2012年8月24日

赤い鳥

赤井都の壜入り豆本と、Bird Design Letterpressの活版ミニカードのギフトボックスセット「赤い鳥」シリーズ化について、お問い合わせをいただきました。こちらにも掲載しておきます。

【発刊予定】
発刊は、1号と2号が続けて今出ますが、3号は来年から季刊くらいのペースを予定しています。現在の予定では次のように考えています。

 3号 3月1日
 4号 6月1日
 5号 10月1日

最少5号まで、最大10号までで考えています。各回限定50部です。
赤い鳥1号は白い表紙の洋本で、中身が黒い本文紙に銀の文字で「Twinkle, Little Star」を印刷したきらきら星です。20部まで製本済。赤い鳥2号は、ピンクの和紙を重ねた「恋ぞ積もりて」百人一首の歌が入った和綴じ本です。9月4日発刊予定。三省堂の「そっと豆本、ふわっと活版」展会場で21番以降を製本します。

【本のサイズ】
本は、同じ形状の壜に常に入る予定です。壜は42×22mmで、壜の口の直径は13mmです。本の大きさは、1号が天地16mm左右11mm厚み3mmです。
同じサイズで、いろいろな種類の紙のカードが入ります。カードは45×27mmです。
壜とカード全体は同じサイズのプラスチックケースに入って、リボンがけします。

【限定番号揃いについて】
限定番号は、今ご予約いただけば、今後揃えることが可能です。
たとえば赤い鳥1号の1番冊を既にお買い上げでしたら、2号以降も御予約いただきますと、常に1番冊をご用意いたします。
これから赤い鳥1号を言壺通販でお求めでしたら、9番冊以降を御準備できます。お気軽にメール下さい。また、Junie Moonのオンラインショップにも3冊預けてあります。そちらで1号をお求めいただくと、その中の一冊は6番冊ですので、より若い番号が当たる可能性もあります。
もちろん、三省堂の「そっと豆本、ふわっと活版」展でお求めいただくこともできます。製本のようすをご覧になったり、活版のBird Design Letterpressさんとお話したりしてお決め下さい。
番号揃いをご予約いただいた方から、3号以降のアイデアを募集します。
 本の内容・表紙の色・デザイン
など、お好きに語っていただければ嬉しいです。集まったアイデアから汲み取って、私なりにこなれた物づくりをしていきたいと思っています。

価格は毎回5000円を予定しています。

赤い鳥1号「Twinkle, Little Star」
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号
活版カードと豆本のギフトボックスセット赤い鳥1号
WriteBacks



Tweet