2016年8月11日

Miniature Book Competition 2016

Miniature Book Competition 2016で『月夜のまひる』が受賞しました。
赤井都(言壺)は、2006、2007年に続く9年ぶり3度目の受賞となります。
コンペには毎年、3インチ以内のすばらしいミニチュアブックが世界各地から出品され、どれもため息の出るような力作ばかりです。審査員は毎年交代します。
長くて短い9年。この間、作り方本の出版が3冊あり、テレビ・新聞・ラジオ・雑誌などさまざまなメディアからの取材や作品紹介、教室があり、そうしたことも大きな勉強になりました。大きな豆本イベントも次々に開催されました。かつ新しくスキルを学び続け、一時期忙しすぎてダウンした時もありながら、作り続けて今になります。これまでに関わって下さった皆様に感謝します。先のイベント『漂流線』で、久しぶりに見てくれた人から「『寒中見舞』を見てうわーっすごいと思ったものと同じようなものが出ている」と評され、方位磁石の先がぐるっと一回転してまた北を指すように、戻ってきたかなと思いました。作りながら考えていることは、私の独創性、手で実現する工程と造形、そして本の美(my originality, craftsmanship and the beauty of books)です。本一冊ずつにつき手探りで変わるような答えです。

『月夜のまひる』は2015年9月の「そっと豆本、ふわっと活版4」(三省堂書店本店Bookaman’s Gallery)で初売りしました。限定50部で、現在、以下の4か所で販売しています。

 東京堂書店神保町店1階
 インターネット通販 言壺
 ギャラリーみずのそら ※オープンは展示会期のある時のみで、8月は12~14日、17~21日「鉱物Bar vol.9」(鉱物Barは、前回、整理券配布など非常に混雑した人気イベントです。)
 8月2日~21日 The nano World! 小さな世界の大きな魅力! マークストーキョー 表参道ヒルズB3階

アメリカから賞状が送られる手筈です。賞状が届きましたらその画像をアップします。小さな世界をいつも見ていただいてありがとうございます。


WriteBacks



Tweet