2014年9月8日

編ZINE2014に参加しています

 世田谷233で「編ZINE 2014」 始まっています。「自分で編集する雑誌」というこのイベントでは、さまざまなアーティスト達が、紙一枚分(表裏2ページ分)の、文章や漫画などを描いた「本文ページ」を提供しています。世田谷233の会場で、雑誌のようなざらっとしたコミック紙に印刷された本文ページは一枚10円。表紙も何種類かから選べて、一枚30円。自分が編集者になったつもりで、好きな本文ページを選び、好きな表紙を選び、好きな順番で綴じれば、自分の雑誌が完成します。ホッチキスやマスキングが準備されているのでその場で簡単に綴じることもできるし、ワークショップで針と糸で綴じることもできます。ワークショップは13日(土)(緊急追加・予約不要)と28日(日)(要予約)みたいで、詳しくは編ZINEのツイッターにも情報が出てます。講師はあずまきょうさんとぷーたろさんね。つくもさんの豆本もありますよ。
平綴じ
 この綴じは全部まとめて「平綴じの仲間」。本の「ひら」の部分を綴じるのでね。型紙を作って、それを使えば実はとっても速いです。綴じ糸にどんな糸を使うか工夫したり、ステッチを工夫したりで、いろいろな表現の可能性を、今私が最も感じる綴じ方です。参考文献をあげるなら『楽しい豆本の作りかた』『手で作る本』あたりを。
 この8月9月は、ポルトガルへ行って、和綴じノートを作って、三省堂の準備の打ち合わせも出展者たちでして、イラストが「南極星」雑誌の表紙を飾って、自宅教室をやって、編ZINEのワークショップの相談も受けて、とても長く感じています。つまり、とっても充実しています。今週は、再び三省堂の準備だ! 来週は三省堂だ!

WriteBacks



Tweet