2014年5月28日

いい参考図書が出ています

最近入手して、さっそく役立っている本を紹介します。


『西洋の書物工房 ロゼッタ・ストーンからモロッコ革の本まで』貴田庄、朝日選書、2014年2月

長らく絶版だった伝説本が、朝日選書として入手しやすく登場し、勉強の絶好のチャンス到来です。「手編みの花布」「革装本」など、日本が西洋製本を輸入しながら落としてしまった物たちを、たくさんの図版を使用し、一つずつ説明してくれます。日本が西洋製本を輸入した時、既に工場制手工業の時代ですから、それ以前の「本の歴史」は入らなかった。だから日本で「何代も手製本をやっている工房」があってもそこだけ見ていては知らないでいてしまう、もっと長い本の歴史があります。ウィリアムモリスにも多くのページが割かれています。体系的な歴史知識は、「作る」レッスンを受けているだけでは知らないことも多いので、非常に参考になります。東京製本倶楽部でも好意的書評があった本。一家に一冊!


『デザインの自然学 自然・芸術・建築におけるプロポーション 新・新版』 ジョージ・ドーチ (著)、 多木浩二 (翻訳)、青土社、2014年4月

新・新装版。これまでに図書館で目にしていたことがあったと思う。今となっては手描き時代の図版を見ているだけでも良い。説明中に引用されている文章も良い。自然と人工の螺旋・黄金律を、比較整理でき、頭がまとまる。
私は20代の時期は、日本学術振興会などの研究員として都市計画研究室で過ごしていました。なので、小難しいルックスの本にあまり抵抗感がありませんが、タイトルで「うっ」と思ってしまった人にアドバイスさせていただきます。こういう、「難しげな本」は、店頭で見て自分との相性がよさそうかで買うかを決めると良いと思います。私の場合は、東京堂書店の一階で見つけました。実際に中身を見て、おもしろそう、と感じられたら入手して、「はじめに」から「あとがき」まで読み通そうとするのではなく、所有して、まずは図版をぱらぱらと見て興味のある図版の前後や、その章の文章を読み、あとはそばに置いておき、何度も開くのがいいと思います。

WriteBacks



Tweet