2016年8月24日

授賞式や、ミニチュアブック大会について

ちなみに、FAQなので、こちらにも。授賞式のイベントは、8月7日にMcKinney, Texasで行われました。
『月夜のまひる』がコールされる動画をMBSのfacebookメンバーでシェアしています。私は日本から動画を見ています。Miyako、あなたへだよ、と、友達がコメントをくれるまで、作品名がコールされているの聞き取れてませんでした。名前呼ばれてないなーと思っていた。

ミニチュアブック大会参加者は、シェラトンホテルに宿泊し、会場もそこでした。
大会プログラムは、
1日目金曜 チェックイン、午前に役員会議、夕方にテキサスバーベキューとビールとワイン、生演奏、本交換会、サイレント・オークション(出品物の中から欲しい本の値段を紙に書き、一番高く値をつけた人の物になる。出品や売上の一部は協会への寄付になる。)
2日目土曜 朝食、9-10時半毎年恒例の総会、ワークショップ2つ、McKinneyの歴史地区へバスで行って散策、4時半ホテルに戻ってデザートビュッフェとオークション7時半から(出品や売上一部は寄付。)
3日目日曜 朝食、ブックフェア(売り手は8時からブースをセットアップし、9-11時がメンバーに先行販売、11時以降は一般入場、4時まで。受賞発表は午後6時から、ディナー7時から、特別講演つき(豆本をキャラバンに積んで全米を回って2年目になる2人の先生が話した。)
4日目月曜 別れの朝食

ミニチュアブックソサエティ(本拠地アメリカ)は
豆本の面白さを追及し情報交換するため1983年に設立されたNPOで、会員はアメリカ、カナダ、スペイン、フランス、オランダ、日本などにいます。 毎年、国際的な豆本コンペティションを開催しています。
http://www.mbs.org/

コンペティションは、3インチ以内の、ここ2年以内に3部以上発行された本で争われ、3作品が受賞します。3作品の間に優劣はつけません。 審査員は3人で、出版、販売、収集、著述やアートの分野のエキスパートで、すべてのエントリー作品を順番に送り、審査員は毎年交代します。 エントリーした作品は、カタログに写真が掲載されて、全世界の会員に送られます。 エントリー全作品は大会中ガラスケース内で展示されます。 寄付された本は、その後、ミニチュアブック展として1年間全米を巡回し、図書館、大学などで展示され、その後はインディアナのリリーライブラリーに収蔵されます。


WriteBacks



Tweet