2014年10月13日

『第二の手紙』ができました

『そっと豆本、ふわっと活版3』が終わって、のんびりしていました。今年はもうこれで終わりでもいいや~と思っていました。が、それは一瞬のことで、すぐに次の企画が始まって出歩く日々に。そして作ることに対しても「これだけは!」と思うことがあり、家に戻ると手を動かしていました。
赤井都の手製本
長らく欠品にしてしまっていた『第二の手紙』。ついに再び販売開始です。
赤井都の手製本
今の視点から見ても、とってもきれいで、ちょっとせつなくて、かわいい小さな本です。
赤井都の手製本
革を表紙裏の切り込みから外して、本を開きます。
赤井都の手製本
1ページずつページをめくって読むことも、伸ばして展開を楽しむこともできます。東京堂書店に納品しました。言壺ショッピングカートに入りました。他の所にも順次納品を予定しています。
赤井都の手製本
『和綴じノート』も東京堂書店に納品しました。布表紙は、長く楽しめる一冊になりますよ。ところで、『Rainbow』は東京堂にあるのが限定版の最後の一冊です。『アリス 特装版』も最後の一冊で、次に作るまで半年はかかると思います。『赤い鳥4号』新作チョコレートの豆本は、一時的に欠品中で、11~12月にかけて順次あちこちにお目見えの予定です。

 そして、これから先の予定ですが…
10月末頃 豆本がちゃぽん『ポルトガル語の練習1』
11/12~21 神楽坂の初めてのギャラリーに、アートブックのグループ展で出品します
12月 クリスマス企画
2014年めいっぱいおつきあい下さい。
WriteBacks



Tweet