2012年11月9日

フラッグブックの作り方

世田谷文学館での豆本ワークショップ、無事たくさんの豆本ができました! お客様がひっきりなしだったので、アートフリマは合間にちょこっとだけ通路を回る程度。でもよいお買い物もできて私も楽しみました!
フラッグブックの作り方
特に人気が高かったのは、上のフラッグブック。今年は全体にお子様よりも、大人の女性の来場が多かったようです。そんなことも反映して、見た目複雑なフラッグブックを一緒に作りました。まず、ばーっと色鉛筆で裏面に「海のイメージ」「夕焼け空のイメージ」で色を塗り始めたので、そばで見ていた人は何が始まるのかと思ったみたい。
一番簡単な豆本の作り方
昆虫図鑑のほうは、簡単な型紙を使って、さらさらっとシンプルに作る方法で。紙の選び方にひそかに工夫がありました。
フラッグブックの作り方
フラッグブックの表紙はいろいろなボード紙から選び、タイトルもインスピレーションで貼りました。中身別パターンの作例もお見せしました。
スリップケースの作り方
さて、その後、パッセカルトン(習う方)では、今、半革装の本三冊が完成していて、スリップケースに入っています。スリップケースの内側には、まず紙を貼り(そうしないとケースがその後、外ぞりしてしまうので、内側へ引っ張る用)、それからネルを貼ります(ネルは本をソフトに保護するため)。そのためのネルを、色染めしました。茶色いのは紅茶、他のはダイロンです。素材の準備がけっこう手間。
WriteBacks



Tweet