超短編マッチ箱」の本が一つトレイで置いてあります。お店では本の大量入荷などに伴って、若干トレイの置き場を動かすので、店内にここという確定したトレイ置き位置はありませんが、「だいたいお店の中央あたりに置きます」と佐藤店長が言ってくれましたので、そのあたりを目指してください。店内中央に、ちょっと腰掛けられる桟敷スペースがあって、たぶんそのへんに置かれていると思います。
 トレイの中身は、ミニコミ誌「超短編マッチ箱1」「超短編マッチ箱2」言壺グッズ「タトゥde文学」「ミニ掛け軸」です。なんと今回は、マッチ箱冊子(¥200)を一冊買うと、マッチ箱おみくじ一つ(¥50の品)がおまけでもらえます。もし、「実はまだマッチ箱の本持ってないんだよね」という方は、ぜひこの機会にお求めください。
 「タトゥ」(¥50)「掛け軸」(¥100)は、マッチ箱作者もの中心に厳選したラインナップにしておりますので、見落としなく選びやすいかと思います。掛け軸は再販しないので、もうあるだけ売り切り体制に入っています。
 「その作品は、もう全部持っているなあ」、という方。それらの作品が好きなら、かげろう文庫の書棚にきっと、好きな本がたくさんあるに違いありません。かげろう文庫には、超短編読者や作者が、気を惹かれそうな本が、セレクトショップのように並んでいます。
 私は前回は「アンモナイト学」「植物画の描き方」「日本の人形」「装丁」「世界の龍」あたりの本に引っ掛かり、今回は「中国のテナガザル」「らくやき」あたりに引っ掛かりました。これまでに、「美しい川」「天国と地獄の百科」「竹久夢二日記」などをここで入手しています。
 10月中旬アンダーグラウンドブックカフェの後ぐらいに、トレイの中身を入れ替えする予定です。「マッチ箱」3、4号、カウントダウン・カレンダーなどを予定しています。そうしてトレイの中身を入れ替えつつ、秋から冬の期間、コーナーを置かせてもらうつもりです。たぶん、私の新刊超短編個人集も、初売りはかげろう文庫でやらせてもらうでしょう。
 ちなみに、私が今日つけているタトゥは、「秋の美しさに耐えかねて琴はしずかに鳴りいだすだろう」。手首より少し上に、ベルトのように真横に巻いて、柄物ワンポイントを足し、シルバーのパウダーを上からかけています。タカスギさんいわく「フォントが細かくて、遠目に読めないのは、逆に、コミュニケーションツールになっているね」的事を。たしかに、Tシャツの文字みたいに「闘魂」とか10メートル先から読めるのとは違う。文字ものってフォントサイズだけで意味が変わってきておもしろい。
WriteBacks



Tweet